リアップX5プラスで身だしなみレベルをアップデート! こだわるエグゼクティブは実績重視 リアップX5プラスで身だしなみレベルをアップデート! こだわるエグゼクティブは実績重視

「気仙沼ニッティング」――作り手が見える、ハンドメイドニットの魅力

Facebook
Twitter

KESENNUMA KNITTING / 気仙沼ニッティング
エチュード

気仙沼ニッティング
ブランドのセカンドモデルに当たる本品は、凹凸の深い模様編みに温かみが滲む、伝統的なフィッシャーマンズニットを基にしたデザイン。漁師町である宮城県気仙沼で手編みされるという事実も、ユニークな魅力である。ざっくりした編みの印象通り、着用感も実に温かく、心地よい。7万円(気仙沼ニッティング)


漁港が有名な気仙沼に、話題のニットメーカーがある。気仙沼ニッティング。複雑なケーブルパターンも職人がすべて手作業で編みあげる、現代では希有な存在である。その道の大家であるインバーアランですらスコットランド本国での生産を終える時勢にあって、気仙沼ニッティングが決して手頃でない価格のハンドニットで勝負できる理由は、無論、そのニットに他に代え難い“特別”があるからである。

クルーネックニット“エチュード”は、伝統的なガンジーニットのように肩まで真っ直ぐ身頃が編まれていて、着るといい具合に肩が落ちる。ジグザグの編み模様には独特の存在感があるが、さりげない主張のため飽きがこない。そして手編みならではのほっこりとした温かみが、つい袖を通したくなる愛着を生む。

ニットには作り手の名前と似顔絵が入ったタグが付く。写真のニットを編んだのは、漁師の父を持つすみこさんだ。綺麗に整った編み目からは、熟練の技と誠実な人柄が感じられる。



※表示価格は税抜き
[MEN’S EX 2020年1・2月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Apr. VOL.310

4

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

SmartNews
今月の読者プレゼント
Sustaina
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop