>> この記事の先頭に戻る

「イタリアン焼餃子」の材料

・餃子の皮 20枚(今回は餅粉入りの大判を使用)
・豚ひき肉 180g
・キャベツ 120g
・セロリ(葉と茎) 30g
・玉ねぎ 30g
・ミニトマト 5〜6個
・塩 小さじ1/2
・コショウ、乾燥オレガノ 各少々
・白ワイン 大さじ1
・オリーブオイル 大さじ1/2
・熱湯 1カップ
・ニンニクすりおろし 少々
・バジル 適量
・とろけるチーズ 適量

<p>1. 材料を準備する。</p>

1. 材料を準備する。

<p>2. キャベツ、セロリ、玉ねぎはみじん切りにする。野菜の食感を楽しむため、あえて塩を振って水気を絞ったりせず、そのまま使用。ミニトマトは8等分にする。</p>

2. キャベツ、セロリ、玉ねぎはみじん切りにする。野菜の食感を楽しむため、あえて塩を振って水気を絞ったりせず、そのまま使用。ミニトマトは8等分にする。

<p>3. 豚ひき肉に、塩小さじ半分、コショウ、乾燥オレガノ少々、白ワイン大さじ1、オリーブオイル大さじ半分を入れ、よく混ぜる。</p>

3. 豚ひき肉に、塩小さじ半分、コショウ、乾燥オレガノ少々、白ワイン大さじ1、オリーブオイル大さじ半分を入れ、よく混ぜる。

<p>4. みじん切りにしたキャベツ、セロリ、玉ねぎ、すりおろしニンニクを肉と混ぜる。</p>

4. みじん切りにしたキャベツ、セロリ、玉ねぎ、すりおろしニンニクを肉と混ぜる。

<p>5. 最後にミニトマトも入れる。</p>

5. 最後にミニトマトも入れる。

<p>6. ざっくりと混ぜたらタネは完成。</p>

6. ざっくりと混ぜたらタネは完成。

<p>7. 皮に適量のせ、空気を抜きながら、しっかりと閉じる。</p>

7. 皮に適量のせ、空気を抜きながら、しっかりと閉じる。

<p>8. 全て包んだら、トマトの水分で皮がふやけてしまうので、すぐ焼きに入る。</p>

8. 全て包んだら、トマトの水分で皮がふやけてしまうので、すぐ焼きに入る。

<p>9. フライパンにオリーブオイル大さじ1(分量外)を引き、餃子を並べてから強火にかける。</p>

9. フライパンにオリーブオイル大さじ1(分量外)を引き、餃子を並べてから強火にかける。

<p>10. 皮に軽く焼き目が付いたら、熱湯1カップを入れ、蓋をして蒸し焼きにする。3〜4分ほど経ったら蓋を開け、フライパンを回しながら水気を飛ばす。</p>

10. 皮に軽く焼き目が付いたら、熱湯1カップを入れ、蓋をして蒸し焼きにする。3〜4分ほど経ったら蓋を開け、フライパンを回しながら水気を飛ばす。

<p>11. 水気が飛んできたら、とろけるチーズひとつかみを全体にふりかける。フライパンをゆすりながらチーズがカリッとするまで焼く。</p>

11. 水気が飛んできたら、とろけるチーズひとつかみを全体にふりかける。フライパンをゆすりながらチーズがカリッとするまで焼く。

<p>12. 皿に盛り、バジルを散らしたら完成!</p>

12. 皿に盛り、バジルを散らしたら完成!

<p>13. タレは、オリーブオイルにレモン汁と黒胡椒を入れたものがオススメです。タバスコだけもいいですね。</p>

13. タレは、オリーブオイルにレモン汁と黒胡椒を入れたものがオススメです。タバスコだけもいいですね。

<p>14. ビールはもちろん、白ワインなどにもよく合います! ぜひお試しください。</p>

14. ビールはもちろん、白ワインなどにもよく合います! ぜひお試しください。

  1. 2
3
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop