2020年的クールビズ「軽装化の最適解」はタカシマヤにあり! 2020年的クールビズ「軽装化の最適解」はタカシマヤにあり!

ロンドンの注目店「アングロ・イタリアン」の2人が着こなす”クラシックスタイルの今”

array(3) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1138321) ["id"]=> int(1138321) ["title"]=> string(26) "c_fashon_200221_anglo_pg03" ["filename"]=> string(30) "c_fashon_200221_anglo_pg03.jpg" ["filesize"]=> int(576036) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashon_200221_anglo_pg03.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1138313/c_fashon_200221_anglo_pg03" ["alt"]=> string(36) "アレックス・ピロウニス氏" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "c_fashon_200221_anglo_pg03" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1138313) ["date"]=> string(19) "2020-02-13 04:48:57" ["modified"]=> string(19) "2020-02-13 04:52:35" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(1050) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashon_200221_anglo_pg03-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashon_200221_anglo_pg03-214x300.jpg" ["medium-width"]=> int(214) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashon_200221_anglo_pg03.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(1050) ["large"]=> string(92) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashon_200221_anglo_pg03-731x1024.jpg" ["large-width"]=> int(731) ["large-height"]=> int(1024) } } ["entry_gallery_description"]=> string(621) "

アレックス・ピロウニス氏
「同色・異素材の新しい組み合わせにトライしました」

自身のブランドであるアングロ・イタリアンのオリジナルで全身を固めたスタイル。「一見グレースーツ風ですが、実はジャケットはコーデュロイ、パンツはフランネルと素材違いのジャケパンスタイル。派手に見えず、少し変わった合わせに挑戦してみました。ジャケットの素材はジェイクのパンツと色違い。靴はスエードで素材感を揃えました」

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1138320) ["id"]=> int(1138320) ["title"]=> string(26) "c_fashon_200221_anglo_pg02" ["filename"]=> string(30) "c_fashon_200221_anglo_pg02.jpg" ["filesize"]=> int(689881) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashon_200221_anglo_pg02.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1138313/c_fashon_200221_anglo_pg02" ["alt"]=> string(33) "ジェイク・グランサム氏" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "c_fashon_200221_anglo_pg02" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1138313) ["date"]=> string(19) "2020-02-13 04:48:56" ["modified"]=> string(19) "2020-02-13 04:52:51" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(1051) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashon_200221_anglo_pg02-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashon_200221_anglo_pg02-214x300.jpg" ["medium-width"]=> int(214) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashon_200221_anglo_pg02.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(1051) ["large"]=> string(92) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashon_200221_anglo_pg02-731x1024.jpg" ["large-width"]=> int(731) ["large-height"]=> int(1024) } } ["entry_gallery_description"]=> string(645) "

ジェイク・グランサム氏
「生地から作りこんだコーデュロイパンツで“今”を表現しています」

アンダーステイトメントを第一とするロンドナーらしく、シックにまとめた装い。「アングロ・イタリアンで素材から開発したコーデュロイパンツがポイントですね。陽の光に当たってはじめてわかるくらいの落ち着いたブラウンです。イタリアの工房製のジャケットは、ラペルの下端をラウンドさせた独自デザイン。近いうち日本でも展開予定ですよ」

" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1138319) ["id"]=> int(1138319) ["title"]=> string(26) "c_fashon_200221_anglo_pg01" ["filename"]=> string(30) "c_fashon_200221_anglo_pg01.jpg" ["filesize"]=> int(633376) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashon_200221_anglo_pg01.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1138313/c_fashon_200221_anglo_pg01" ["alt"]=> string(21) "こげ茶のパンツ" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "c_fashon_200221_anglo_pg01" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1138313) ["date"]=> string(19) "2020-02-13 04:48:55" ["modified"]=> string(19) "2020-02-13 04:53:01" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(1051) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashon_200221_anglo_pg01-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashon_200221_anglo_pg01-214x300.jpg" ["medium-width"]=> int(214) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashon_200221_anglo_pg01.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(1051) ["large"]=> string(92) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/c_fashon_200221_anglo_pg01-731x1024.jpg" ["large-width"]=> int(731) ["large-height"]=> int(1024) } } ["entry_gallery_description"]=> string(291) "

【Point!】
田舎紳士に見えない濃茶コーデュロイ

室内ではグレーのようだが、明るいところでは茶色が浮かび上がる濃茶コーデュロイのパンツ。明るい茶より都会的に見える点もポイント。

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加

世界の洒落者たちに学ぶ2020年、装いの気運
ANGLO-ITALIAN / アングロ・イタリアン

世界の洒落者たちに学ぶ2020年、装いの気運「アングロ・イタリア」
右:ジェイク・グランサム氏 左:アレックス・ピロウニス氏

「アングロ・イタリアン」共同設立者
アレックス・ピロウニス氏

イタリアのクラシックブランドを経て参加したアーモリーでジェイクに出会う。ファッションへの姿勢にすぐさま意気投合し、共同でショップを出すことを決意。

「アングロ・イタリアン」共同設立者
ジェイク・グランサム氏

ロンドンで今、再注目されるショップのひとつ「アングロ・イタリアン」の共同経営者。店名は“英伊折衷”的な意味で、イタリア製の英国的アイテムを展開する。

<p><strong>アレックス・ピロウニス氏<br />
「同色・異素材の新しい組み合わせにトライしました」</strong><br />
自身のブランドであるアングロ・イタリアンのオリジナルで全身を固めたスタイル。「一見グレースーツ風ですが、実はジャケットはコーデュロイ、パンツはフランネルと素材違いのジャケパンスタイル。派手に見えず、少し変わった合わせに挑戦してみました。ジャケットの素材はジェイクのパンツと色違い。靴はスエードで素材感を揃えました」</p>

アレックス・ピロウニス氏
「同色・異素材の新しい組み合わせにトライしました」

自身のブランドであるアングロ・イタリアンのオリジナルで全身を固めたスタイル。「一見グレースーツ風ですが、実はジャケットはコーデュロイ、パンツはフランネルと素材違いのジャケパンスタイル。派手に見えず、少し変わった合わせに挑戦してみました。ジャケットの素材はジェイクのパンツと色違い。靴はスエードで素材感を揃えました」

<p><strong>ジェイク・グランサム氏<br />
「生地から作りこんだコーデュロイパンツで“今”を表現しています」</strong><br />
アンダーステイトメントを第一とするロンドナーらしく、シックにまとめた装い。「アングロ・イタリアンで素材から開発したコーデュロイパンツがポイントですね。陽の光に当たってはじめてわかるくらいの落ち着いたブラウンです。イタリアの工房製のジャケットは、ラペルの下端をラウンドさせた独自デザイン。近いうち日本でも展開予定ですよ」</p>

ジェイク・グランサム氏
「生地から作りこんだコーデュロイパンツで“今”を表現しています」

アンダーステイトメントを第一とするロンドナーらしく、シックにまとめた装い。「アングロ・イタリアンで素材から開発したコーデュロイパンツがポイントですね。陽の光に当たってはじめてわかるくらいの落ち着いたブラウンです。イタリアの工房製のジャケットは、ラペルの下端をラウンドさせた独自デザイン。近いうち日本でも展開予定ですよ」

<p><strong>【Point!】<br />
田舎紳士に見えない濃茶コーデュロイ</strong><br />
室内ではグレーのようだが、明るいところでは茶色が浮かび上がる濃茶コーデュロイのパンツ。明るい茶より都会的に見える点もポイント。</p>

【Point!】
田舎紳士に見えない濃茶コーデュロイ

室内ではグレーのようだが、明るいところでは茶色が浮かび上がる濃茶コーデュロイのパンツ。明るい茶より都会的に見える点もポイント。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Jun. & Jul. VOL.312

5

  1. 1
2

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
今月の読者プレゼント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop