予算300万円以下で買えるSUV選び【トヨタ・RAV4編】

Facebook
Twitter

「予算はなるべく抑えつつ、しかも人気のSUVの中からクルマ選びをしたい」―― そんなことを考える人は多いはずだ。しかし、人気故に車種の選択肢は広く、さらにそこからグレードも選ばないといけない昨今、それは決して簡単な話ではない。ではプロならどんなクルマを奨めるのか。それを毎回提案していきたい。第一回目はトヨタのRAV4である。

トヨタのRAV4

復活したと表現してもいい、最新モデルの完成度

「最近、新車ってずいぶんと高くなったよな」とか、「昔はもっと安く買えたのに」と、かつてのクルマ好きから嘆きばかりが聞こえてくることが多くなった。確かに車両本体価格が大きく上昇したことは事実だ。しかし、それはむやみやたらと値上げされたのではなく、それ相応の装備を備えたためである。それがコスト上昇分になったと考えれば納得できるところもある。

たとえば、プリクラッシュセーフティブレーキに代表される先進安全装備、ネットに接続して情報を手に入れるコネクティビティなど、それらは、クルマを憧れと捉えていた時代にはなかった装備である。

だから今の時代に求められるのは、先ほどのイマドキ装備を揃えながらも、いかにリーズナブルであるかだと思う。

ということで、あえて300万円以下で買えることを条件として、さらに人気のSUVに限定して、さまざまなモデルを紹介していこうと思う。「グレード次第では安いよね?」とか「実は2WDでいいんじゃない?」なんていう、色々な観点を含めながら、そのモデルの「買い」、そしてどんなユーザーにオススメしたいのかを、お伝えしていこう。

さて、その第1弾としてピックアップしたのはトヨタのRAV4。94年にデビューした初代モデルはコンパクトかつライトを謳って大ヒットとなったが、その後アクティブさは薄れていき、またボディサイズも日本ではコンパクトとは呼べないサイズへと拡大し、とうとう4世代目は日本未導入となってしまった。

<p>2019年に登場した新型RAV4。トヨタの持つ多くの最新デバイスを装備しつつ価格を抑えるなど魅力的なモデルに。エンジンは2ℓと2.5ℓ、2WDと4WDの設定があり、ベースグレードのXは260万8200円。最上位グレードがハイブリッドGで381万7800円。</p>

2019年に登場した新型RAV4。トヨタの持つ多くの最新デバイスを装備しつつ価格を抑えるなど魅力的なモデルに。エンジンは2ℓと2.5ℓ、2WDと4WDの設定があり、ベースグレードのXは260万8200円。最上位グレードがハイブリッドGで381万7800円。

<p>ガソリンエンジン車で15.2~15.8km/L、ハイブリッド車が20.6~25.2km/Lと燃費も優秀。</p>

ガソリンエンジン車で15.2~15.8km/L、ハイブリッド車が20.6~25.2km/Lと燃費も優秀。

<p>衝突回避支援などを行うプリクラッシュセーフティをはじめ、数多くの安全装備を採用した「Toyota Safety Sense」を全車標準装備。</p>

衝突回避支援などを行うプリクラッシュセーフティをはじめ、数多くの安全装備を採用した「Toyota Safety Sense」を全車標準装備。

<p>300万円以下でもトヨタの「今」がしっかりと体感できる。</p>

300万円以下でもトヨタの「今」がしっかりと体感できる。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Jan.&Feb. VOL.308

1・2

  1. 1
2

SHOES

人気の靴 その歴史

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

Smartnewsでチャンネル登録
今月の読者プレゼント
サステナ
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop