〈歩く〉と〈ミタメ〉を突き詰めて生まれた”スニーカー”な本格靴の便利さを知っているか?【今必要な本格靴決定版。】

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

見た目はドレス、履き心地はスニーカーの新機軸

働き方が変化し、ドレスコードも様変わりした現在。”本格靴=伝統製法の高級靴”という限定した図式は、当てはまらなくなった。そんな時代を象徴するのが、”本格的に歩く”ための仕事靴である。

見た目はドレス、履き心地はスニーカーの新機軸
見た目からは想像できないほどの快適さは、歩く距離や時間すら自ずと変化させ、行動もアクティブに変わるはずだ。靴は左頁の三陽山長と同じ。
スーツ13万5000円〈オーダー価格〉/麻布テーラー(麻布テーラープレスルーム) シャツ1万3000円/マッキントッシュフィロソフィー(SANYO SYOKAI) タイ9000円、チーフ4000円/以上フェアファクス(フェアファクスコレクティブ) 時計80万円/ゼニス(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス) 鞄6万9000円/グローブ・トロッター(グローブ・トロッター 銀座) メガネ3万5000円/シングラス(ブリンク・ベース) ベルト〈スタイリスト私物〉

革新的仕事靴でビジネスをアクティブかつ健康的に

近年多くのブランドが開発している、”本格的に歩く”ためのビジネス靴。その背景にはビジネス環境やドレスコードの変化に加え、技術革新が大きく寄与している。ハイテク素材を用いたソールなどはまさに典型であり、歩き心地はスニーカーと遜色ないほど。だがその真骨頂は、見た目はドレスシューズそのものである点。つまりビジネスに不可欠な品格をキープしつつ、スニーカーなみの運動性と快適さを享受できるのだ。

政府もスニーカー通勤を奨励している現在だが、こうしたビジネスシューズなら会社で履き替える必要もなく、仕事で会う人への礼を失することもないはずだ。そして革新的とさえいえる履き心地は、仕事にアクティブな機動性をもたらし、働き方をも変えてくれるに違いない。

新しい生き方・働き方が今後の足元事情を変える

新しい生き方・働き方が今後の足元事情を変える

NIKKEI STYLE
Men’s Fashion Channel 編集長
平片均也さん

「超長寿社会の到来を背景に、健康増進を図るための取り組みが本格化しています。”歩く”習慣の定着を図るスポーツ庁の『FUN+WALK PROJECT』がその一例。人生100年時代の生き方と働き方に合わせて、ビジネス靴のあり方が変わるのも自然なことといえるでしょう」


SANYO YAMACHO / 三陽山長

SANYO YAMACHO / 三陽山長
3万6000円(三陽山長 銀座店)

ドレッシーな風格とスポーティな履き心地を併せもつ次世代仕事靴

ドレス靴と同じ「R2010」ラストを採用しつつ、スニーカー的作りを融合させた「優二」。撥水加工を施したレザーアッパーと、低反発アーチサポート搭載のインソール、そしてオリジナルラバーのアウトソールと、快適さ向上のための様々なスペックが満載されている。セメント製法だが立体的でしっかりした佇まいだ。

実は履き口クッション入り
実は履き口クッション入り
アッパーは撥水革
アッパーは撥水革


どちらがグッドイヤーかわかりますか?

どちらがグッドイヤーかわかりますか?

右がグッドイヤー製法の「友二郎」で、左が「優二」。セメント製法ながらもアッパーとソールの間にコバと段差をつけてあるため、クラシックな本格派の雰囲気に。一見ではグッドイヤーと見分けはつかないだろう。




[MEN’S EX2018年02月号の記事を再構成]
撮影/平井敬治、宇田川 淳、植野 淳、村上 健、岡田ナツ子、武蔵俊介、久保田彩子 スタイリング/武内雅英(CODE) ヘアメイク/勝間亮平(MASCULIN) 構成・文/POW-DER 文/竹石安宏、吉田 巌(十万馬力)、山田純貴、安岡将文、間中美希子、秦 大輔 撮影協力/モルテーニ東京

<p><strong>COLE HAAN / コール ハーン</strong></p><h3 class='h3' style='margin-bottom: 5px'>革靴の常識を覆す進化の最新形</h3><p>ドレス靴に革新を起こした「グランドエボリューション」シリーズ。衝撃吸収性と安定性を兼ね備える二重構造のアウトソール、人間工学に基づくインソールなどで包み込まれるような履き心地が味わえる。4万5000円(コール ハーン ジャパン)</p>

COLE HAAN / コール ハーン

革靴の常識を覆す進化の最新形

ドレス靴に革新を起こした「グランドエボリューション」シリーズ。衝撃吸収性と安定性を兼ね備える二重構造のアウトソール、人間工学に基づくインソールなどで包み込まれるような履き心地が味わえる。4万5000円(コール ハーン ジャパン)

<p><strong>ECCO / エコー</strong></p><h3 class='h3' style='margin-bottom: 5px'>一歩先を行く快適テクノロジー</h3><p>最先端の歩行性の靴を追求してきたエコー。新作モデル「イリノイ」には、耐久性とクッション性に優れる一体成型の2層構造アウトソールや、靴内の通気性を高めるECFSインレイソールなど、独自の技術を満載。3万9000円(エコー・ジャパン)</p>

ECCO / エコー

一歩先を行く快適テクノロジー

最先端の歩行性の靴を追求してきたエコー。新作モデル「イリノイ」には、耐久性とクッション性に優れる一体成型の2層構造アウトソールや、靴内の通気性を高めるECFSインレイソールなど、独自の技術を満載。3万9000円(エコー・ジャパン)

<p><strong>ROCKPORT / ロックポート</strong><p><h3 class='h3' style='margin-bottom: 5px'>気になるニオイの対策も万全</h3><p>EVAアウトソールを採用した超軽量シューズ。衝撃を吸収するクッション材、歩行安定性をサポートするTPUプレートを採用して快適性を追求している。ライニングは抗菌加工が施されニオイを抑制。2万4000円(ロックポート ジャパン)</p>

ROCKPORT / ロックポート

気になるニオイの対策も万全

EVAアウトソールを採用した超軽量シューズ。衝撃を吸収するクッション材、歩行安定性をサポートするTPUプレートを採用して快適性を追求している。ライニングは抗菌加工が施されニオイを抑制。2万4000円(ロックポート ジャパン)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Feb.&Mar. VOL.319

2・3

[DIGITAL Edition]

  1. 1
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop