>> この記事の先頭に戻る

そんな海外で人気のスバル車。なかでもフォレスターは、すべて日本国内で生産している。海外向けの左ハンドル仕様を含め、日本の工場で作られ、世界各国に輸出しているのだ。

その輸出基地のひとつが神奈川県川崎市にある東扇島物流センター。ここを舞台にスバルは、メディア向けに技術紹介などを行う「SUBARUテックツアー」を実施。北米での販売が開始されたばかりの新型フォレスターを中心に、自動車運搬専用船への積み込まれる様子を見学してきた。

見学した商船三井の自動車運搬専用船「VIOLET
見学した商船三井の自動車運搬専用船「VIOLET ACE」は全長189.3m、全幅32.26mという巨大さ。総トン数は4万9708tで、乗用車ならば合計5031台を収納できる。
船積みを待つ新型フォレスター
船積みを待つ新型フォレスター。これらが北米など世界各国で販売される。

見学会が催された9月14日に、川崎港に入港した自動車運搬専用船は商船三井が運行する「VIOLET ACE(バイオレット エース)」。全長189.3m、全幅32.26mで、乗用車ならば合計5031台を積み込めるという。参考までにいうと、羽田空港に並ぶ4つの巨大な立体駐車場、そのひとつの収容台数が2500台弱。その2つ分+αのクルマが収容できるという巨大さ。

車両の詰め込み作業を詳しく解説!(写真9枚)

車両の積み込み作業は、船尾と船体右側に設けられたスロープを使って自走で行われる。車両移動を担当するドライバーは、立体駐車場のような構造の船内に車両を乗り入れ、シグナルマンと呼ばれるスタッフのホイッスルやハンドサインといったジェスチャーに従って、所定の位置に駐車していく。その間、サイドミラーは畳んだままで、切り返しもなし。次々と前後車両との間隔を30cm、左右10cmに停めていく様はまさにプロの仕事。そして航海中にクルマが動かないようにラッシャーと呼ばれる固縛員が、ラッシングベルトを使って床に固定していく。車両の積み込みを終えた「VIOLET ACE」は、バンクーバー、リッチモンドを経由しながら2週間ほどかけて北米に向かうという。

「VIOLET ACE(バイオレット エース)」内を見学!(写真6枚)

積み込みを行うのは船尾と船体右舷にあるスロープから。

積み込みを行うのは船尾と船体右舷にあるスロープから。

スロープを次々と進んでいく新型フォレスター。

スロープを次々と進んでいく新型フォレスター。

船内はまるで立体駐車場。次々と新型フォレスターが乗り込んでくる。

船内はまるで立体駐車場。次々と新型フォレスターが乗り込んでくる。

シグナルマンの誘導に従って次々と収められる新型フィレスター。ドアミラーを畳んだ状態で切り返しもなくスムーズに停車していく。

シグナルマンの誘導に従って次々と収められる新型フィレスター。ドアミラーを畳んだ状態で切り返しもなくスムーズに停車していく。

停車後は床に設けられた穴にラッシングベルトと金具を使って一台一台固定していく。

停車後は床に設けられた穴にラッシングベルトと金具を使って一台一台固定していく。

左右の間隔はドア間わずか10cm。ちなみにあまりにも間隔が狭いので航海中はクルマを施錠しないという。

左右の間隔はドア間わずか10cm。ちなみにあまりにも間隔が狭いので航海中はクルマを施錠しないという。

前後の間隔は30cm。まさに職人技と呼ぶに相応しい駐車技術だ。

前後の間隔は30cm。まさに職人技と呼ぶに相応しい駐車技術だ。

船積みの様子だけでなく船内も見学。ブリッジは想像以上にすっきりした作り。ほぼ自動航海だという。

船積みの様子だけでなく船内も見学。ブリッジは想像以上にすっきりした作り。ほぼ自動航海だという。

ブリッジの下にある船長室。想像以上に広く快適そう。

ブリッジの下にある船長室。想像以上に広く快適そう。

航海中に船員が使うために設けられたトレーニング室。奥には卓球台も。

航海中に船員が使うために設けられたトレーニング室。奥には卓球台も。

こちらは船上のバスケットコート。

こちらは船上のバスケットコート。

食料貯蔵庫。どこにも寄港しないこともあるため、食料などは多めに用意しているそうだ。

食料貯蔵庫。どこにも寄港しないこともあるため、食料などは多めに用意しているそうだ。

9月14日から発売を開始した新型フォレスターの注目グレード「Advance」。2リッター直噴エンジン+モーターのe-BOXERを搭載。車両価格は309万9600円。

9月14日から発売を開始した新型フォレスターの注目グレード「Advance」。2リッター直噴エンジン+モーターのe-BOXERを搭載。車両価格は309万9600円。

ボディサイズは全長4625mm、全幅1815mm、全高1715mm。ホイールベースは2670mm。もちろんすべて駆動方式はAWDとなる。

ボディサイズは全長4625mm、全幅1815mm、全高1715mm。ホイールベースは2670mm。もちろんすべて駆動方式はAWDとなる。

  1. 2
3
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop