BEAMS中村達也の買い足しノート「オープンカラーシャツ」前編

Facebook
Twitter
中村達也の買い足しノート

今月の買い足し

オープンカラーシャツで夏の開放感を満喫

台襟と第一ボタンのないノータイ用の襟型、オープンカラーのシャツが久々復権。避暑用のシャツとして生まれただけに、開放的な休日スタイルに重宝すること確実だ。



※後編では、8つの人気ブランドのオープンカラーシャツをご紹介しています。
関連記事:BEAMS中村達也の買い足しノート「オープンカラーシャツ」後編



中村さんの選択はコレ



GUY ROVER / ギ ローバー

中村さんの選択はコレ
2万7000円(ビームスF)

襟型だけでなくシルエットもリラックス

イタリアのシャツ専業ブランドもこの夏は開襟をこぞって提案。リネン100%によるこちらは、背ダーツがなく全体的にゆとりのあるリラックスしたフィットが特徴だ。胸ポケットもカジュアル感を高めている。「涼しさ重視なら半袖もアリですが、大人っぽく装うなら長袖を袖まくりして着るのがおすすめです」と中村さん。



去年までの定番スタイル

去年までの定番スタイル

夏の休日はポロシャツばかり、という方も多いのでは。涼しさはキープしつつ、装いのマンネリを解消したいところ。



伝統的な”避暑シャツ”が今、ふたたび注目の的に


MEN'S EX M.E. この春夏はオープンカラーのシャツが本当に多いですね。

中村さん 中村 そうですね。古くは’60年代の映画にも見られたように、夏の暑さをしのぐための伝統的な襟型です。かつては日本でも真夏のスーツスタイルの定番で、ベージュのリネンスーツに開襟シャツ、日除けのハットという装いが夏の風物詩だった時代もありました。それが昨今のトレンドキーワードであるヘリテージやリゾートといったテイストとリンクし、今再注目されているという流れです。

MEN'S EX M.E. 首周りが開放的で涼感たっぷりですね。


中村さん 中村 シルエットもややゆったりめに作ってあるものが主流ですね。ピタピタすぎるフィットはリラックス感を損なうので、サイズ選びの際はご注意ください。


MEN'S EX M.E. 色柄も様々ですが…。


中村さん 中村 レトロテイストなプリント柄も多いですが、M.E. 読者の方には無地をおすすめします。一枚でサラリと着ても、襟が違うだけで新鮮な印象になりますので、この夏、一枚買い足すと重宝しますよ。



今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

May VOL.311

5

  1. 1
2

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

SmartNews
今月の読者プレゼント
Sustaina
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop