「セダンらしくないセダン」が売れている。新型プジョー508でその魅力を探った

Facebook
Twitter
格好良くて便利で4人が座れる...その答えが新型508

4ドアセダンから脱却したクーペスタイルの旗艦

そのデザインはシャープで未来的で格好いい。どことなくドイツ車風に見えるけれど、ドイツ車特有の冷たさは感じられず、直線基調なのに躍動的でエモーショナルに見える。

新型プジョー508はいちおうセダンにジャンル分けできるものの、後席のあたりからルーフが直線的に下降していることからもわかるとおり、多分にクーペを意識したプロポーションだ。ワゴンのようにテールゲートを開くこともできるので、最近人気のフォルクスワーゲン・アルテオンやアウディA5スポーツバックに近いコンセプトといえる。

このようなデザインをプジョーが選んだのには理由がある。

セダンともワゴンとも異なり、上方向に上がるハッチ形式となるファストバック
セダンともワゴンとも異なり、上方向に上がるハッチ形式となるファストバック。背の高い荷物を積むには不向きだが、荷物の出し入れは非常にしやすく、荷室の利用頻度が高い人に適している。

セダン不振の時代といわれて久しい。代わって台頭したのがSUVだが、その魅力は背が高いことによる室内スペースの広さとセダンにないパーソナル感の演出が中心だろう。

いっぽうで背が高いことを理由にSUVを敬遠する向きが少なくないことも間違いないはず。かといってセダンではオジサンじみているし、2ドア・クーペは格好いいけれど使い勝手がよくない。ワゴンが便利なのはわかるが、いかにも「人がいいお父さん」というイメージが強すぎる。「いざとなればオトナ4人がゆったり座れて、ほどよいプレステージ性もあって、それでいて"クールなクルマ"はどこかにないのか?」 そんな要望に応える形で登場したのがA5スポーツバックでありアルテオンだった。ちなみにアルテオンはフォルクスワーゲンが驚くほどのヒット作になっているそうだ。



関連記事:
ぶっ飛び系フォルクスワーゲン? 話題のアルテオンから懐かしのビートルまで、VWデザインを振り返る

アウディの4ドアクーペ「A5 SPORTBACK」で富士山を目指す!

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.306月号

2019

VOL.306

11

    1234
  1. 1
  2. 1234
  3. 2
  4. 1234
  5. 3
  6. 1234
  7. 4
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop