創業からずっと4WDだけを作り続ける自動車メーカー「ランドローバー」の実力を試す

Facebook
Twitter
雪道で試す、4WDの雄「ランドローバー」の実力

意外と知られていないSUVブランドの歴史と詳細

近年は4WD車を作る自動車メーカーは数多くあるけれど、創業以来、一貫して四輪駆動だけを作り続けているメーカーがある。ランドローバーだ。最新のディスカバリーとレンジローバー、そして姉妹ブランド・ジャガーのスポーツモデルを長野県・白馬の雪上で試した。

1948年、当時のローバー・モーター社によってオフロード用車両「ランドローバー・シリーズI」が発売された。それが、ランドローバーの歴史の始まりだった。1970年には、それまでのオフロード性能のみを重視してきたランドローバーから、悪路走破性はそのままに、ラグジュアリィカーの快適性を加えた新たなコンセプトのモデルが発表された。それが「レンジローバー」だ。

誕生からおよそ70年経過し、現在のモデルラインアップは、「ランドローバー」と、よりラグジュアリィな「レンジローバー」シリーズの2つに大別される。

ランドローバーブランドに全車共通しているのが大人っぽく、シンプル、それでいて使いやすさを追求したデザイン。レザーの素材や配色も英国ならではの大人仕様。

ランドローバーブランドに全車共通しているのが大人っぽく、シンプル、それでいて使いやすさを追求したデザイン。レザーの素材や配色も英国ならではの大人仕様。

同ブランドの特徴のひとつ、ジョグダイアル式のシフトレバー。慣れてくるととても便利で病みつきになる。そのジョグの上部に並べられたスイッチ類が、オフロード走行のモードを選ぶスイッチとなる。

同ブランドの特徴のひとつ、ジョグダイアル式のシフトレバー。慣れてくるととても便利で病みつきになる。そのジョグの上部に並べられたスイッチ類が、オフロード走行のモードを選ぶスイッチとなる。

オフロード走行時に必要な情報はモニターに表示される。車両の傾斜やタイヤ角度など、細かく表示され、もちろん運転時には様々なサポートが受けられるようになっている。このあたりの制御能力は間違いなく世界屈指の実力である。

オフロード走行時に必要な情報はモニターに表示される。車両の傾斜やタイヤ角度など、細かく表示され、もちろん運転時には様々なサポートが受けられるようになっている。このあたりの制御能力は間違いなく世界屈指の実力である。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年Apr. VOL.300月号

2019

Apr. VOL.300

4

    1234
  1. 1
  2. 1234
  3. 2
  4. 1234
  5. 3
  6. 1234
  7. 4
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop