BMWの電動化モデルが好調。販売は対前年比41.0%増に

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加
サステナ

BMW AGの発表によれば、BMWグループは5月末までの時点でグローバルセールスを100万3573台と、早くも100万台の大台に乗せたという。近年の勢いからすると、それ自体は驚きではないが、その内訳は興味深い。BMW iをはじめとする電動化モデル、すなわち電気自動車とプラグインハイブリッド車が、急速に台数を伸ばしているのだ。

サステナ

BMW i、BMW iPerformance、MINI Electricの販売台数は前年比、実に41.0%増の4万6849台を達成したという。実はこの4月に、累計販売台数25万台を突破したばかりなのだが、この1ヶ月だけで1万台以上を追加していることになる。

サステナ

しかも需要は特定地域ではなく世界中で増加している。たとえばアメリカではこの5ヶ月で、これら電動化モデルを前年比61.0%増の9762台販売。これは全販売台数のほぼ7%にも達する数字である。同様に、イギリスでは全販売台数の7%を超えている。また、ノルウェーやマレーシアでは半数以上を占めるという。

サステナ

販売のもっとも大きなボリュームを占めるのは530e iPerformance。ついでX5 xDrive40e iPerformanceとなる。

こうした需要の高まりを受けて、BMW iモデルを生産するライプツィヒ工場は今秋にも生産規模を日産130台から200台にまで引き上げる。

BMW AGの計画では2018年に合計14万台以上の電動化車両を販売したいという。この勢いが続くならば、実現可能性は低くはなさそうだ。

文/島下泰久 Yasuhisa Shimashita

サステナ主宰
モータージャーナリスト
2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員

1972年神奈川県生まれ。燃料電池自動車や電気自動車などの先進環境技術、そして自動運転技術を中心に、走行性能、ブランド論までクルマを取り巻くあらゆる事象をカバー。自動車専門、ライフスタイル系などのwebメディアをはじめ、専門誌、一般誌、ファッション誌などの雑誌に精力的に寄稿している。また並行して講演活動、テレビ、ラジオなどへの出演も行なう。
海外モーターショー取材、海外メーカー国際試乗会へも頻繁に参加しており、年間渡航回数は20回を超える。 2011年6月発行の2011年版より、徳大寺有恒氏との共著として「間違いだらけのクルマ選び」の執筆に加わる。2016年版より単独での執筆になり今に至る。最新刊は「2018年版 間違いだらけのクルマ選び」。
2016年にサステナをオープン。主筆として一般自動車専門誌、webサイトとは違った角度から、未来のクルマと社会を考察中。

サステナ(SUSTAINA)とは?

まっすぐおもう、未来のコト。 モータージャーナリスト島下泰久氏が主宰を務める、「クルマが目指す未来」を主軸に先進環境技術やそれを取り巻く社会の変化など、あらゆる事象を追うウェブメディア。

sustaina
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

VOL.334

Summer

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop