極上の「もこもこ感」が味わえるムートンアウター3選

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

シアワセを呼ぶ「暖かい」服
心の底からほっこりできる
極上“もこもこ”ムートン

シアリングを表側に出したムートンアウターは、身も心も癒されたい人におすすめ。ボアとはひと味違う高級感は、着るだけで満ち足りた気分にさせてくれる。



極上“もこもこ”ムートン【タリアトーレ】、【チンクワンタ】、【1945 CA】
写真左より【タリアトーレ】、【チンクワンタ】、【1945 CA】

 シアワセな訳 
着るだけで充足感に包まれる毛皮の肌触り

TAGLIATORE(タリアトーレ)

 

色と素材で魅せるエレガントMA-1
スーツやジャケットで知られるタリアトーレだが、近年はカジュアルウェアにも注力。こちらは武骨なMA-1型だが、優美なベージュカラーとムートン使いで土臭さを払拭している。袖部分はスエードに切り替えているが、内側に中綿を仕込んで防寒性を高めている。24万2000円(トレメッツォ)


CINQUANTA(チンクワンタ)

 

レイヤードも楽しいムートンベスト
こちらもアウトドアテイストなデザインが印象的な一着。毛足がストレートなシアリングのため、滑らかな手触りに仕上げられているのも特徴だ。汎用性の高いベスト型なのもポイントで、初冬はアウターとして、真冬はインナーとして様々なレイヤードを楽しめる。15万1800円(チンクワンタ)


1945 CA(イチキュウヨンゴ シーエー)

 

あえてのアウトドアデザインが新鮮
革製品の名産地であるフィレンツェに本拠を構え、数々のビッグメゾンにレザーウェアを供給してきた実力派ブランド。アウトドアのフリースを思わせるスポーティなデザインでありながら、素材は極上ムートンというツイストが新鮮だ。切り替えのレザー使いも巧い。35万2000円(ストラスブルゴ)



[MEN’S EX 2021年12月号DIGITAL Editionの記事を再構成]
※表示価格は税込み。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Winter VOL.329

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop