デカちっさいクルマなら家族ベネフィットが得られる【今、オススメの5台】

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

男はスケールの大きさをつい追い求めがちだが、身の丈やシーンにそぐわなければ、かえって好感度を下げてしまう。これ見よがしよりも、シーンや家族との調和を意識した選び目線がスマートなのだ。

フィアット 500X

名モデルの遺伝子を受け継いだ個性派SUV
FIAT フィアット 500X

ヒット作、2代目500のデザインをSUVに取り入れた500X。2WD、4WDが選択でき、街乗りにもアクティブな走りにも対応可能。13.1km/?の燃費を誇る1.4?ターボエンジンを搭載。288万3600円〜(チャオ フィアット)

条件1:街中でも小回りが効くサイズ感
500Xのように全長が4250mmくらいのサイズなら、前席2名+αと家族で使うなら十分の広さ。コンパクトな分、女性でも運転しやすく街中での取り回しは非常に優秀だ。

条件2:自動制御もある安全性
昨今の自動車で普及している装備が各種安全機能。アクティブクルーズコントロールによる前後の車間距離調整や車線逸脱や前面衝突の警報など、最新技術は必須だ。

条件3:家族全員の荷物をつめる収納力
後席を倒して使える分割可倒式リアシートを採用したタイプなら、積み込むボリュームによって、アレンジすることが可能。車高がある分、背の高い荷物でも問題なし。



アウトドアやレジャーも楽しむなら、このSUV2台(写真2枚)



買い物や子供の送迎にタウンユースなら、このワゴン2台(写真2枚)

自動車評論家 島下泰久さん 自動車評論家 島下泰久さん
世界を飛び回り新型モデルの試乗を続ける人気自動車評論家、近著に『2018年版間違いだらけのクルマ選び』(草思社刊)。現在も新しい相棒を物色中。



見た目と使い勝手の良さの両立で夫婦で楽しめる一台を

趣味性の高いクルマもいいが、今、狙うべきはコンパクトなアクティブカー。なぜなら家族でドライブの楽しみを共有できるからだ。実情を専門家に尋ねてみた。

「各社が力を入れているだけに、コンパクトモデルは今、ここで紹介している5台のような個性派揃いです。共通しているのは、普段使いで便利なだけでなく、室内も荷室も意外なほど広くて、家族や友達と荷物を目一杯に積んで出かけたくなるSUVテイストのモデルだったり、トンガッたデザインで、普段使いのふとした瞬間にも気分がアガるものだったり。そんなプラスアルファの魅力をもったコンパクトカーが続々出てきています。女性目線で見てもきっと魅力的だと思います」(島下さん)



[MEN’S EX 2018年2月号の記事を再構成]
文/iconic

※表示価格は税抜き

<b><font color='#990000'>伝統のクワトロ機能と新デザインの融合</font></b><br><br><b>AUDI アウディ Q2</b><br>これまでとは異なるエッジの利いたデザインを採用した小型SUV。伝統の4WDシステム“クワトロ”や精緻な造りのインテリアなどを継承しつつ、価格は抑えめだ。299万円〜(アウディ コミュニケーションセンター)

伝統のクワトロ機能と新デザインの融合

AUDI アウディ Q2
これまでとは異なるエッジの利いたデザインを採用した小型SUV。伝統の4WDシステム“クワトロ”や精緻な造りのインテリアなどを継承しつつ、価格は抑えめだ。299万円〜(アウディ コミュニケーションセンター)

<b><font color='#990000'>使ってよし、走ってよしの新スタイルSUV</font></b><br><br><b>PEUGEOT プジョー 3008</b><br>2016年に2代目モデルへと進化した3008。全長は約4.5m、クロスオーバーミニバンとも言えるデザイン&パッケージが特徴。1.6?エンジンで、ダイナミックかつ軽快な走りが楽しめる。357万円〜(プジョー・コール)

使ってよし、走ってよしの新スタイルSUV

PEUGEOT プジョー 3008
2016年に2代目モデルへと進化した3008。全長は約4.5m、クロスオーバーミニバンとも言えるデザイン&パッケージが特徴。1.6?エンジンで、ダイナミックかつ軽快な走りが楽しめる。357万円〜(プジョー・コール)

<b><font color='#990000'>ミニから派生した広い荷室を持つワゴンモデル</font></b><br><br><b>MINI ミニ クラブマン</b><br>荷室はシートを倒してスペースを広げればゴルフバッグも収納可能な上、足先をバンパー下に入れると自動で開くなど、使い勝手も非常に優秀。299万円〜(ミニ カスタマー・インタラクション・センター)

ミニから派生した広い荷室を持つワゴンモデル

MINI ミニ クラブマン
荷室はシートを倒してスペースを広げればゴルフバッグも収納可能な上、足先をバンパー下に入れると自動で開くなど、使い勝手も非常に優秀。299万円〜(ミニ カスタマー・インタラクション・センター)

<b><font color='#990000'>鉄板スタイルとはひと味違うゴルフの新しいカタチ</font></b><br><br><b>VOLKSWAGEN フォルクスワーゲン ゴルフオールトラック</b><br>ゴルフワゴンの車高を高くし、クロスオーバースタイルにした。実力車ゴルフに便利さとデザイン性を組み合わせた隙のない仕様になっている。365万9000円(フォルクスワーゲンカスタマーセンター)

鉄板スタイルとはひと味違うゴルフの新しいカタチ

VOLKSWAGEN フォルクスワーゲン ゴルフオールトラック
ゴルフワゴンの車高を高くし、クロスオーバースタイルにした。実力車ゴルフに便利さとデザイン性を組み合わせた隙のない仕様になっている。365万9000円(フォルクスワーゲンカスタマーセンター)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Sep. VOL.314

9

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
今月の読者プレゼント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop