グランドセイコーの注目3作×旬なオンスタイルの楽しみ方とは?

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

sponsored

グランドセイコーの注目3作×旬なオンスタイルの楽しみ方とは?
タキシードスーツ24万2000円/ポール・スチュアート(ポール・スチュアート 青山本店) メガネ3万5200円/フォーナインズ(フォーナインズ)

上質な時計は紳士の装いを完成させる最後のピース。それがジャパンラグジュアリーを体現するグランドセイコー(GS)なら、オンオフともに一層格調高いスタイルが築けるだろう。現在、「ヘリテージ」「エレガンス」「スポーツ」の3つのデザイン別のコレクションがあり、より自身のファッション傾向に即した時計を選択できるのも魅力だ。

今回は各コレクションからMEN’S EXが注目するモデルを、それぞれおすすめのオンスタイルとともにご紹介。ビジネスで好印象を勝ち取りたい方はぜひ、参考にしていただきたい。

正統派顔のヘリテージコレクション×柔らかなスーツスタイル

正統派顔のヘリテージコレクション×柔らかなスーツスタイル
スーツ16万9400円/サルトリオ、タイ2万2000円/セブンフォールド(以上ストラスブルゴ) シャツ2万4200円/ポール・スチュアート(ポール・スチュアート 青山本店) メガネ4万7300円/フォーナインズ(フォーナインズ) その他〈スタイリスト私物〉

着用する時計はヘリテージコレクションの「SBGA211」。同コレクションは“セイコースタイル”の礎になった1967年発表の44GSの王道的デザインを継承しており、幅広いシーンと装いに馴染む良質なスタンダードウオッチを求める人には絶好だろう。とくにこのモデルは“雪白”と呼ばれる純白の文字盤を有しているため、端正さの中にも今らしい柔らかさや軽快さが感じられるのもいい。

ここではそんな時計の魅力と通底するような柔らかなフランネル素材のスーツを着用。じつはVゾーンもチェック柄のネルシャツ+ニットタイとややカジュアルなアイテムでまとめたため、エレガントながらも寛ぎが感じられるスタイリングとなっている。堅くなりすぎずに大人の格やセンスを演出したいときにうってつけのコーデだ。

ヘリテージコレクション SBSA211
【ヘリテージコレクション SBGA211】
グランドセイコーの中で、いま全世界的にもっとも人気の高いモデルがこちら。雪白ダイヤル(海外ではスノーフレークダイヤル)と呼ばれる、製造地である信州の山々に降り積もった雪に風紋が刻まれたさまを表現した、繊細な質感をもつ型打ちダイヤルは、光の角度によって微妙な陰影が楽しめる。軽量で、耐傷性・耐食性に優れるブライトチタンケースに搭載するのはセイコーの独自機構であるスプリングドライブ。自動巻きでゼンマイを巻き上げつつ、クォーツと同等の高精度を叶えた第三の機構だ。白に映えるブルーの秒針で、同機構独特のスイープ運針をドラマチックに見せているのも魅力だ。スプリングドライブ。径41㎜。厚さ12.5㎜。ブライトチタンケース&ブレスレット。68万2000円
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Dec. VOL.328

12

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop