「この人とは会話が途切れないな」と思わせるには、何より"ひと言目"が大切

Facebook
Twitter
齋藤 孝

どんな相手とでも、どんな状況でもスムーズに会話するための"ひと言目"を知る

「もっとスムーズに会話を続けられたら」「気の利いたひと言が言えたら」「嫌な話を受け流し、嫌味なく断れたら」。こんな悩みはビジネスだけでなく、義理の家族に対してなど、少し距離のあるプライベートな関係でも常につきまとうもの。

会話で大事なのは、「この人とは会話が途切れないな」と思わせる気の利いた"ひと言目"を言えるかどうか。例えば、話題がない時に相手の言葉を拾って発展させていく「◯◯と言えば~」。相手をその気にさせたい時の「むしろ」+ポジティブな内容。相手と異なる意見を言う時の「一般的には~」など。

本書には、そんな知っていれば自分の株を上げられる状況別の気の利く"ひと言目"が紹介されている。また、口癖になっている"NGなひと言目"にも注意しよう。意外にヤラカしていることが多いので要チェックだ。

DATA

気の利く大人のひと言目
著:齋藤 孝
東洋経済新報社
1300円



※表示価格は税抜き
[MEN'S EX 2019年5月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.304月号

2019

VOL.304

9

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop