在宅勤務の火曜日。心地よいニットジャケットが重宝! 在宅勤務の火曜日。心地よいニットジャケットが重宝!

「ポルシェ911」今買って損なし!なのはどの世代?

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

初めてのポルシェ911講座 #07:最終回
あなたが買うべき911、ベストバイ世代とは?

911に情熱をかたむけられる、あなたが買うべきベストバイ世代とは?

各世代の特徴をもとに「ベストバイ世代」を決める前に…

クルマにそれなりの興味はあるけれど、決してカーマニアではない皆さまのためにお送りしてきた「初めてのポルシェ911講座」も、いよいよ最終回であります。

各世代のポルシェ911についていろいろ述べてまいりましたが、各回の結論だけをざっくりサマると、下記のとおりとなるでしょう。

第1回:ポルシェ911は56年間「ブレてない」からこそ世界中でリスペクトされている。

ポルシェ 964
3世代目となるタイプ964は1988年に登場。タイプ964は最初に4WDモデルのカレラ4が登場、959用に開発された4WDシステムを搭載していた。2WDのカレラ2は1989年に発表されている。3.6リッター空冷6気筒エンジンは250ps(カレラ2/4)を発生する。

>>第1回の記事へ

第2回:初代から4代目までの空冷エンジン世代は超絶シブいが、世界的に相場が高騰しているため、実際に買うのはややキツい。

ポルシェ 993
1993年にモデルチェンジされた4世代目となるタイプ993。911最後の空冷モデル。1998年までに6万8881台が生産されている。

>>第2回の記事へ

第3回:水冷エンジンになった最初の世代=996型は人気薄ゆえ比較的安価。ただし激安中古車は買うべからず。

ポルシェ 996
1997年に登場した、初の水冷エンジンモデルとなるタイプ996。前期型の“涙目”と呼ばれるヘッドライトのデザインは一部マニアから不評。1998年のカレラの国内価格は990万円〜1070万円。

>>第3回の記事へ

第4回:最新から数えて2世代前のやつ=997型は一部にちょい不安もあるが、中古車としてはたぶんもっとも好バランス。

ポルシェ 997
6代目となる、2004年にモデルチェンジを果たしたタイプ997。アクティブサスペンション(PASM)が初めて採用されている。前期型までは5ATのティプトロニックがラインナップされていた。エントリーのカレラの発表時価格は1046万〜1109万円。

>>第4回の記事へ

第5回:ひとつ前の世代=991型の前期型は、まだ高いけど、予算さえ許すならぜひとも買いたい素晴らしい選択肢。

ポルシェ 997
タイプ997は2008年にマイナーチェンジ(後期型)、直噴エンジンやPDKが採用された。発表時の国内価格はカレラが1162万〜1237万円。

>>第5回の記事へ

第6回:最新の992型は、もしもIPO長者とかになったならば買ってください

ポルシェ 991
2011年に発表されたタイプ991。前期型(写真)にはNAエンジンを搭載していたが、2015年以降の後期型は3リッターツインターボが積まれていた。価格はカレラで、前期型が1117万円〜、後期型が1244万円〜となる。

>>第6回の記事へ

ポルシェ 992
2018年11月にお披露目された現行モデルとなるタイプ992、まずはカレラS(写真)が発表されている。全モデルにワイドボディを採用、エントリーのカレラは385psの3リッターターボを搭載、価格は1398万円となる。

で、以上の話をもとに「貴殿が買うべきベストバイ世代」を決めたいわけですが、その前に、もっと重要かつ本質的な話があります。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Nov. VOL.316

11

  1. 1
2

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop