>> この記事の先頭に戻る



お洒落に見えるシャツの袖まくりは、この手順で出来る!(写真5枚)



もうひとつ、シャツを着こなれた雰囲気に着るテクニックを解説しよう。ボタンダウンのシャツのとき、衿ボタンを外して着るのは、かつてイタリアのファッショニスタとして知られた、フィアット会長、ジャンニ・アニエッリのテクニック。一流テーラーのオーダースーツに合わせてビジネススタイルにも取り入れていたといわれ、きっちりと隙きのない着方より無造作感を狙った、文字通り”ハズシ”のテクニックだ。



誰でも簡単にお洒落になれる!「Style Up Trial」の関連記事はコチラ: Style Up Trial

関連記事:休日に羽織る「BDシャツ」、どんなサイズがちょうど良い?

関連記事:羽織るだけでお洒落に見える「大人カジュアルシャツ」3種はコレ!

問い合わせ先

ユーソニアングッズストア TEL:03-5410-1776
スローン TEL:03-6421-2603

※表示価格は税抜き

撮影/若林武志 スタイリング/四方章敬 文/池田保行

<p><strong><1></strong><br />
袖カフスのボタンをはずす。このとき、どうせまくってしまうからとノープレスでしわだらけの袖やカフスだと、単に雑にしか見えないので、シャツはきちんとプレスして着用したい。</p>

<1>
袖カフスのボタンをはずす。このとき、どうせまくってしまうからとノープレスでしわだらけの袖やカフスだと、単に雑にしか見えないので、シャツはきちんとプレスして着用したい。

<p><strong><2></strong><br />
カフス幅の倍の長さでターンナップする。折り返し位置は肘と手首の中間あたり、袖先は肘の位置あたりにくるはずだ。</p>

<2>
カフス幅の倍の長さでターンナップする。折り返し位置は肘と手首の中間あたり、袖先は肘の位置あたりにくるはずだ。

<p><strong><3></strong><br />
折返し位置をカフスに重ねるように、さらに折り返す。カフス幅を全部覆うのではなく、半分覗くぐらいの位置までターンナップする。</p>

<3>
折返し位置をカフスに重ねるように、さらに折り返す。カフス幅を全部覆うのではなく、半分覗くぐらいの位置までターンナップする。

<p><strong><4></strong><br />
覗かせていたカフスをまくった部分に折り下げる。</p>

<4>
覗かせていたカフスをまくった部分に折り下げる。

<p><strong><5></strong><br />
折り下げた部分を、くしゃっとさせながら部分的に上にめくり上げる。きっちり折り上げるのではなく、無造作感を残しつつ折り上げるのがポイントだ。</p>

<5>
折り下げた部分を、くしゃっとさせながら部分的に上にめくり上げる。きっちり折り上げるのではなく、無造作感を残しつつ折り上げるのがポイントだ。

  1. 2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop