ブラウンスーツを軸にドレス/カジュアルを品よく着まわす

剣持さんに合ったスーツブラウンスーツ24万円/パイデア(バインド ピーアール) カーディガン12万円、タートルニット10万円/以上フェデッリ(トレメッツォ) 靴3万9000円/トレーディングポスト(トレーディングポスト青山本店) チーフ〈スタイリスト私物〉 

森岡 剣持さんは、普段からサイズ感も良く、清潔感もあります。ベーシックな色を用いるのも悪いことではありません。ですが、比較的自由が利く職場を考えると、もっと装いで自分を演出できるはず。今回提案するのは、通勤カジュアルにもタイドアップにも使える「ブラウンスーツ」です。着たことありますか?

剣持 いやぁ、初めてです!

森岡 正統なビジネスシーンにはオススメしません。やはりきちんとした場には、基本のネイビーかグレーが好ましい。ですが剣持さんのオフィスでのドレスコードにはいいでしょう。色自体が柔らかい印象なのでノータイにも合います。正統なスーツでタイを外したままだと、どうしても「あるべきものが無い」状態。井上さんの時(前回)も話しましたが、ノータイにするならば、色や素材で全体を和らげる印象に見せることで、「ちゃんとわかってタイを外している」になりますから。さらにインナーを、シャツではなく、タートルネックニットにしてみましょう。

Business Casual
アンサンブルニットならジャケットを脱いでも上品
スーツ、カーディガン、タートルニット上と同じ

剣持 タートル合わせ、新鮮です。

森岡 スーツを柔らかく着崩す手法として、スーツにタートルネックは「ドルチェヴィータ」と呼ばれ人気。カジュアル化に伴って徐々に定着しつつあります。色合わせを渋めにすれば、上品な落ち着きが漂って、スニーカーやデニムなどカジュアルアイテムを使わなくても、十分ソフトな雰囲気に仕上がる。同色のカーディガンと合わせればウォームビズにもなるし、ジャケットを脱いだ際にもエレガントでしょう?

剣持 一着のスーツでも色やインナーでこんなに変わるとは。発見です!

Business Casual
ドット柄のタイはドレス感を装うのに最適
シャツ2万8000円/バグッタ(トレメッツォ)、タイ2万5000円/トゥモローランド、靴14万円/ヴァーシュ(以上トゥモローランド) チーフ〈スタイリスト私物〉

森岡 ブラウンのスーツは、タイドアップもきちんと見えつつ、堅苦しくなりすぎない。ですからオフィスカジュアルな職場では重宝する色ですよ。

剣持 今まであまり着ることのない色同士でしたが、意外と落ちついて見えて新鮮でした。

森岡 カーディガン&タートルのアンサンブル使いも、上品さが漂うのでビジカジにオススメです。

森岡さんから剣持さんへ


着崩せるスーツを知るとアレンジ力が上がりますよ



剣持さんの仕事風景

剣持さんの仕事風景

社内でも、その職種によってタイドアップが多い部署からデニムもOKな部署まで多彩だという。そのなかで、剣持さんらの部署では、ジャケットや革靴をベースに、状況に応じてタイをするとか。「社の上層部とともに動くときは、悪目立ちしないよう、白シャツと決めています」と剣持さん。


関連記事:部下の井上さん「ジャケパン×スニーカーの着こなし」に挑戦



※表示価格は税抜き
[MEN’S EX 2019年2月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
  1. 2

SHOES

人気の靴 その歴史

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

Smartnewsでチャンネル登録
今月の読者プレゼント
サステナ
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop