2020年的クールビズ「軽装化の最適解」はタカシマヤにあり! 2020年的クールビズ「軽装化の最適解」はタカシマヤにあり!

こうして私は、「イタリア的スタイル」に恋をした【Mr.David Diary Vol.2】

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

david_171129_01.jpg

I fell in love with Italy the moment I stepped off the plane in Milan in the mid ’90s. The corridors of Malpensa Airport were lined with stunning fashion campaigns, shot by legendary photographers such as Steven Meisel, Mario Testino and my favorite, Paulo Roversi.

1990年代半ば、ミラノで飛行機を降りた瞬間に、私はイタリアに恋をしました。マルペンサ空港の通路には、スティーブン・マイゼル、マリオ・テスティーノ、そして私の大好きなパウロ・ロベルシといった伝説のフォトグラファー達による素晴らしいファッション広告がずらりと並んでいました。

Even the immigration officers managed to make their uniforms look stylish. Everything about Italy exudes style, from architecture, furniture and car design to food and fashion. The tradition of la passeggiata, or evening promenade, and the essential philosophy of bella figura cutting a beautiful figure, guide the lives of gli Italiani. Italy lives by “la dolce vita.”

入国管理の係員達でさえ、制服をスタイリッシュに着こなしていました。建築から、家具、車のデザイン、食べ物、ファッションに至るまで、イアリアの全てには、”スタイル”というものが滲み出ています。夜に散歩をする習慣や、外見を美しく見せるための哲学が、イタリア人の生活を導いています。イタリアは、「ラ・ドルチェ・ヴィータ(甘い生活)」を日々生きているのです。

After passing through customs and immigration I boarded the Malpensa Express for downtown and a fashion season that would teach me more about keeping it simple, sir.

税関と入国審査のカウンターを通り抜けた後、私はマルペンサ・エクスプレスに乗って、ダウンタウンに向かいました。そこで迎えた、私にとって初めてのファッションのシーズンに、「Keep It Simple,Sir(シンプルに徹しましょう)」というスタイルについてより深く学ぶことになったのです。

After checking in with my agency and settling into the apartment in San Babila, where I would share a four bedroom apartment with six European roommates, I got my first lesson in the influence of tribalism on fashion.

ミラノのエージェントに所属し、サン・バビラのアパートに入居すると、6人のヨーロッパ人のルームメイトとともに、4ベッドルームのアパートメントをシェアすることになりました。その”ファッション好きな人たち”と過ごすうちに、私は彼らに大きな影響を受け、初めての”ファッションレッスン”を受けることになるのです。

On my first night out with my roommates, who were all dressed in black, I quickly realised that my classic American style was not going to fit in with the fashion crowd. My Danish roommate went so far as to say he wouldn’t be seen out with me if I was going to wear turquoise jewelry. I immediately removed my turquoise and put it away for the next twenty years. There is a saying in business that one should dress for the job one aspires to. This goes for fashion as well.

初めてルームメイト達と出かけることになった夜、彼らは皆、”全身黒ずくめ”の服に身を包んで現れました。すぐさま私は、クラシックアメリカンな私のスタイルは、このおしゃれ軍団には合わないと悟りました。デンマーク人のルームメイトは、私がターコイズのジュエリーをつけるなら、一緒に出掛けたくないとまで言いました。私はすぐにターコイズを外し、その後20年間身につけることはありませんでした。ビジネス業界においてはよく、自分が目指す仕事にふさわしい格好をするべきだ、と言われます。それはファッション業界についても同じことが言えると思います。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Jun. & Jul. VOL.312

5

  1. 1
2

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
今月の読者プレゼント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop