>> この記事の先頭に戻る

オープンカラーシャツの着回しはどうするのが正解?

着回し1 リゾート調を意識して寛ぎ感あるスタイルに

着回し1
シャツは前ページと同じ。パンツ2万8000円/GTA、靴1万200円/ドンキショース(以上ビームスF)

「こちらのシャツは裾のカッティングが直線状になっているので、タックアウトして一枚で着ても簡単にサマになるのがポイント。パンツは大人らしくクリース入りのものを選んでいますが、普通のスラックスでは堅苦しくてミスマッチ。ここではウエストがドローコ ード仕様のシアサッカー素材を合わせ、靴はエスパドリーユを合わせました。街に出られるリゾート調スタイルにまとめています。実際に旅先で着るなら、ショートパンツを合わせるのもいいですね」。


着回し2 ジャケパンスタイルでは堅くなりすぎないように

着回し2
シャツは前ページと同じ。ジャケット6万3000円/ラルディーニ、パンツ3万円/PT01、靴2万7000円/パラブーツ(以上ビームスF)

「ジャケパンのインナーとして活用した例がこちら。堅くなりすぎないよう、ニット素材のジャケットを選び、シャツはタックアウトして着こなしています。コットンパンツを合わせる場合も極端なスリムフィットは避け、シャツの寛ぎ感を活かせる適度なゆとりを備 えたシルエットを選びましょう。全体を白〜ベージュのトーンで統一することで、軽快な雰囲気にまとめている点もポイントです」。


着回し3 スーツ×開襟シャツは夏の伝統的スタイル

着回し3
シャツは前ページと同じ。スーツ13万2000円/ラルディーニ、靴6万9000円/クロケット&ジョーンズ(以上ビームスF)

「ピッティでもしばしば見られたスーツ×オープンカラーシャツの装い。スーツはウール素材より、コットンやリネン素材のものが好相性です。チーフはあえて挿さず、できるだけシンプルにまとめました。襟をラペルから出していますが、これは昔から夏の着こなし方として多くの人が実践していた伝統的なスタイル。シャツの襟が大きすぎると大袈裟に見える恐れもあるので、こちらのように小さめがおすすめ」。




ビームスクリエイティブディレクター
中村達也さん

1963年生まれ。「ビームスF」「ブリッラ ペル イル グスト」を統括。世界のファッショントレンドを分析・解釈し、日本に提案する手腕は業界随一。
公式サイト
https://tatsuyanakamura.amebaownd.com




[MEN’S EX2018年07月号の記事を再構成]
撮影/鈴木泰之 スタイリング/四方章敬 ヘアメイク/ TOYO(bello)

  1. 2

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
今月の読者プレゼント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop