「輸入車いらないね」と言いたくなる日本車は? 家族構成別のオススメ9台

Facebook
Twitter
「輸入車いらないね」と言いたくなる日本車は? 家族構成別のオススメ9台

コスパだけじゃない高い満足度

家族構成別にオススメの1台、そして今、注目のクルマをセレクトする不定期連載。今回は、日本の自動車メーカーに対象を絞り、「ファミリー」、「カップル」、「シングル」の家族構成別でおすすめを3台ずつ選出した。

その結果、「輸入車が買えないから国産車」なんてネガティブな考えは不要と思える、魅力あるラインナップが揃った。さっそく順にフォトギャラリーで見ていこう。

<p><strong>三菱 デリカD:5/264万2200円~</strong><br />
輸入車勢ではほぼ選択肢がないミニバンというカテゴリーでは「日本車らしさ」が特に光る。かゆいところにまで手が届く車内設計や燃費の良さ、シートアレンジのしやすさなど大きなアドバンテージになるはずだ。そのミニバンの中でも輸入車キラーとしてイチオシなのがデリカD:5。ガソリン、ディーゼルの動力が選べ、4WD性能も高く、SUV並の悪路走破性を確保。家族のクルマとしても車内が広く快適。アクティブ嗜好の人にとってはまさに完璧。これを越えられる輸入車はしばし登場しないはずだ。</p>

三菱 デリカD:5/264万2200円~
輸入車勢ではほぼ選択肢がないミニバンというカテゴリーでは「日本車らしさ」が特に光る。かゆいところにまで手が届く車内設計や燃費の良さ、シートアレンジのしやすさなど大きなアドバンテージになるはずだ。そのミニバンの中でも輸入車キラーとしてイチオシなのがデリカD:5。ガソリン、ディーゼルの動力が選べ、4WD性能も高く、SUV並の悪路走破性を確保。家族のクルマとしても車内が広く快適。アクティブ嗜好の人にとってはまさに完璧。これを越えられる輸入車はしばし登場しないはずだ。

<p><strong>三菱 アウトランダーPHEV/393万9100円~</strong><br />
PHEV(プラグインハイブリッド)の累計販売台数では世界1位となるアウトランダーPHEV(2018年までの数値)。その圧倒的な人気を支えるのが日本車が世界と戦うためのお家芸である「最新テクノロジー」が生み出したバッテリー技術。走りや燃費性能だけでなく、アウトドアや緊急時に蓄電池として使える大容量バッテリーは自宅や近場で充電できる環境さえ整っているなら最良の選択肢となる。なにしろエンジンの発電を組み合わせれば一般家庭で使用する10日分の電力が蓄えられるのだから…恐るべし三菱。</p>

三菱 アウトランダーPHEV/393万9100円~
PHEV(プラグインハイブリッド)の累計販売台数では世界1位となるアウトランダーPHEV(2018年までの数値)。その圧倒的な人気を支えるのが日本車が世界と戦うためのお家芸である「最新テクノロジー」が生み出したバッテリー技術。走りや燃費性能だけでなく、アウトドアや緊急時に蓄電池として使える大容量バッテリーは自宅や近場で充電できる環境さえ整っているなら最良の選択肢となる。なにしろエンジンの発電を組み合わせれば一般家庭で使用する10日分の電力が蓄えられるのだから…恐るべし三菱。

<p><strong>レクサス RX/513万円~</strong><br />
日本車と輸入車の違いの1つが「品質」である。塗装、内装の仕立て、使われる素材など輸入車にアドバンテージがある。そんな「品質」で真っ向勝負できるブランドがレクサスである。近年、飛躍的に質感が高まり、高級感ではその差がほぼ埋まりつつあるレクサスなら「品質」に重きをおくユーザーでも満足がいくはずだ。さらにレクサス(トヨタ)の誇るナビや安全性能など、日本車の武器に関しても世界トップ水準である。その意味でも最近発売されたモデルがお薦め。SUVならRXが鉄板だろう。</p>

レクサス RX/513万円~
日本車と輸入車の違いの1つが「品質」である。塗装、内装の仕立て、使われる素材など輸入車にアドバンテージがある。そんな「品質」で真っ向勝負できるブランドがレクサスである。近年、飛躍的に質感が高まり、高級感ではその差がほぼ埋まりつつあるレクサスなら「品質」に重きをおくユーザーでも満足がいくはずだ。さらにレクサス(トヨタ)の誇るナビや安全性能など、日本車の武器に関しても世界トップ水準である。その意味でも最近発売されたモデルがお薦め。SUVならRXが鉄板だろう。

<p><strong>スバル XV/292万6000円~</strong><br />
昔から安全に関しては輸入車のほうが圧倒的に優れていると思っている人は多い。しかしそれは間違いである。全ての車種では差があるが、特定のメーカー、特定の車種であればその差は詰まっているどころか追い抜いているケースも多い。その特定のメーカーが「スバル」である。早くからアイサイトと呼ばれる独自の技術を開発し、磨き上げてきたスバルは今や世界トップ水準である。また全ての車種で同じ技術が手に入る点も素晴らしい。中でもデザイン的に映えるモデルはXVだろう。ルックスが個性的なところも◎。</p>

スバル XV/292万6000円~
昔から安全に関しては輸入車のほうが圧倒的に優れていると思っている人は多い。しかしそれは間違いである。全ての車種では差があるが、特定のメーカー、特定の車種であればその差は詰まっているどころか追い抜いているケースも多い。その特定のメーカーが「スバル」である。早くからアイサイトと呼ばれる独自の技術を開発し、磨き上げてきたスバルは今や世界トップ水準である。また全ての車種で同じ技術が手に入る点も素晴らしい。中でもデザイン的に映えるモデルはXVだろう。ルックスが個性的なところも◎。

<p><strong>日産 ノート(eパワー)/219万6700円~</strong><br />
今、売れに売れているハッチバックといえばノートのeパワー。動力はモーターが生み出し、エンジンは電力を生み出すためだけに使用するという画期的なシステムを採用して大きな話題となった。ようは充電を必要としないPHEVのようなもの。燃費性能は28.8~37.2km/Lという数値となっている。またブレーキペダルを踏まずに減速する「eパワードライブ」も素晴らしい発想だ。「技術の日産」のキャッチコピーは伊達じゃない。輸入車勢にはないアイディアと技術で勝負する、ハッチバックの日本代表的存在。</p>

日産 ノート(eパワー)/219万6700円~
今、売れに売れているハッチバックといえばノートのeパワー。動力はモーターが生み出し、エンジンは電力を生み出すためだけに使用するという画期的なシステムを採用して大きな話題となった。ようは充電を必要としないPHEVのようなもの。燃費性能は28.8~37.2km/Lという数値となっている。またブレーキペダルを踏まずに減速する「eパワードライブ」も素晴らしい発想だ。「技術の日産」のキャッチコピーは伊達じゃない。輸入車勢にはないアイディアと技術で勝負する、ハッチバックの日本代表的存在。

<p><strong>マツダ MAZDA 3ファストバック/222万1389円~</strong><br />
自動車関係者に「輸入車に対抗できる日本車は?」と問えば、多くの人がマツダ車を挙げるだろう。まずデザインが素晴らしい。日本車の弱点である内装のチープさも全く感じさせず、視覚で輸入車勢と互角に戦う。クルマ選びでデザインを重視する人も多いのだから対抗馬の筆頭に上がるのも当然だろう。中でもマツダ3(旧アクセラ)に用意されたファストバックモデルは特に素晴らしい。もちろん、走りも非常に元気で、小ささを活かして都市部での使い勝手も良い。夫婦で長く付き合える日本車ならこれをぜひ選んで欲しい。</p>

マツダ MAZDA 3ファストバック/222万1389円~
自動車関係者に「輸入車に対抗できる日本車は?」と問えば、多くの人がマツダ車を挙げるだろう。まずデザインが素晴らしい。日本車の弱点である内装のチープさも全く感じさせず、視覚で輸入車勢と互角に戦う。クルマ選びでデザインを重視する人も多いのだから対抗馬の筆頭に上がるのも当然だろう。中でもマツダ3(旧アクセラ)に用意されたファストバックモデルは特に素晴らしい。もちろん、走りも非常に元気で、小ささを活かして都市部での使い勝手も良い。夫婦で長く付き合える日本車ならこれをぜひ選んで欲しい。

<p><strong>ダイハツ コペン/188万6500円~</strong><br />
日本車にしかない選択肢、それは軽自動車のスポーツモデル。このカテゴリーは日本車だけの領域で、これまでの少数だが名モデルが存在していた。現代においてその代表はダイハツのコペンだ。2代目へと進化を遂げてその個性はさらに増した。「でも軽自動車でしょ?」なんて思う人にはお勧めしないが、ピュアに走りを楽しみたい人にはうってつけのモデルである。オープン2座の輸入車を探すとなるとこの倍以上の予算が必要となる中、この価格で手に入る趣味性の高いモデルというのも大きい。走りの楽しさは万人が認めるところだ。</p>

ダイハツ コペン/188万6500円~
日本車にしかない選択肢、それは軽自動車のスポーツモデル。このカテゴリーは日本車だけの領域で、これまでの少数だが名モデルが存在していた。現代においてその代表はダイハツのコペンだ。2代目へと進化を遂げてその個性はさらに増した。「でも軽自動車でしょ?」なんて思う人にはお勧めしないが、ピュアに走りを楽しみたい人にはうってつけのモデルである。オープン2座の輸入車を探すとなるとこの倍以上の予算が必要となる中、この価格で手に入る趣味性の高いモデルというのも大きい。走りの楽しさは万人が認めるところだ。

<p><strong>トヨタ カローラ スポーツ/282万4800円~</strong><br />
スポーツタイプでなく、乗用車であっても走りに味わいがあるのが輸入車の特徴だ。逆に日本車は「走りが味気ない」と評されることが多かった。では技術力で世界をリードするトヨタが乗用車ベースで趣味性の高いスポーツモデルを作るとどうなるのか。その答えがこのクルマ。しかも歴史あるカローラの名前を与えているところにトヨタの自信がうかがえる。「運転したいと思えるクルマ」は輸入車でも徐々に減り始めている。今、こういうクルマにチャレンジできるのもトヨタならではのことだろう。買う価値は大いにあるモデルである。</p>

トヨタ カローラ スポーツ/282万4800円~
スポーツタイプでなく、乗用車であっても走りに味わいがあるのが輸入車の特徴だ。逆に日本車は「走りが味気ない」と評されることが多かった。では技術力で世界をリードするトヨタが乗用車ベースで趣味性の高いスポーツモデルを作るとどうなるのか。その答えがこのクルマ。しかも歴史あるカローラの名前を与えているところにトヨタの自信がうかがえる。「運転したいと思えるクルマ」は輸入車でも徐々に減り始めている。今、こういうクルマにチャレンジできるのもトヨタならではのことだろう。買う価値は大いにあるモデルである。

<p><strong>ホンダ シビック タイプR/458万3700円~</strong><br />
「最近のクルマは個性がない」と嘆く人は多い。確かに遠目に見てどこのブランドなのか一目で分かるクルマは少ない。しかしこのシビックタイプRは違う。特に後ろ姿はかなり遠目で「ホンダのスポーツカー」であることが分かる。実はこの大胆なデザインは海外では大ウケ。ホンダが作ったホンキのスポーツカーの証「タイプR」という名前も大きい。乗ってみれば見た目通り刺激的な走りが楽しめる。「THE 日本プロダクト」感が満載で際だった個性を求める人にお勧めしたいモデルだ。街中で外国人の視線を集めること間違いなし。</p>

ホンダ シビック タイプR/458万3700円~
「最近のクルマは個性がない」と嘆く人は多い。確かに遠目に見てどこのブランドなのか一目で分かるクルマは少ない。しかしこのシビックタイプRは違う。特に後ろ姿はかなり遠目で「ホンダのスポーツカー」であることが分かる。実はこの大胆なデザインは海外では大ウケ。ホンダが作ったホンキのスポーツカーの証「タイプR」という名前も大きい。乗ってみれば見た目通り刺激的な走りが楽しめる。「THE 日本プロダクト」感が満載で際だった個性を求める人にお勧めしたいモデルだ。街中で外国人の視線を集めること間違いなし。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Jan.&Feb. VOL.308

1・2

  1. 1
2

SHOES

人気の靴 その歴史

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

Smartnewsでチャンネル登録
今月の読者プレゼント
サステナ
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop