【上司と部下の装い改革】センスよく見せられるオフィスカジュアルとは?

Facebook
Twitter

ファッションディレクター 森岡 弘の「自分デザイン」入門 Vol.4

できるビジネスマンは年齢、立場、目的での「相応」の装いができる人。この連載では「上司」と「部下」に注目し、仕事で活きる身だしなみの極意に迫る。Vol.4は、前回に続きドレスコードが「オフィスカジュアル」になったブリヂストンを訪問。自分に相応しい通勤時の装いのドレ/カジを考える。

話したのはこの3人

左:剣持徹夫さん 中:井上征一郎さん 右:森岡 弘さん
 左:剣持徹夫さん 中:井上征一郎さん 右:森岡 弘さん

ファッションディレクター 森岡 弘さん
弊誌のビジネススタイルのご意見番。雑誌や広告のほか、政財界人のパーソナルスタイリングも手掛ける。

【上司】 ブリヂストン
資金部長 剣持徹夫さん(42歳)

2003年入社。’16年より同部署。投資家との面談のほか、社内との調整、上層部の海外出張に同行するなど要職をこなす。

【部下】 ブリヂストン
資金部 IRユニット 井上征一郎さん(33歳)

2008年入社。社内広報を経て現部署へ。剣持さんとともに業務に邁進。仕事時はスーツが多く、オフィスカジュアルにはまだ少し抵抗が。

ドレスコードにあった装いの緩急を考える-上司編-

普段の剣持さん
普段の剣持さん

剣持さんから森岡さんへ


“オフィスカジュアル”が、ネクタイを外しただけのスタイルになってしまいます



「ブラウン」を活用してカジュアルを逆にエレガントに

森岡氏(以下敬称略) それでは「上司」の剣持さんの装いを見ていきましょう。剣持さんの普段の業務では、ドレスコードは比較的自由なんですよね。10月より御社で実施中の「オフィスカジュアル」、剣持さんはどう思いますか?

剣持氏(以下敬称略) これまでスーツだった若い社員が、スニーカーを履いているのを見ると、社内の景色もちょっと変わったなと思います。それと、そういう時に声をかけて服装の話をすることも出てきて、世代を超えたコミュニケーションの機会は増えましたね。ただ、スニーカーなどは自分には若すぎるかなぁと。どうしても、普段の格好からタイを外しただけになり、色も黒やグレー、紺など地味でマンネリ気味。「オフィスカジュアル」という中でも計算できてセンスよく見せられる格好ができたら、ビジネスマンとしても素敵だなぁと思うのですが……。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Jan.&Feb. VOL.308

1・2

  1. 1
2

SHOES

人気の靴 その歴史

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

Smartnewsでチャンネル登録
今月の読者プレゼント
サステナ
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop