>> この記事の先頭に戻る

人気だった「水曜日」のコーディネートはコレだ!(写真6枚)



スタッフクレジットは各コーディネートの詳細ページに記載
<b><font color='red'>麻布テーラー</font><br />ジャケットなしでも品格維持できるスリーピースが夏場は使える</b><br />夏用のスリーピースは、じつはとても便利なアイテム。<br />「モヘアを混紡した夏らしいシャリ感のある生地のため、見た目の重厚感とは裏腹に涼しく着られます。こうしたスリーピースの良さは、行き帰りは暑くてジャケットを脱いだとしても、ベストのおかげできちんと感を維持できるところ。周囲よりも一枚上手な好印象を残すことができます。コーディネートはネイビースーツに合わせて、シャツやネクタイも清潔感漂う青系で爽やかにまとめました」(プレス篠塚 剛さん)<br /><a class='u-link--ex' href='https://www.mens-ex.jp/fashion/feature/190724_11533.html' target='_blank'>コーディネートの詳細はこちら</a>

麻布テーラー
ジャケットなしでも品格維持できるスリーピースが夏場は使える

夏用のスリーピースは、じつはとても便利なアイテム。
「モヘアを混紡した夏らしいシャリ感のある生地のため、見た目の重厚感とは裏腹に涼しく着られます。こうしたスリーピースの良さは、行き帰りは暑くてジャケットを脱いだとしても、ベストのおかげできちんと感を維持できるところ。周囲よりも一枚上手な好印象を残すことができます。コーディネートはネイビースーツに合わせて、シャツやネクタイも清潔感漂う青系で爽やかにまとめました」(プレス篠塚 剛さん)
コーディネートの詳細はこちら

<b><font color='red'>ヴァルカナイズ・ロンドン</font><br />ネクタイの色と素材。これを替えればガラリとイメチェンできる</b><br />月曜のネイビーコットンスーツが再登場。靴や鞄も同じだが、視線が集まりやすいネクタイを替えるだけで、印象が変わることがわかるはずだ。 <br />「商談が多くなる週半ばは、再びタイドアップスタイルの出番。ネクタイやチーフは明るい色を選ぶことで、重苦しさを軽減し、涼しげに見せることができます。ヴァルカナイズ・ロンドンが伝える英国紳士のスタイルは、自分の都合や趣味だけでなく、その場に相応しい然るべき服装を大切にします。ネクタイが必要なシーンでは、必ず身に付けて相手の気持ちに沿う。そんなスタイリングも英国流マナーのひとつです」(ヴァルカナイズ・ロンドン マーケティングマネジャー井上雅士さん)<br /><a class='u-link--ex' href='https://www.mens-ex.jp/fashion/feature/190807_11643.html' target='_blank'>コーディネートの詳細はこちら</a>

ヴァルカナイズ・ロンドン
ネクタイの色と素材。これを替えればガラリとイメチェンできる

月曜のネイビーコットンスーツが再登場。靴や鞄も同じだが、視線が集まりやすいネクタイを替えるだけで、印象が変わることがわかるはずだ。
「商談が多くなる週半ばは、再びタイドアップスタイルの出番。ネクタイやチーフは明るい色を選ぶことで、重苦しさを軽減し、涼しげに見せることができます。ヴァルカナイズ・ロンドンが伝える英国紳士のスタイルは、自分の都合や趣味だけでなく、その場に相応しい然るべき服装を大切にします。ネクタイが必要なシーンでは、必ず身に付けて相手の気持ちに沿う。そんなスタイリングも英国流マナーのひとつです」(ヴァルカナイズ・ロンドン マーケティングマネジャー井上雅士さん)
コーディネートの詳細はこちら

<b><font color='red'>高島屋</font><br />コットンスーツにカラーニットで洒落感を注入すればたちまち'デキる男'に</b><br />国内出張3日目。クライアントとのミーティングは今日も続くが、つきあいの長い取引先との商談であれば、少しくだけたコットンスーツもありだろう。 <br />「リラックスした商談からのビジネスディナーをイメージして、コットンスーツの中を替えることでオンからオフへ変化をつけました。商談時はストライプシャツにドットのニットネクタイを結んできりりと」(MD 本部・北原 大さん)<br /><a class='u-link--ex' href='https://www.mens-ex.jp/fashion/feature/190515_11017.html' target='_blank'>コーディネートの詳細はこちら</a>

高島屋
コットンスーツにカラーニットで洒落感を注入すればたちまち'デキる男'に

国内出張3日目。クライアントとのミーティングは今日も続くが、つきあいの長い取引先との商談であれば、少しくだけたコットンスーツもありだろう。
「リラックスした商談からのビジネスディナーをイメージして、コットンスーツの中を替えることでオンからオフへ変化をつけました。商談時はストライプシャツにドットのニットネクタイを結んできりりと」(MD 本部・北原 大さん)
コーディネートの詳細はこちら

<b><font color='red'>阪急メンズ東京</font><br />シャツをハイゲージニットに替えればコーディネートの幅が広がる</b><br />いつもシャツでは芸がない。代わりにハイゲージニットを着込むこんなクールビズスタイルも、大人っぽくておすすめだ。インナーが襟なしだと、すっきり見える利点もある。 <br />「踏ん張りどころの週半ばも、軽量のストライプジャケットとサラサラニットなら一日中快適に過ごせます。ニットとパンツは、清涼感あふれるブルー。ベルトは革に布帛を組み合わせることで、見た目も着用感も軽くした異素材コンビを選択。洗練のコーディネートは、夜にプライベートな予定があるノー残業デーにもおすすめです」(サードスタイルスタッフ 井上 章さん)<br /><a class='u-link--ex' href='https://www.mens-ex.jp/fashion/feature/190529_11187.html' target='_blank'>コーディネートの詳細はこちら</a>

阪急メンズ東京
シャツをハイゲージニットに替えればコーディネートの幅が広がる

いつもシャツでは芸がない。代わりにハイゲージニットを着込むこんなクールビズスタイルも、大人っぽくておすすめだ。インナーが襟なしだと、すっきり見える利点もある。
「踏ん張りどころの週半ばも、軽量のストライプジャケットとサラサラニットなら一日中快適に過ごせます。ニットとパンツは、清涼感あふれるブルー。ベルトは革に布帛を組み合わせることで、見た目も着用感も軽くした異素材コンビを選択。洗練のコーディネートは、夜にプライベートな予定があるノー残業デーにもおすすめです」(サードスタイルスタッフ 井上 章さん)
コーディネートの詳細はこちら

<b><font color='red'>グジ</font><br />名門のクラブハウスも余裕! 大人に等身大のジャケットスタイル</b><br />顧客との平日ゴルフともなれば、服は? 靴や鞄はどうすれば? と悩みはつきない。<br />「名門のカントリークラブでお客様とゴルフ。こんな日に最適なのが、タリアトーレのジャケットです。伸縮性のあるシアサッカー素材なので、堅苦しすぎず、くだけすぎず、行き帰りの運転もラクチンで、接待ゴルフにもってこい。これに上質素材のカジュアルすぎないボーダーカットソーや、ボリュームのある最旬シルエットのパンツを選んで、若干スポーティなジャケットスタイルにまとめました。靴と鞄はカジュアルすぎないレザーを選択。ともに透け感があるので、レザーでも重たく見えず軽やかな印象です」(アシスタントバイヤー小林 豪さん)<br /><a class='u-link--ex' href='https://www.mens-ex.jp/fashion/feature/190612_11277.html' target='_blank'>コーディネートの詳細はこちら</a>

グジ
名門のクラブハウスも余裕! 大人に等身大のジャケットスタイル

顧客との平日ゴルフともなれば、服は? 靴や鞄はどうすれば? と悩みはつきない。
「名門のカントリークラブでお客様とゴルフ。こんな日に最適なのが、タリアトーレのジャケットです。伸縮性のあるシアサッカー素材なので、堅苦しすぎず、くだけすぎず、行き帰りの運転もラクチンで、接待ゴルフにもってこい。これに上質素材のカジュアルすぎないボーダーカットソーや、ボリュームのある最旬シルエットのパンツを選んで、若干スポーティなジャケットスタイルにまとめました。靴と鞄はカジュアルすぎないレザーを選択。ともに透け感があるので、レザーでも重たく見えず軽やかな印象です」(アシスタントバイヤー小林 豪さん)
コーディネートの詳細はこちら

<b><font color='red'>トゥモローランド</font><br />千鳥格子ジャケットでつくるトゥモローランド流クールビズ、その2</b><br />例えば千鳥格子のジャケットが自分に似合うと思えば、色柄違いを複数揃えてもいい。自分のスタイルを持っていれば、似ている服が増えていくのは当然だ。 <br />「火曜日の千鳥格子ジャケットはグレーベースでしたが、水曜日のこちらはブラウンベースでよりやわらかい印象。軽快なアンコン仕立ても、きれいめなデニムパンツやトレンドの開襟シャツとよく合います。足元は夏らしいエスパドリーユを選択。ジュートソールのこの靴は本来リゾートで履くものですが、革靴に近いシックな黒レザーを選べばビジネス街にも溶け込みます」(プレス川辺圭一郎さん)<br /><a class='u-link--ex' href='https://www.mens-ex.jp/fashion/feature/190626_11382.html' target='_blank'>コーディネートの詳細はこちら</a>

トゥモローランド
千鳥格子ジャケットでつくるトゥモローランド流クールビズ、その2

例えば千鳥格子のジャケットが自分に似合うと思えば、色柄違いを複数揃えてもいい。自分のスタイルを持っていれば、似ている服が増えていくのは当然だ。
「火曜日の千鳥格子ジャケットはグレーベースでしたが、水曜日のこちらはブラウンベースでよりやわらかい印象。軽快なアンコン仕立ても、きれいめなデニムパンツやトレンドの開襟シャツとよく合います。足元は夏らしいエスパドリーユを選択。ジュートソールのこの靴は本来リゾートで履くものですが、革靴に近いシックな黒レザーを選べばビジネス街にも溶け込みます」(プレス川辺圭一郎さん)
コーディネートの詳細はこちら

  1. 2

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

SmartNews
今月の読者プレゼント
Sustaina
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop