SHARE
Facebook
Twitter
Instagram
RSS

VOICE

ゴルフ

初心者から経験者まで、大人が楽しめるスポーツ「ゴルフ」の魅力をレポート

今注目のスポーツ「フットゴルフ」って何!?

Facebook
Twitter
MEO_footgolf繧サ繝ャ繧ッ繝・ONDA0459.jpg

「サッカー」×「ゴルフ」=それが「フットゴルフ」だ!


MEN'S EX世代の男子のオフに必要なのは、心からのリラックスと適度なエクササイズ。ぜひそんな趣味をひとつは持っておきたいものである。

そこで今回お知らせしたいのが、現在世界的に急成長を遂げている次世代スポーツの超新星、フットゴルフだ。要はサッカーとゴルフをミックスした新感覚競技なのだが、これが本当にユニークかつ爽快! 今からならオリンピック日本代表になるのも夢じゃない......!? との噂を聞きつけ、我々MEN'S EX ONLINE編集部も、10月末、軽井沢で行われた世界大会に参戦してきた!

2024年のオリンピック正式種目を目指し、競技人口も増加中

そもそも「フットゴルフ」って何......? という人も多いはず。

そこでその概要を簡単に、ご説明しよう。2009年にオランダにて誕生したフットゴルフは、一言でいえば「サッカー」と「ゴルフ」を組み合わせたようなスポーツ。第一回目のワールドカップは2012年、ハンガリーにて開催されており、史上最速で発展しているスポーツと評され、今、注目を集めている。

......と、言葉で説明するよりも、動画を見れば一目瞭然なので、まずはこちらのイメージムービーをご覧あれ!

サッカーボールの5号球を使い、ゴルフコースにて9ホール(もしくは18ホール)をラウンドし、スコアを競うのが主な競技内容。ボールを足で蹴ることに関してはサッカー、できるだけ少ない打数でカップに沈めていくことについてはゴルフと同様だ。いわゆるドリブルなどのテクニックは必要なく、キックの精度とコースを読み解く洞察力が勝負を決するという、純然たる個人競技だ。やみくもに走り回ったり、パワーで押していくスポーツではないことから、子供から女性、それにシニアまで楽しめる、間口の広い競技であることも大きなポイントだ。

フォトギャラリーでも紹介!(写真8枚)

2009年にオランダで発祥した後、徐々にファンを増やし、今では世界的な統括組織として国際フットゴルフ連盟(FIFG)が存在し、我が国も所属し日本代表チームを各大会に送り出している。2017年現在は約2万人が日本国内でプレーをしており、2024年のオリンピック正式種目への登録を目指し、多くの関係者がこのフットゴルフの普及・振興に努めているのだ。そして今年、2017年10月には長野県の軽井沢72ゴルフ南コースにて、世界大会の「JAPAN FOOTGOLF INTERNATIONAL OPEN supported by Cygames」が開催された。世界のトッププレーヤーのなかには、かつてレアルマドリードに在籍していた著名選手などもいるという。日本でも元Jリーガーが数多くプレーしており、多くのファンがその活躍を応援しているのだ。

各国代表選手が軽井沢に集まった!(写真5枚)

中編に続く

動画撮影/筒井義昭 撮影/恩田拓治 文/長谷川 剛(04)

  1. 1
ボールはサッカーボールの5号球を使用。

ボールはサッカーボールの5号球を使用。

ゴルフで言うところのティーショットは、サッカーのフリーキックのように思い切りキック!

ゴルフで言うところのティーショットは、サッカーのフリーキックのように思い切りキック!

各ホールのヤード数や、ホールの傾斜などを読みながら、ボールを蹴る強さ、方向性をコントロールする。

各ホールのヤード数や、ホールの傾斜などを読みながら、ボールを蹴る強さ、方向性をコントロールする。

ボールの空気圧も、スコアを左右する重要なポイント。

ボールの空気圧も、スコアを左右する重要なポイント。

空気圧が高いと球は遠くまで飛ぶが、その分、コントロール性は落ちる。

空気圧が高いと球は遠くまで飛ぶが、その分、コントロール性は落ちる。

グリーン回りのコントロールの精度を上げるには、少し空気圧が低めのほうが◎。

グリーン回りのコントロールの精度を上げるには、少し空気圧が低めのほうが◎。

カップも、サッカーボール大のものを使用!

カップも、サッカーボール大のものを使用!

ヤード数は、ゴルフより少し距離が短めになっている。

ヤード数は、ゴルフより少し距離が短めになっている。

本大会は、軽井沢の名門ゴルフ場「軽井沢72南コース」にて開催された。

本大会は、軽井沢の名門ゴルフ場「軽井沢72南コース」にて開催された。

練習ラウンドに余念のない各国代表選手たち。

練習ラウンドに余念のない各国代表選手たち。

大柄の外国人選手は、キック力も力強い!

大柄の外国人選手は、キック力も力強い!

ゴルフのラウンド同様、コース内はカーとに乗って移動。

ゴルフのラウンド同様、コース内はカーとに乗って移動。

たくさんのスポンサーが本大会を協賛。

たくさんのスポンサーが本大会を協賛。

休日の腕にG-SHOCK、そのとき服はどうする?
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

WHAT’S NEW

Instagram

SNAP

着こなしスナップ

2018年AUG.VOL 285月号

1

2018

AUG.VOL 285

  • 信頼度が上がる

    「お洒落のデリカシー」とは何か?

  • わかってる男は必ず持っている鞄

    TUMI&FELISI

  • 時代を読むリーダーたちの

    「本とメガネ」

はたらく女性の新ライフスタイル誌『OWN』
本格靴辞典
みんなのInstagram
365日Vゾーン
今月の読者プレゼント

pagetop