>> この記事の先頭に戻る

雪上でも恐怖感はゼロ

パサートオールトラック
写真のパサートオールトラックをはじめ、現在はSUV、ワゴンモデルを中心に4モーション(4WD)をラインナップするフォルクスワーゲン。4WDの選択肢が増えることは我々にとって大変ありがたい話である。

まずは「ゴルフオールトラック」で一般路を試乗する。好天に恵まれ、降り積もった雪がところどころ溶け出した滑りやすい路面を走りだすも、まったく不安はない。轍にステアリングをとられたり、ふいに滑り出してあわてるようなこともない。いわゆる”急”のつく操作さえしなければ、まるで雪のない路面であるかのように走ることができる。「パサートオールトラック」に乗り換えてもその傾向は変わらない。オールトラックのストローク感のあるサスペンションは、舗装路でも効果的だが雪道ではさらに本領を発揮する。ゴルフとパサート、いずれのオールトラックモデルもバランスの良さではすでに定評があるが、雪上ではゴルフの軽快さがより際立っていた。積極的に雪上を走ることを楽しみたい人には、ゴルフオールトラックがおすすめだ。

昨年発表された新型トゥアレグはまだ日本には導入されておらず、現行のVWラインアップでは唯一のSUVであるティグアンには、モーグル、パイロンスラローム、急勾配の登坂路&下り坂路、定常円旋回路といった特設コースが用意されていた。モーグル路では大きな凸凹の穴がいくつも掘られ、前後の片輪が対角に浮き上がり、前輪が空転している状況に陥った。その瞬間、空転する車輪にブレーキをかけ、接地している後輪に駆動力を配分することで、いともたやすく脱出することが可能だった。

ジョグダイアル方式の走行モード
フォルクスワーゲンはジョグダイアル方式で走行モードをセレクトする。一番左がスノーモード。負荷走行時にはトルク配分を変更するなど、基本はお任せで雪上ドライブが可能になる。実は使いこなしている人は少ない。

シフト横にある走行モードダイヤルを「スノー」にすると、パイロンスラロームなどでの回頭性がよくなりラインをスムースに走行できた。リアのブレーキを電子制御することで安定した挙動を作りだしている。さらに現行ラインアップではティグアンのみに備わる「オフロード」モードを試す。よりダイレクトに4輪に駆動力が伝わるようになる。さらにこのモードでのみESC(横滑り防止装置)をオフにすることも可能で、腕があればドリフト走行を楽しむこともできる。

  1. 2
3
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop