>> この記事の先頭に戻る

今春、追加されたバンムーフの2モデル

新たに登場したのは、エレクトリファイドS2とエレクトリファイドX2。ともに電動アシスト付自転車でLED内蔵の特別なディスプレイ、盗難防止システム、電動アシスト機能は共通となっている。両者の違いはフレームのデザイン。大きさはS2が28インチで、よりスポーティな雰囲気。X2が24インチでトップチューブ(フレームの水平部分)の位置が低く、乗り降りがしやすいコンパクトな設計だ。広報担当のデビッド・ロバートさんによると、乗車に適した身長は、X2が155cm〜、S2が170cm〜を想定しているとのこと。

エレクトリファイド S2
エレクトリファイド S2。
エレクトリファイドX2
エレクトリファイドX2。カラーはサンダーグレーと、フォグホワイトの2色展開でX2、S2ともに共通。

いざ、エレクトリファイドX2の試乗に出発

今回、試乗したのはコンパクトなエレクトリファイドX2。身長168cmの筆者にはちょうど良いサイズだ。シートを調整してもらうと、乗り降りには何の不便も感じない。

さっそく、東京・原宿にあるバンムーフのブランドストアから、出発。

エレクトリファイドX2の試乗に出発

まずは電動アシストの実力を確かめるためにストア近くの坂道へと向かう。神宮前一丁目交差点と原宿外苑中学校前交差点の間の坂道を走行してみると、あまりにスムーズに坂道を登れることに驚いた。何の苦もなく登り切れるうえ、坂道の途中で止まってからの走り出しさえ、非常に自然で心地よい。

エレクトリファイドX2の試乗
エレクトリファイドX2の試乗

筆者はこれまでに国産大手メーカーの電動アシスト(いわゆるママチャリ)に何度も乗っている。それに比べると、漕ぎ出しが非常に滑らかで、無理に押し出される感じがなく、軽くサポートしてくれているような印象だ。走行中ブーストボタンを押すと、さらに強い加速が得られる点も心強い。

エレクトリファイド X2。バッテリーがフレームの中に収納されているため、電動アシスト機能がありながら、普通の自転車同様のスッキリした外観がカッコいい。

エレクトリファイド X2。バッテリーがフレームの中に収納されているため、電動アシスト機能がありながら、普通の自転車同様のスッキリした外観がカッコいい。

後輪の中心軸脇にあるボタンをコツンとキックすることで「ステルスロック」と呼ばれる防犯システムが掛けられる。キーやチェーンを持ち歩く必要がないのは実に便利。開錠はスマートフォンのアプリ、またはハンドルのボタンを使って行う。

後輪の中心軸脇にあるボタンをコツンとキックすることで「ステルスロック」と呼ばれる防犯システムが掛けられる。キーやチェーンを持ち歩く必要がないのは実に便利。開錠はスマートフォンのアプリ、またはハンドルのボタンを使って行う。

トップチューブに内蔵された166個のLEDによる「マトリックスディスプレイ」がギアや、開錠のロックの状態を表示する。開錠の際は3桁の暗証番号を、モールス信号のように感覚をあけながら、数字の数だけボタンを押す仕組みだ。写真は開錠作業中の様子。

トップチューブに内蔵された166個のLEDによる「マトリックスディスプレイ」がギアや、開錠のロックの状態を表示する。開錠の際は3桁の暗証番号を、モールス信号のように感覚をあけながら、数字の数だけボタンを押す仕組みだ。写真は開錠作業中の様子。

ロック中は車輪を回すことができない。ロックが掛かった状態で、無理に移動させようとすると、警告状態に入り、スカルのグラフィックが表示される。不正行為を検出すると警告音が発せられ、ランプが点滅を始める。また本体から追跡信号を発信し、もし盗まれたとしても専任のバイクハンターが信号を追って探し出してくれる。

ロック中は車輪を回すことができない。ロックが掛かった状態で、無理に移動させようとすると、警告状態に入り、スカルのグラフィックが表示される。不正行為を検出すると警告音が発せられ、ランプが点滅を始める。また本体から追跡信号を発信し、もし盗まれたとしても専任のバイクハンターが信号を追って探し出してくれる。

  1. 2
3
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop