BEAMS中村達也の買い足しノート「街履きエスパドリーユ」

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加
中村達也の買い足しノート

今月の買い足し

街履きエスパドリーユで大人の夏をもっと優雅に

リゾートスタイルの定番・エスパドリーユが、リラックススタイル全盛の時流を受けて再注目されている。大人のエレガンスを保ちつつ、寛いだ休日スタイルを築くのに最適だ。



\ 中村さんの選択はコレ /


DON QUICHOSSE / ドンキショース

中村さんの選択はコレ
1万200円(ビームスF)

伝統エスパの作りはそのまま履き心地をアップデート

フランスやスペインなどにまたがるピレネー山脈の麓に位置する、複数のエリアを発祥地にもつエスパドリーユ。ドンキショースはそのひとつである仏・バスク地方を拠点とするブランドだ。作りは伝統的なエスパだが、アウトソールにはラバー、インソールにはレザーを貼り、履き心地を高めている。スエードアッパーも高級感あり。



去年までの定番スタイル

去年までの定番スタイル

今やお馴染みのタッセルローファー。きちんと感を重視したいときはこれで正解だが、より夏らしく軽快に装うなら…



サンダル感覚の気軽さでも上品に映るのが魅力


MEN'S EX M.E. この夏はいつにも増してエスパドリーユをよく見かけますね。

中村さん 中村 実際、今夏はエスパの提案がかなり増えています。実は過去にも何度かブームになったことがあるアイテム。古くは’40年代にアメリカで流行し、日本では’80年代に話題となりました。当時の人気米国ドラマ『マイアミ・バイス』で主人公がエスパを履いていたことも要因のひとつといえます。

MEN'S EX M.E. 今、リバイバルヒットしている理由はあるのでしょうか?


中村さん 中村 以前ご紹介したドローコードパンツやオープンカラーシャツをはじめ、休日服は今”リラックス感”が鍵。そこで足元も寛いだエスパを、という流れです。実は’80年代の流行時も、グルカパンツや開襟シャツといった今に通ずるアイテムが全盛だったので、エスパ復権はごく自然だといえますね。スニーカーやサンダルよりエレガントな印象になるので、大人の夏履きとしてイチオシです。



<span style=font-size:1.1em;><strong>ジャケパンにも◎ ただし堅くならないように</strong></span><br />「夏の足元といえば、ローファーやデッキシューズ、ドライビングシューズが一般的ですが、エスパドリーユはより軽やかな印象になるのがポイント。それでいて、スニーカーよりも大人っぽく見せられます。ここではジャケットにクリース入りのパンツできれいめにまとめましたが、堅苦しくならないよう、軽量なシャツジャケットと適度にゆとりのあるウォッシュドのコットンパンツを合わせました」。<br /><span style='font-size:0.8em;'>靴は前項「ドンキショース」と同じ。ジャケット4万2000円/ジャンネット、Tシャツ6000円/ブリッラ ペル イル グスト、パンツ3万8000円/インコテックス(以上ビームスF)</span>

ジャケパンにも◎ ただし堅くならないように
「夏の足元といえば、ローファーやデッキシューズ、ドライビングシューズが一般的ですが、エスパドリーユはより軽やかな印象になるのがポイント。それでいて、スニーカーよりも大人っぽく見せられます。ここではジャケットにクリース入りのパンツできれいめにまとめましたが、堅苦しくならないよう、軽量なシャツジャケットと適度にゆとりのあるウォッシュドのコットンパンツを合わせました」。
靴は前項「ドンキショース」と同じ。ジャケット4万2000円/ジャンネット、Tシャツ6000円/ブリッラ ペル イル グスト、パンツ3万8000円/インコテックス(以上ビームスF)

<span style=font-size:1.1em;><strong>ゆったりシルエットのシャツ姿にベストマッチ</strong></span><br />「適度にゆとりのあるシルエットがリラックス感あるプルオーバーシャツに、涼やかなシアサッカー素材のドローコードパンツ。こんな装いにもエスパが最適です。同じシャツ+スラックスでも、タイトシルエットなものはミスマッチなのでご注意を。色みは茶系で渋めにまとめていますが、少し冒険して、きれいなピンクやイエローのシャツを合わせるのも今夏らしくて良いですね」。<br /><span style='font-size:0.8em;'>靴は前項「ドンキショース」と同じ。シャツ1万5000円/ブリッラ ペルイル グスト、パンツ2万8000円/GTA(以上ビームスF)</span>

ゆったりシルエットのシャツ姿にベストマッチ
「適度にゆとりのあるシルエットがリラックス感あるプルオーバーシャツに、涼やかなシアサッカー素材のドローコードパンツ。こんな装いにもエスパが最適です。同じシャツ+スラックスでも、タイトシルエットなものはミスマッチなのでご注意を。色みは茶系で渋めにまとめていますが、少し冒険して、きれいなピンクやイエローのシャツを合わせるのも今夏らしくて良いですね」。
靴は前項「ドンキショース」と同じ。シャツ1万5000円/ブリッラ ペルイル グスト、パンツ2万8000円/GTA(以上ビームスF)

<span style=font-size:1.1em;><strong>短パン姿も+エスパで大人の品を獲得</strong></span><br />「シャツ+ショートパンツでさらに寛いだスタイル。これにサンダルやスニーカーだと子供っぽく見えてしまう恐れもありますが、エスパなら大人らしく上品にまとまります。ショーツは膝上くらいの短め丈が好バランスですが、タイトフィットはNG。程よいゆとりのあるものが今の主流です。ちなみに裾出しで着るシャツは、このように裾のカットが直線的なものがおすすめです」。<br /><span style='font-size:0.8em;'>靴は前項「ドンキショース」と同じ。シャツ1万8000円/ギ ローバー、パンツ2万2000円/ジャブス アルキヴィオ(以上ビームスF)</span>

短パン姿も+エスパで大人の品を獲得
「シャツ+ショートパンツでさらに寛いだスタイル。これにサンダルやスニーカーだと子供っぽく見えてしまう恐れもありますが、エスパなら大人らしく上品にまとまります。ショーツは膝上くらいの短め丈が好バランスですが、タイトフィットはNG。程よいゆとりのあるものが今の主流です。ちなみに裾出しで着るシャツは、このように裾のカットが直線的なものがおすすめです」。
靴は前項「ドンキショース」と同じ。シャツ1万8000円/ギ ローバー、パンツ2万2000円/ジャブス アルキヴィオ(以上ビームスF)

<span style=font-size:1.1em;><strong>ガイモ×マルティニーク / GAIMO×MARTINIQUE</strong></span><br /><br /><strong>エスパ×スニーカーのハイブリッド</strong><br />カーフのアッパーと同色のジュートソールでシャープに仕上げた別注作。履き口をエラスティックにしたスリッポン風デザインも独特だ。1万2000円(マルティニーク丸ノ内)

ガイモ×マルティニーク / GAIMO×MARTINIQUE

エスパ×スニーカーのハイブリッド
カーフのアッパーと同色のジュートソールでシャープに仕上げた別注作。履き口をエラスティックにしたスリッポン風デザインも独特だ。1万2000円(マルティニーク丸ノ内)

<span style=font-size:1.1em;><strong>エスパドリーユ ロリジナーレ / ESPADRIJ L'ORIGINALE</strong></span><br /><br /><strong>クッション入りでいっそう快適に</strong><br />2色のスエードを切り替えてボーダー柄とした高級感ある一足。インソールにはクッション入りで、長時間歩いても快適さをキープ。1万5000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

エスパドリーユ ロリジナーレ / ESPADRIJ L'ORIGINALE

クッション入りでいっそう快適に
2色のスエードを切り替えてボーダー柄とした高級感ある一足。インソールにはクッション入りで、長時間歩いても快適さをキープ。1万5000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

<span style=font-size:1.1em;><strong>カスタニエール / CASTANER</strong></span><br /><br /><strong>スクエアトウに格調漂う定番作</strong><br />90年以上の歴史を誇り、一流メゾンのエスパも手がけてきた名門。大定番の「パブロ」はクラシックなスクエアトウが特徴だ。1万7000円(ハイブリッジ インターナショナル)

カスタニエール / CASTANER

スクエアトウに格調漂う定番作
90年以上の歴史を誇り、一流メゾンのエスパも手がけてきた名門。大定番の「パブロ」はクラシックなスクエアトウが特徴だ。1万7000円(ハイブリッジ インターナショナル)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Feb.&Mar. VOL.319

2・3

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop