サヴィル・ロウの名門でスピード出世を果たした名人の実力とは

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

世界を知る若き匠の凄技によるメイドインジャパンの新基軸
FUMIYA HIRANO

世界で学び、世界へ羽ばたく。そんな新世代の日本人が、いま続々と台頭している。彼らの“凄技”を通して、メイドインジャパンの最新形をつまびらかにしよう。

平野史也氏

 Profile 
平野史也氏
1985年生まれ。大手セレクトショップに勤務したのち国内のテーラー2ヶ所で修業を行い、2012年に渡英。翌年ヘンリープールに所属し、若くしてカッターを任される。2015年に自らのテーラーを開業。2020年からは拠点を東京に移している。


サヴィル・ロウの名門でスピード出世を果たした和英折衷のテーラーリング

フミヤ ヒラノは、日本のスーツ好きに大いなる衝撃をもたらす服だ。英国仕立てファンはもちろん、自分はイタリア派なんだよね……という人ですら、思わずオーダーしたくなるほどの魅力に満ちている。その理由は、まさに日本人ならではの感性と技であるといえるだろう。

サヴィル・ロウ最古のテーラーであるヘンリープールでカッターを任され、独立後も8年にわたってロンドンを拠点としてきた平野氏は、まぎれもなくブリティッシュ・テーラリングの正統なる後継者だ。端正に構築された肩、胸周りをたくましく盛り上げたイングリッシュドレープ、ウエスト位置を高めに設定し、格調ある砂時計型のシェイプを描き出したシルエット。いずれもサヴィル・ロウの伝統的技法を受け継いだものである。しかしながら、ひとたび袖を通してみると、そこに平野氏ならではの美意識が宿っていることに気づくだろう。

たとえば英国スーツの場合、上襟をノボらせないのが普通だが、これは我々日本人の視点から見ると、やや体型を選ぶところがある。対して平野氏の服は、首筋に沿って上襟をノボらせているのが特徴的だ。また、胸板が厚く反り身の体型が多い英国においては、ジャケットの前身頃を広め、後ろ身頃を狭めにとるのが一般的。いっぽうフミヤ ヒラノでは、前身に対して後ろ身を大きめに設定している。胸板が薄く猫背が多い日本人にとって、こちらのほうがハマるのはいうまでもない。こういった仕立てはイタリア服にも通じるところがあり、それゆえイタリアンスーツ好きにも刺さるはずだ。

「私は日本のテーラーで縫製を学び、イギリスのテーラーでカッティングを学びました。ステッチひとつひとつの丁寧さや細かい部分の作り込みにおいて、日本職人の技は世界に誇るものがある。いっぽうイギリスの技は大味にも見えますが、そこに込められた感性的な美しさは唯一無二といえるでしょう。私は双方のよさを肌で体感したからこそ、そのハイブリッドを志しています」と平野氏は話す。

言葉にするのは簡単でも、それを形にするには相当な努力を重ねたはずだ。このひたむきな探究心と、異なる美意識を巧みに同居させるセンス。これぞ、現代の日本人が誇るべき“凄技”の筆頭格といえるだろう。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2023

VOL.336

Winter

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop