>> この記事の先頭に戻る

ドライバーのヘッドスピード約40m/sで試打
ドライバーのヘッドスピード約48m/sで試打

鶴原弘高さん ライター・ツルハラ 球が高いですね。試打クラブのロフト角は10.5度ですが、これなら9.5度でも良かったかも。

奥嶋誠昭さん 奥嶋プロ 構えたときの印象よりも、打ち出しから球がよく上がりました。シャフトの影響もありそうですね。スピン量も少し多めですが、ロフト角が9.5度なら2500回転ぐらいには収まるはず。第一印象としては、めちゃめちゃ安定感が高いです。

鶴原弘高さん ライター・ツルハラ 僕も試打してみましたが、何度打っても打ち出し角とスピン量がそろうことに驚きました。「スポーン!」とまっすぐに飛んでくれて、方向性もバツグンにいい。そのうえ球を打ち抜いたときの感触もいいですね。

奥嶋誠昭さん 奥嶋プロ 引き締まった打音が心地いいです。ボールを押しているようなフィーリングがありますよ。



クラウンとソールに独自の溝構造「パワートレンチ」を採用。これによってボール初速性能をアップさせている

鶴原弘高さん ライター・ツルハラ アスリート向けのモデルとは思えないほど、ストレート弾道を打ちやすく、安定して飛ばせる性能です。

奥嶋誠昭さん 奥嶋プロ  純正シャフトの「SHINARI 50K」も、振り心地の良さと当てやすさに貢献しています。ヘッドスピード46m/s以上になると先端側に物足りなさを感じますが、幅広いゴルファーにフィットしそうな高性能なシャフトだと思います。

鶴原弘高さん ライター・ツルハラ 球をつかまえやすいのも特徴ですね。右に滑るような球が一発も出ませんでした。

奥嶋誠昭さん 奥嶋プロ もし球がつかまりすぎるようなら、ソールウェイトの配置を変えればいいですよね。標準仕様ではヒール側に7グラムのウェイトが付いていますが、これをトゥ側にするとフェードを打ちやすくなります。

写真・左/3つのウェイトは自分で簡単に交換可能。写真・右/きっちりとスコアラインが刻まれているオーセンティックなフェース面。細かいミーリング処理もされていてボールの滑りを防ぐ。フェースの反発性能はヘッドの全数検査によって管理されている

鶴原弘高さん ライター・ツルハラ こんなに打ちやすく、やさしいドライバーだとは思いませんでした。ヘッドもシャフトも高性能です! 買ってみようかなぁ。

奥嶋誠昭さん 奥嶋プロ トータルバランスに優れていますよね。アスリートタイプのゴルファーじゃなくてもラクに飛ばせちゃうモデルです。

試打した製品の情報はコチラ グローブライド オノフ

関連記事一覧:
「プロ&アマの最新ゴルフクラブ試打レビュー」
「ゴルフのお悩み解決レッスン」

奥嶋誠昭さん 奥嶋誠昭/おくしま・ともあき
JGTOツアープレーヤー資格を持ち、プロコーチとしても活躍中。横浜市都筑区にあるヒルトップ横浜クラブ内の「ノビテック・ゴルフスタジオ」でヘッドコーチを務め、弾道計測器フライトスコープ、3DモーションキャプチャーGEARSなどの最新機器を使ったレッスンをアマチュアにも展開中。
http://www.nobby-tech.co.jp/swinggear/

鶴原弘高さん 鶴原弘高/つるはら・ひろたか
雑誌やウェブで多くの記事を手掛けるゴルフ専業のライター。もちろん自身も大のゴルフ好きで、最新ギアも大好き。オフィシャルハンデは7。ゴルフギア情報を発信する会員制サイト「3up CLUB」のキャスターも務めている。
https://3up.club



文/鶴原弘高

  1. 2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop