【特別対談】東京五輪ゴルフ日本代表ヘッドコーチ・丸山茂樹 × アーチェリー・山本 博

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

東京五輪ゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める丸山茂樹プロが、オリンピアンたちと語らいながらライフスタイルを深掘りする本企画。今回のゲストは2004年のアテネ五輪で41歳で銀メダルを獲得した“中年の星”、アーチェリー選手の山本 博さん。ゴルフ談議でも盛り上がりました。

【Fun for Win】VOL.07 
東京五輪ゴルフ日本代表ヘッドコーチ 丸山茂樹×山本 博[前編]

丸山茂樹さん、山本 博さん

丸山茂樹さん MARUYAMA Shigeki
1969年生まれ。千葉出身。日本ツアー通算10勝。2000年より米ツアーに参戦し3勝。2002年には伊澤利光プロとのペアでゴルフワールドカップを制覇。東京五輪ではリオ五輪に続きゴルフ日本代表のヘッドコーチを務める。愛称は“マルちゃん”。

山本 博さん YAMAMOTO Hiroshi
1962年生まれ。神奈川出身。1984年ロサンゼルス五輪で、アーチェリー男子個人銅メダル獲得。高校で教員生活を続けながら20年後の2004年、アテネ五輪で同銀メダル獲得し、“中年の星”として話題に。現在も日本体育大学教授の傍ら現役選手として活躍中。近著に2020年9月に発売した『我が道』(スポーツニッポン刊。電子書籍のみの販売)あり。

インドのホテルは弱肉強食!? 以来宿のリサーチは欠かしません

丸山 今回のゲストはアーチェリー選手の山本 博先生です。ジャケットスタイルが決まっていらっしゃいますね。

山本 今日はスタイリストさんが付いているからですよ。実はファッション誌にあまり縁がなくて。趣味のゴルフの雑誌なら馴染みがあるんですが。

丸山 ゴルフはいつから始められたんですか?

山本 大学時代からです。高校の教員だった頃は、2年間ゴルフ部の顧問で、大会ではフォアキャディも務めました。僕よりずっとうまい学生相手に、ルールブックを持っていますかなんて、確認したりしてね。

丸山 学生ゴルフ、懐かしいなあ。

山本 ただ、若い頃は1回のラウンドで1ヶ月分の小遣いが飛ぶのは痛かったですね。僕はアーチェリーの海外遠征がてら現地でラウンドすることもあるんですが、アメリカには子どもがお小遣いで遊べるような、5ドルや10ドルのゴルフ場もありますから。

丸山 海外のパブリックコースはそうですね。最近は国内にもリーズナブルに遊べるゴルフ場が増えました。先生は競技中に習慣にされていることはありますか?

山本 アーチェリーは反復動作が基本です。弓を引く動作以外でも習慣は自然と身に付きますね。例えば初心者は矢を引くときに、ちょこちょこ動くため足跡がたくさん付きますが、ベテランの足跡は一つだけ。立ち位置を決めたら動かないからです。

丸山 ゴルフでいうところのアドレスですね。

山本 的に刺さった矢を回収しに行くときも、僕らは最短距離を歩くので、競技場でも野原でも真っ直ぐな獣道ができますよ。

丸山 それは興味深いですね。

山本 目測も得意です。あの信号まで何メートルなど、パッとわかります。ゴルフの場合はヤードでしょう?

丸山 道を聞かれて「駅から500ヤードぐらい」なんて答えると、まず驚かれますね。ゴルファー同士ならすぐにわかり合えるんですが。遠征先での習慣などはありますか?

山本 ホテルでは快適に過ごしたいので、インドなど異文化の国のホテルは徹底的にリサーチしますね。日課のランニングをする前には、必ずホテルのスタッフに周辺の治安を確認します。ただ、僕のようにランニングをするアーチェリー選手は少数派ですが。

丸山 それは意外ですね。僕もランニングマシーンは苦手でしたが。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Dec. VOL.317

12

  1. 1
2
LINE
SmartNews
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop