>> この記事の先頭に戻る

リラックスしたスタイルにもオールデンが欠かせない

リラックスしたスタイルにもオールデンが欠かせない
 

山形のニットメーカーで個人的に製作してもらったというカシミアニットに、米国ウォレス&バーンズの5ポケットピケパンツ、オールデンのプレーントウといういでたち。「アイビーをファッション原体験とする自分にとって、ジーンズのときでも足元はスニーカーより革靴、というマインドがあります。気楽さや若々しさも備えたオールデンは、そんな志向にもぴったりはまるんですよね」



特によく履くのはローファーとキャップトウ

特によく履くのはローファーとキャップトウ
 

様々なモデルのオールデンを所有する鴨志田さんだが、中でもキャップトウやローファーは色・素材違いで揃えている。タッセルローファーも大のお気に入りで、「自分にとっては最高の完成度」と鴨志田さん。意外にもVチップはあまり履かないそうだが、「いつか出番がくるはず」としっかり購入している。

鴨志田康人 Yasuto KAMOSHITA

 Profile 
1957年生まれ。自らのブランド「カモシタ」に加え、ポール・スチュアートの日本におけるディレクターも務める。当代きってのウェルドレッサーとして知られるほか、建築、アート、食などライフスタイル全般に通じる真の粋人。


[MEN’S EX Autumn 2022の記事を再構成]

  1. 2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop