>> この記事の先頭に戻る

スタートアップ企業と本気で共同開発したスマートフットウェアを体感

アッパーと、ミッドソールが分解された状態で展示されていた一足のスニーカー

今回のプレスミーティング会場で最も注目を集めていたのは、アッパーと、ミッドソールが分解された状態で展示されていた一足のスニーカーだ。

これはアメリカのラスベガスで開催された家庭用エレクトロニクス技術における世界最大の見本市「CES2020」でデビューしたスマートフットウェアのプロトタイプ。アシックスの投資子会社「アシックス・ベンチャーズ」が、日本のスタートアップ企業「ノーニューフォルクスタジオ」へと出資し、共同開発したものだ。ノーニューフォルクスタジオが開発した「足の動きをリアルタイムにデータ化する技術」を活かし、歩数やストライド幅の長短やかかと着地、つま先着地などの接地位置を計測するセンサーを搭載している。センサーの大きさはフリスクケース大といったところ。

外付け用として開発されたデバイスもあって他の靴のヒモ部分にも取り付けられる
外付け用として開発されたデバイスもあって他の靴のヒモ部分にも取り付けられる
<p>外付け用として開発されたデバイスを、当日履いていたスニーカーのヒモ部分に装着して実際に走ってみた。</p>

外付け用として開発されたデバイスを、当日履いていたスニーカーのヒモ部分に装着して実際に走ってみた。

<p>左右のプロネーション(衝撃を吸収する身体機能)の差をチェック。</p>

左右のプロネーション(衝撃を吸収する身体機能)の差をチェック。

<p>ストライドも、左右の差が顕著に分かる。</p>

ストライドも、左右の差が顕著に分かる。

<p>着地衝撃力もチェック。</p>

着地衝撃力もチェック。

<p>計測したデータから、個々のランの特性を分析。</p>

計測したデータから、個々のランの特性を分析。

<p>自身のランの癖を把握し、苦手な部分はどのような点に注意していったら良いかもガイドしてくれる。</p>

自身のランの癖を把握し、苦手な部分はどのような点に注意していったら良いかもガイドしてくれる。

  1. 2
3
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop