注目のブロンズケースモデルもU30万円! ハイコスパでお馴染みのスイス3ブランド

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

高い=高級ではない! 名⾨スイス製からお馴染み国産時計まで、30万円以下で買える傑作時計150本超を掲載した絶賛発売中のムック『U(アンダー)30万円で一生使える傑作腕時計150』。その中身をピックアップしてご紹介。
*税抜き・2022年9月現在

【U30万円なのに一生育てられる】
10年後の姿が早く見たい
自分で育てるブロンズ

エイジング効果も見込める注目のトレンド素材「ブロンズ」。この貴重な素材をケースに使用したモデルがU30万円で!

ハミルトン
カーキ フィールド メカ ブロンズ

 
ハミルトン カーキ フィールド メカ ブロンズ

ブランド初のブロンズ
ハミルトン初のブロンズ製ミリタリーウォッチ。ブロンズトーンの文字盤とNATO仕様のレザーストラップを備える。80時間パワーリザーブの手巻きCa.H-50搭載。径38mm。5気圧防水。

価格:11万2200円

毎日巻いて実感できる成長する“ヴィンテージ”

いま時計業界でもっとも注目されているケース素材のひとつが「ブロンズ」である。ブロンズは銅を主成分に錫(スズ)などを混合した合金で、日本では青銅とも呼ばれる伝統的な金属素材。その温かみのある独特の色合いに加え、加工しやすい柔軟性をもちながら磨耗しにくく、耐浸食性にも優れるため、古来より銅像や貨幣のほか、大砲などの武器にも使用されてきた。時計のケースに頻繁に使われるようになったのは近年になってからだが、瞬く間に注目素材へと躍り出た。

世界で1つのヴィンテージ

経年変化により独特の古色を帯びていくブロンズケース。その変色具合も個体ごとにそれぞれ異なるため、2つと同じものがないヴィンテージ時計となる。

経年変化により独特の古色を帯びていくブロンズケース

そしてブロンズの最大の特性となるのが、経年によるエイジング効果。時計を着用していくなかで、ブロンズが空気中の酸素や水分、塩分と結びついて酸化し、その表面の色合いをしだいに変化させていく。多くの場合、当初は夕焼けを思わせるどこかノスタルジックな赤褐色だったものが、長い年月をかけて褐色、暗褐色となり、最終的には緑青色へと移っていくのである。しかも、着用の環境や頻度によって酸化の進行が違うため、それぞれ異なる質感とカラーリングに仕上がる。つまり同じもののまったくない、世界で1本だけのヴィンテージ時計が完成するわけだ。

ハミルトン
カーキ アビエーション パイロット パイオニア ブロンズ

 
ハミルトン カーキ アビエーション パイロット パイオニア ブロンズ
手巻きキャリバーETA 6498-1搭載

大型リューズもブロンズ
ケース素材にブロンズを採用した定番パイロットウォッチ。飛行士が手袋をしたままでも操作しやすい玉ねぎ型の大型リューズもブロンズ製に。手巻きキャリバーETA 6498-1搭載。径43mm。カーフストラップ。10気圧防水。


価格:20万5700円
問:ハミルトン/スウォッチ グループ ジャパン
TEL:03-6254-7371

ハミルトンは定番ミリタリー「カーキ フィールド」でこのブロンズを初採用。直径38mmの小ぶりなブロンズケースにあわせ、文字盤の針や外周表示もブロンズ色にしてNATO仕様のブラウンストラップを備えた。また、オリス「ビッグクラウン ポインターデイト」も特徴の大型リューズを含めブロンズ製に。レトロなレッド文字盤がブロンズの風合いを引き立てる。モーリス・ラクロア「アイコン」のダイバーズではケースのほか、象徴となるベゼルのアームにもブロンズを取り入れた。いずれもU30万円の貴重なブロンズモデル。自分だけのヴィンテージに育ててみては?

2024

VOL.342

Summer

  1. 1
2
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
星のや
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop