>> この記事の先頭に戻る

RAV4のディティールをチェック(写真4枚)

しかし、5世代目はこれといって日本仕様を意識せぬままに導入したものの、現在大ヒット中。2019-2020の日本カー・オブ・ザ・イヤーも獲得した。そのボディサイズ、特に全幅は1855mmと、コンパクトどころか日本向けとは呼べないサイズである。

しかし、同クラスSUVが続々と全幅1850mm超えを宣言したこともあり、新型RAV4を国内に導入してみれば、そのサイズ感が否定的に捉えられることはなくなっていた。それどころかベースとなるプラットフォームを格上げ(カムリにも採用されているものを採用)したことで、快適性やスポーティさ、など走りも大幅にブラッシュアップ。上昇している車両価格は、パフォーマンス、クオリティ共にリーズナブルであるというプラス評価が多い。

ただし、その中で300万円以下に設定されているのは、ボトムグレードとなるX(2.0Lガソリン車)のみ。しかし2WDだけではなく、4WDも選べるところがポイントだ。このXはボトムグレードと紹介したが、先進安全装備であるToyota Safety Senceを標準装備しているし、以外と重要なラゲッジルームの使い勝手も劣っていない。それどころか、コネクティッドサービスもDCMと呼ばれる通信機を標準装備し、通信費・利用料も3年間は無料で利用することができる。

<p>2019年に登場した新型RAV4。トヨタの持つ多くの最新デバイスを装備しつつ価格を抑えるなど魅力的なモデルに。エンジンは2ℓと2.5ℓ、2WDと4WDの設定があり、ベースグレードのXは260万8200円。最上位グレードがハイブリッドGで381万7800円。</p>

2019年に登場した新型RAV4。トヨタの持つ多くの最新デバイスを装備しつつ価格を抑えるなど魅力的なモデルに。エンジンは2ℓと2.5ℓ、2WDと4WDの設定があり、ベースグレードのXは260万8200円。最上位グレードがハイブリッドGで381万7800円。

<p>ガソリンエンジン車で15.2~15.8km/L、ハイブリッド車が20.6~25.2km/Lと燃費も優秀。</p>

ガソリンエンジン車で15.2~15.8km/L、ハイブリッド車が20.6~25.2km/Lと燃費も優秀。

<p>衝突回避支援などを行うプリクラッシュセーフティをはじめ、数多くの安全装備を採用した「Toyota Safety Sense」を全車標準装備。</p>

衝突回避支援などを行うプリクラッシュセーフティをはじめ、数多くの安全装備を採用した「Toyota Safety Sense」を全車標準装備。

<p>300万円以下でもトヨタの「今」がしっかりと体感できる。</p>

300万円以下でもトヨタの「今」がしっかりと体感できる。

  1. 2
3
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
星のや
  • Facebook
  • X
  • Instagram
  • YouTube
  • Facebook
  • X
  • Instagram
  • YouTube
pagetop