”刺し子”をあしらったオランダ発リメイクデニム「SASHIKODENIM」大研究【Mr.David Diary #20】

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

Reserching about special “SASHIKO” DENIM

MEN’S EX誌上やイベントでも長年お馴染みのお洒落モデル、Mr.Davidが、自身のスタイルの成り立ちとポイントを語る「Mr. David Diary」。デビッド自らのスタイル哲学、「Keep it Simple,sir」(シンプルに徹しましょう)略して「KISS」の真髄を掘り起こしていきます。今回は、オランダのデニムブランド「SASHIKO DENIM®」にインタビューした、”刺し子”を駆使したリメイクデニムのストーリー。

Sashiko-small piercings in English-is a traditional hand stitching technique dating back to the Edo period in Japan from 1603-1868. It was mostly used by farming and fishing families as a means of mending, patching and reinforcing garments. During the Edo period, fabric was a precious commodity requiring time and labor intensive handwork to produce.

刺し子――日本の皆様ならご存じのとおり、江戸時代から続く伝統工芸です。その起源は農村や漁村の家庭で、衣服をつくろったり、つぎはぎをしたり、補強したりする技術でした。というのも当時、布は長い時間をかけて手仕事で織り上げる必要があり、かなりの貴重品だったのです。

Natural fibers like cotton, silk and hemp were hand spun, woven and dyed. Silk and cotton were expensive and therefore reserved for the upper classes of society. Most farmers and fishermen wore hemp which was loosely woven and prone to tearing. The women of these working class families relied on their mending skills to preserve the soul and integrity of these fabrics. Historically, in Japan the common man was forbidden from wearing bright colors and therefore, the more affordable organic indigo dyes were most often used for workwear. Consequently, sashiko repair took on the typical colors of blue and white.

当時、綿や絹、麻といった素材はすべて手紡ぎで糸を作り、手作業で織り、手染めで色を出していました。なかでも絹や綿はとりわけ高価であったため、上流階級のためのものでした。ゆえに農民や漁師などの庶民はもっぱら麻の衣服をまとっていましたが、これは織りが甘く、破れやすいという欠点がありました。そのため彼らの妻たちは、家族の服をつくろうための技術を身につけていたのです。かつての日本において、庶民は明るい色を着ることを禁じられていたため、安価な藍染めの布を作業着に用いました。そういった理由から、刺し子といえば青・白の2色で構成されたものが定番になったのです。

ペイ・ヴァン・デル・ウェルによる刺し子リペア
A sashiko repair by Pey van der Wel in the typical colors of blue and white.
オランダのアーティスト、ペイ・ヴァン・デル・ウェルによる刺し子リペア。こちらも定番の青×白を用いている。
ペイ・ヴァン・デル・ウェルによる
Sashiko repairs by Pey van der Wel.
こちらもペイ・ヴァン・デル・ウェルによるもの。彼の詳細については後述。

By the Meji era, 1868-1912, sashiko was a well established folk art and craft. It was also used in personal protective equipment such as the fireman’s coat, hikeshibaten, to reinforce the thick layers with which the coat was constructed and to increase the absorbency of water while the coat was soaked before being worn into service. Sashiko was also used to provide strength, durability and padding to the gi worn in the martial art Aikido.

明治時代になると、刺し子は後の時代でいうところの“民芸品”として定着していきました。また火消したちが身にまとう防火服の厚みを補強したり、吸水性を高めるためにも用いられました。彼らは火事場に入る前に防火服を水に浸すことで、火炎から身を守っていたためです。それから、合気道の道着にも刺し子が施されました。強度や耐久性を高め、また時には中綿を仕込むためです。

防火服
Front view of a fireman’s coat, called a sashikobanten. (c)Tokyo Fire Department and Fire Museum
“刺し子半纏”と呼ばれる防火服。 写真提供:東京消防庁、消防博物館
荘厳な刺し子入りの半纏
Back view of the heavily stitched sashikobanten. Featured here is Kumonryu Shishin (Outlaw of the Marsh) a character from the Chinese novel Suikoden. Shown here with his dragon tattoos visible while battling demons.
(c) Tokyo Fire Department and Fire Museum 水滸伝の登場人物、九紋龍史進をモチーフにした、荘厳な刺し子入りの半纏。鬼と戦う彼の腕にはドラゴンの刺青が見える。写真提供:東京消防庁、消防博物館
クモの姿が描かれた防火服
The spider featured here is a benevolent god who would punish evil and eliminate plagues.
悪を懲らしめ、疫病を退ける慈悲深い神として、クモの姿が描き出されている。
刺し子で補強された武道着
A martial arts gi reinforced with sashiko stitching
刺し子で補強された武道着。

More than just an embroidery technique, sashiko is also about the process of appreciating the soul of the fabric being worked on. It’s interesting to note that Shintoism still pervades many aspects of Japanese life. Shintoism embraces purity, sincerity, and harmony with nature along with the recognition of kami which are spirits that inhabit the natural world. Considering these beliefs, one can begin to understand that textiles and garments worn and repaired by ancestors then handed down through generations were considered spiritual heirlooms.

刺し子は単なる刺繍の技術ではなく、布の魂に触れる仕事でもあります。興味深いことに、それは日本に深く根付く神道にも通じているといえるでしょう。神道は、純粋さ、誠実さ、自然との調和をどよりどころとし、森羅万象に宿る精霊として“神”を見いだしています。ゆえに、先祖が身につけ、修理し、代々受け継いできた織物や衣服は、まるで家宝のように大切にされてきたのです。

In recent decades sashiko has grown in popularity amongst denim connoisseurs, known affectionately as denim heads, and has influenced artists near and far. Sashiko didn’t go unnoticed by Dutch architect and retail space designer Pey van der Wel, based in Amsterdam, Netherlands, who startedsashikodenim® in 2015.

ここ十年ほどの間で、刺し子は“デニムヘッズ”とよばれるデニム愛好家の間で人気を博し、世界各国のアーティストに影響を与えました。そのひとりが、オランダ・アムステルダムを拠点とする建築家・リテールデザイナーのペイ・ヴァン・デル・ウェルです。彼は刺し子に魅了され、2015年に「SASHIKODENIM ® 」(INSTAGRAMsashikodenim)というブランドを立ち上げました。

ペイ・ヴァン・デル・ウェル
The artist, Pey van der Wel アーティスト、ペイ・ヴァン・デル・ウェル

During a recent FaceTime chat, Pey explained how he became interested in sashiko and his philosophy behind SASHIKODENIM. “My jeans broke after just a few months so I started researching the essence of cloth reinforcement. That’s what took me all the way back to sashiko. After gathering some embroidery materials I just started and taught myself. After I repaired my own jeans, my friend’s jeans and some friends of friends’ jeans I started putting my work online-Instagram mostly. It was a way for me to create a gallery of my work.

彼の仕事に興味をもった私は、Facetimeでコンタクトをとり、彼が刺し子にひかれた経緯、そしてSASHIKO DENIMのフィロソフィーについてインタビューを試みました。

「購入して数ヶ月しか経っていないジーンズが破れてしまったことがきっかけで、私は布の補強についてのリサーチを始めました。そうするうちに、刺し子へたどり着いたというわけです。刺繍の材料を集め、とにかく独学で試行錯誤を重ねました。最初は自分のジーンズに刺し子リペアを施し、次は友人のジーンズ、その次は友人の友人のジーンズ……という具合に、徐々に活動を広げていったんです。そのあとは、インスタグラムに自分の作品を発表して、私のギャラリーを作っていきました」。このように、ペイは話してくれました。

刺し子リペア・ジーンズ
The artist, Pey van der Wel
Jean repairs from Pey’s Instagram account
ペイのインスタグラムに投稿された刺し子リペア・ジーンズ
刺し子リペア・ジーンズ
刺し子リペア・ジーンズ

As people went on wearing my repairs that caught some jeans brands’ eyes. In the past years almost all European jeans brands have tried to collaborate with me. I was flattered by the attention but always refrained from any brand collaborations. I want to stay independent. This gives me the freedom to make and show what I feel like. I strongly believe that when a client buys a pair of jeans from a brand it should no longer be referred to as the brand’s jeans, it’s a piece of you. You start wearing it in, living in it, fading it and repairing it,”
When asked about work/life balance Pey went on to explain,

「やがて私の刺し子リペアは、いくつかのジーンズブランドの目に留まるようになりました。実はこれまでに、ヨーロッパのジーンズブランドのほとんどからコラボレーションの打診があったんです。光栄なことでしたが、コラボはすべて辞退しました。私は常にインディペンデントな存在でありたかったからです。自分の作りたいものを自由に作れますからね。ジーンズは手に入れた瞬間からブランドの手を離れ、持ち主の一部になると私は思っています。穿き込んで、色落ちして、修理して……いわばジーンズとともに生きるのです」

ワーク・ライフ・バランスについて尋ねると、ペイはこう話してくれました。

“I’ve been working in retail design for the past 14 years. The retail industry is very high paced. Seven years ago I started SASHIKODENIM® and found it to be a nice counterweight to the rapid pace of the retail world. The stitching is slow, it’s about focus and dedication. The work I do in design always has to be on trend and those fade quicker than denim.”

「私はSASHIKODENIM® と並行して、長年リテールデザインにも携わっています。 小売業界は非常にハイペースです。SASHIKODENIM®は、その目まぐるしさに対抗するいい手段だということに気づきました。縫製はゆっくりで、集中力とひたむきさが必要なのです。 デザインの仕事は常にトレンドでなければならず、それらはデニムよりも早く色あせてしまうのです」

縫製シーン
“The stitching is slow…” 「縫製はゆっくりと、慎重に……」
縫製シーン
“…it’s about focus and dedication.” 「集中力とひたむきさが欠かせません」

Regarding the denim repairs, “The jeans I work on are always on display in my living room as this work is very intuitive for me. I want to look at it often and keep it close. I work on people’s absolute favorite piece of clothing and I spend dozens of hours hand stitching these. It’s very personal. A small repair can take 20 minutes while full custom jeans take up to 50 hours. My philosophy for SASHIKODENIM® is, repair don’t replace, quality not quantity, added value and sustainability as well as creating wearable art.”

次に私は、デニムの修理について質問してみました。

「刺し子リペアを施したジーンズは、いつもリビングに飾っています。この仕事はとても直感的なものなので、いつも目に見えるところに作品を置いておきたいのです。依頼主が愛用する貴重な一着に、何十時間も費やして手縫いをかけていく。とてもパーソナルな仕事です。フルオーダージーンズの場合、仕上げるのに50時間もかかることもあるのです。SASHIKODENIM®の哲学は、「買い換えるのではなく修理する。量よりも質を。付加価値とサステナビリティ。そしてウェアラブル・アートを創ること」です。

リビングに飾られた作品
“The jeans I work on are always on display in my living room.”「自分の作品をいつもリビングルームに飾っています」

Perhaps, not surprisingly, Pey’s philosophy dovetails nicely with the Japanese concept of Mottanai-the belief that nothing should be wasted. As in many arts there is no right way when it comes to sashiko. It’s a process. Although it requires a keen eye, a steady hand and an immense amount of skill, the art form like life itself is beautiful not because it’s perfect but because it is imperfect. This is the soul of sashiko.

思うに――それは当然のことながら――SASHIKODENIM®の哲学は、日本の「もったいない」思想にも通じています。多くのアートと同様、刺し子にも定型はありません。しかしあえて言うならば、刺し子の真髄はその工程にこそある。そう私は考えます。研ぎ澄まされた観察眼、鍛錬を重ねた技術をもって、“不完全の美”を追求する。まさに、人生と同じです。これぞ、刺し子の“魂”なのです。

SASHIKODENIMの作品例
SASHIKODENIM®の作品例。

To see more of Pey’s work, be sure to check out his Instagram account @sashikodenim For inquiries and orders, contact Pey by email at sashikodenim@bypey.com
Thank you to the Tokyo Fire Department and Patrick Grainer
To see the history of the Tokyo Fire Department visit @firemuseum

ペイの作品をもっと見たい方は、ぜひインスタグラム@sashikodenimをチェックしてみてください。
お問い合わせ・ご注文は、Eメールsashikodenim@bypey.comにて。

最後に、刺し子の取材にご協力いただいた東京消防庁、パトリック・グレイナー氏に感謝を申し上げます。
東京消防庁の歴史は、インスタグラム@firemuseumをご覧ください。

関連記事一覧: Mr.David Diary

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2023

VOL.336

Winter

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop