トフ&ロードストーンのブリーフケース【名作予報】

Facebook
Twitter

今季のアイテムの中から、"これは絶対名作になる!"という逸品をMEN'S EX編集部員が徹底討論。ヒット確実の傑作をご紹介する。

"ポストミシン縫製"による美しい立体成型フォルム

c_forecast_171020_toffand_01.jpg

贅沢な"角もみ"による外装革の表情もドレッシー

繊細な格子状のシボは、職人が革を上下・左右に揉んでシボをつける"角もみ"という非常に贅沢な加工を、型押しで表現したもの。原皮はカナダ・トロント産の牛革を使用。高さ29.5×横40×マチ9cm。4万9000円

優美な丸みを帯びた形状が今のビズスタイルに好相性

末延 末延 カッチリした正統派のレザーブリーフもいいけれど、こういう程よく丸みを帯びたブリーフのほうが服装の自由度が高い今のビジネススタイルに幅広くマッチしそうです。

小曽根 小曽根 それでいてミニマルなデザインはクラシックなスーツにも最高に馴染む。絶妙なバランスだなぁ。

末延 末延 ちなみにこの鞄は"ポストミシン"で縫製したものだとか。このミシンは立体的に成型したパーツを縫い合わせるのに適し、だからこそアール部も端正に縫製されています。

小曽根 小曽根 トフは同価格帯の鞄の中でズバ抜けて仕立てが美しいと思っていたけれど、今回もその美点が遺憾なく炸裂しているわけだね。

末延 末延 オリジナルの真鍮金具はここのアイコンですが、ジップの引き手だけでなく、本体両面の左上にあしらってアクセントにしたのも面白い。

小曽根 小曽根 スリムなのに、口が大きく開いて出し入れがスムーズにできたり、PC収納用スリーブを備えたりと機能性も申し分ない。これはブランドの新定番となる予感がするね。

Brand Story TOFF & LOADSTONE(トフ&ロードストーン)
2004年デビュー。当初レディス鞄で人気を博し、やがて始動したメンズも装いを選ばないエレガントな佇まいが受けて大人気に。

お問い合わせ先

ティーアンドエル
TEL:03-6455-5520
URL:http://www.toffandloadstone.jp/

[MEN'S EX 2017年11月号の記事を再構成]
撮影/若林武志 構成/伊澤一臣 文/吉田 巌(十万馬力)

※表示価格は税抜き
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.305月号

2019

VOL.305

10

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop