>> この記事の先頭に戻る

ベーシックカラーの[ドレスニットポロ]
コーディネート実例(画像4点)

<p><strong>トレンドのグリーンも黒ポロなら簡単にまとまる</strong><br />
色合いといい、生地感といい、かなり今っぽい一着だ。これをより旬に着こなすなら、洒落者の間で流行りの “ネロ・エ・ヴェルデ(黒×緑)”に頼ろう。一見難しいグリーンも落ち着いて見える。ジャケット5万8000円/バグッタ(トレメッツォ) ※ポロシャツは上の画像[左]と同じ。</p>

トレンドのグリーンも黒ポロなら簡単にまとまる
色合いといい、生地感といい、かなり今っぽい一着だ。これをより旬に着こなすなら、洒落者の間で流行りの “ネロ・エ・ヴェルデ(黒×緑)”に頼ろう。一見難しいグリーンも落ち着いて見える。ジャケット5万8000円/バグッタ(トレメッツォ) ※ポロシャツは上の画像[左]と同じ。

<p><strong>ライトグレーはブラックで引き締めるのが正解</strong><br />
淡いグレージャケットに白いポロを合わせると全体的に印象がぼんやりしがち。その点ブラックならぐっと引き締まり、クールさも増す。これでパンツも黒とすればモードな雰囲気も漂う。ジャケット4万3000円/エストネーション(エストネーション) ※ポロシャツは上の画像[左]と同じ。</p>

ライトグレーはブラックで引き締めるのが正解
淡いグレージャケットに白いポロを合わせると全体的に印象がぼんやりしがち。その点ブラックならぐっと引き締まり、クールさも増す。これでパンツも黒とすればモードな雰囲気も漂う。ジャケット4万3000円/エストネーション(エストネーション) ※ポロシャツは上の画像[左]と同じ。

<p><strong>JKの主張を受け止めつつ、すっきりまとめあげる</strong><br />
柄的にも素材感的にもなかなか主張のあるジャケットだが、ニットポロがしっかり受け止めている。ちなみにこちらは台襟付きのため、ボタンを開けたときの襟の開き具合もとてもきれいだ。ジャケット24万円/スティレ ラティーノ(伊勢丹新宿店) ※ポロシャツは上の画像[右]と同じ。</p>

JKの主張を受け止めつつ、すっきりまとめあげる
柄的にも素材感的にもなかなか主張のあるジャケットだが、ニットポロがしっかり受け止めている。ちなみにこちらは台襟付きのため、ボタンを開けたときの襟の開き具合もとてもきれいだ。ジャケット24万円/スティレ ラティーノ(伊勢丹新宿店) ※ポロシャツは上の画像[右]と同じ。

<p><strong>茶JKはシンプルな白ポロ合わせで十分エレガント</strong><br />
茶色の持つ柔和さを白で際立たせたコーデ。シンプルに見えつつ、ニットポロの素材感が胸元に適度な奥行きをつけているのも良い。ここにグレーパンツを合わせれば、ぐっとシックにまとる。ジャケット6万5000円/フィンジャック(シップス 銀座店) ※ポロシャツは上の画像[右]と同じ。</p>

茶JKはシンプルな白ポロ合わせで十分エレガント
茶色の持つ柔和さを白で際立たせたコーデ。シンプルに見えつつ、ニットポロの素材感が胸元に適度な奥行きをつけているのも良い。ここにグレーパンツを合わせれば、ぐっとシックにまとる。ジャケット6万5000円/フィンジャック(シップス 銀座店) ※ポロシャツは上の画像[右]と同じ。



[MEN’S EX 2021年4月号DIGITAL Editionの記事を再構成]
※表示価格は税抜き

<p><strong>トレンドのグリーンも黒ポロなら簡単にまとまる</strong><br />
色合いといい、生地感といい、かなり今っぽい一着だ。これをより旬に着こなすなら、洒落者の間で流行りの “ネロ・エ・ヴェルデ(黒×緑)”に頼ろう。一見難しいグリーンも落ち着いて見える。ジャケット5万8000円/バグッタ(トレメッツォ) ※ポロシャツは上の画像[左]と同じ。</p>

トレンドのグリーンも黒ポロなら簡単にまとまる
色合いといい、生地感といい、かなり今っぽい一着だ。これをより旬に着こなすなら、洒落者の間で流行りの “ネロ・エ・ヴェルデ(黒×緑)”に頼ろう。一見難しいグリーンも落ち着いて見える。ジャケット5万8000円/バグッタ(トレメッツォ) ※ポロシャツは上の画像[左]と同じ。

<p><strong>ライトグレーはブラックで引き締めるのが正解</strong><br />
淡いグレージャケットに白いポロを合わせると全体的に印象がぼんやりしがち。その点ブラックならぐっと引き締まり、クールさも増す。これでパンツも黒とすればモードな雰囲気も漂う。ジャケット4万3000円/エストネーション(エストネーション) ※ポロシャツは上の画像[左]と同じ。</p>

ライトグレーはブラックで引き締めるのが正解
淡いグレージャケットに白いポロを合わせると全体的に印象がぼんやりしがち。その点ブラックならぐっと引き締まり、クールさも増す。これでパンツも黒とすればモードな雰囲気も漂う。ジャケット4万3000円/エストネーション(エストネーション) ※ポロシャツは上の画像[左]と同じ。

<p><strong>JKの主張を受け止めつつ、すっきりまとめあげる</strong><br />
柄的にも素材感的にもなかなか主張のあるジャケットだが、ニットポロがしっかり受け止めている。ちなみにこちらは台襟付きのため、ボタンを開けたときの襟の開き具合もとてもきれいだ。ジャケット24万円/スティレ ラティーノ(伊勢丹新宿店) ※ポロシャツは上の画像[右]と同じ。</p>

JKの主張を受け止めつつ、すっきりまとめあげる
柄的にも素材感的にもなかなか主張のあるジャケットだが、ニットポロがしっかり受け止めている。ちなみにこちらは台襟付きのため、ボタンを開けたときの襟の開き具合もとてもきれいだ。ジャケット24万円/スティレ ラティーノ(伊勢丹新宿店) ※ポロシャツは上の画像[右]と同じ。

<p><strong>茶JKはシンプルな白ポロ合わせで十分エレガント</strong><br />
茶色の持つ柔和さを白で際立たせたコーデ。シンプルに見えつつ、ニットポロの素材感が胸元に適度な奥行きをつけているのも良い。ここにグレーパンツを合わせれば、ぐっとシックにまとる。ジャケット6万5000円/フィンジャック(シップス 銀座店) ※ポロシャツは上の画像[右]と同じ。</p>

茶JKはシンプルな白ポロ合わせで十分エレガント
茶色の持つ柔和さを白で際立たせたコーデ。シンプルに見えつつ、ニットポロの素材感が胸元に適度な奥行きをつけているのも良い。ここにグレーパンツを合わせれば、ぐっとシックにまとる。ジャケット6万5000円/フィンジャック(シップス 銀座店) ※ポロシャツは上の画像[右]と同じ。

  1. 2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop