編集部が討論!「Tジャケット」万能説とは?【ジャケット選び大研究】

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

編集部員がトコトン討論
「Tジャケット」万能説

今季、M.E.が運営するショッピングサイト「meSTORE」ではイタリアのTジャケットに大注目。理由はずばり“今、最高に使える”から。そのココロを編集部員3人の鼎談で明かそう。

Tジャケット

T-JACKET(Tジャケット)
ストレッチ素材でどんな場面もコンフォート

ストレッチ素材

対談_平澤 平澤 今季からmeSTOREで展開が始まったTジャケット。コンフォートジャケットの新鋭として既に知名度のあるブランドだけれど、バイヤーの樗澤君的に注目したポイントはどんなところだった?

対談_樗澤 樗澤 端的に言うと、今の時代にぴったりな“きちんと感”と“快適さ”のバランスを備えていて、ゆえにあらゆるシーンに対応できる万能ジャケットだからです。今やコンフォートジャケットは世にごまんとありますが、カタすぎずラフすぎず、高級感もあって、それでいて着心地もよくて……という細かいバランスを吟味していくと、意外と選択肢が限られるんです。Tジャケットはその塩梅が本当に絶妙なんですよね。

Tの切り替え
【POINT!“T”の切り替えがアイコンに】T字形に切り替えた背中もアイコン。ジャケットとしては珍しい仕立てで、ブルゾン的なカジュアル感を背中で演出している。

対談_小曽根 小曽根 コロナ後のさらなるカジュアル化を経て、オンオフ兼用ジャケットの基準も一新されたと思います。コロナ前だったら、Tジャケットは結構休日寄りのアイテムと捉えていたかもしれない。でも今の基準に照らすと、このバランスこそ万能ジャケットの最適解といえそう。

対談_平澤 平澤 それから、生地表現力も光ってるね。同じ紺無地でも素材や組織を巧みに変化させて、多彩な表情を描き出している。結局、一番使えるのって紺無地ジャケットだったりするから、こういう“ちょっとヒネリの利いた紺”って凄く便利なんだよね。

対談_樗澤 樗澤 ベーシックだけれどベタじゃないというところも、買い付けを決めたポイントでした。

対談_小曽根 小曽根 言うまでもないけれど、着心地も凄くいい。副資材の大半が省かれているから圧倒的に軽いし、ストレッチ素材で突っ張り感もない。それでいて、イタリアンジャケットならではの本格感はキープされている。

メッシュ素材
【POINT!メッシュ素材で通気性UP】上写真のとおり、裏地をほぼ用いず軽快感を追求した仕立てがTジャケットの定番。加えてヨーク内側にはメッシュ素材を採用し、ムレを軽減している。

対談_平澤 平澤 シリアスな会議や商談のないビジネスシーンなら全く問題なさそうだね。堅苦しくないからTシャツを合わせて休日使いもできるし、本当に便利そう。

対談_樗澤 樗澤 今、一番万能に使えるジャケットと自信をもっておすすめできます。是非お試しを!

立体美に品格が宿るニットジャケット

立体美に品格が宿るニットジャケット
ジャケット5万9400円/Tジャケット(meSTORE) ニットポロ2万9700円/ジョン スメドレー(シップス 銀座店)
ディテール1

素材はコットン主体のニット地。編みの表情で基本の紺無地に洒脱さを生んでいる。ラペル周りなどの立体感は一見ニットとは思えないほどで、ポロシャツを合わせれば仕事使いにも充分対応。


カラーインナーにも馴染むデニムカラーが魅力

カラーインナーにも馴染むデニムカラーが魅力
ジャケット5万9400円/Tジャケット(meSTORE) Tシャツ1万1000円/スローン(スローン)
ディテール2

コットン×ポリエステルのジャージー素材にプリントを施し、デニムジャケットのような佇まいに仕上げた一着。濃淡入り混じったネイビーは装いに奥行きを加えてくれるだけでなく、カラフルなインナーにも馴染みやすい。


清涼感を堪能できるシアサッカー素材

清涼感を堪能できるシアサッカー素材
ジャケット6万4900円/Tジャケット(meSTORE) ニット3万7400円/ジョン スメドレー(ビームス 六本木ヒルズ)
ディテール3

定番のストライプ柄より断然合わせやすい、ネイビー無地のシアサッカー。トラッド素材のためタイドアップも似合うが、ボーダーニットを挿して清涼感あるカジュアルスタイルを築くのにも絶好。



[MEN’S EX Spring 2022の記事を再構成]
※表示価格は税込み
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

Spring VOL.333

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop