>> この記事の先頭に戻る

絶品ギャザーが生むさりげない軽妙さ
MINAMI SHIRTS / 南シャツ

南 祐太さん

作り手代表 南 祐太さん

独学でビスポークのノウハウを研究した結果“あえてハウススタイルを持たない”という結論に達した南氏。注文主の要望に即した臨機応変の仕立てで多くのファンを獲得している。しかしもちろん単なる便利屋ではなく、細部をつぶさに見ると南氏ならではの美意識が随所に表れている。

MINAMI SHIRTS

それを象徴するのが、ヨーク下や肩、カフ上に入れられた美しいギャザー。動きやすさと同時に見た目の柔らかさも演出し、なんとも軽妙な雰囲気に仕立てているのが素晴らしい。納期約5ヶ月〜。2万2000円〜(南シャツ)

<p>精密さを追求するため、あえてミシン縫いを主体として仕立てるレスレストン。その繊細さは驚異的で、襟のステッチを見ても全く乱れがない。</p>

精密さを追求するため、あえてミシン縫いを主体として仕立てるレスレストン。その繊細さは驚異的で、襟のステッチを見ても全く乱れがない。

<p>地襟を2枚はぎにし、生地をバイアス(45°)に使うことで襟が立体的に首へ沿うよう工夫している。</p>

地襟を2枚はぎにし、生地をバイアス(45°)に使うことで襟が立体的に首へ沿うよう工夫している。

<p>剣ボロ部分には手縫いによるカンヌキ留めが施され、強度をアップさせている。</p>

剣ボロ部分には手縫いによるカンヌキ留めが施され、強度をアップさせている。

<p>前立てを縫い留めるステッチが見えないように、第2ボタンの下で縫製を止めている。さらに、ステッチを斜めに走らせることでゴミが溜まりにくくする配慮も。細部までこだわりつくした設計だ。</p>

前立てを縫い留めるステッチが見えないように、第2ボタンの下で縫製を止めている。さらに、ステッチを斜めに走らせることでゴミが溜まりにくくする配慮も。細部までこだわりつくした設計だ。

<p>自然なロールを描くため、柔らかにクセづけされた襟羽根。首に沿って前方へ傾斜するよう、襟付けの角度にもこだわっている。</p>

自然なロールを描くため、柔らかにクセづけされた襟羽根。首に沿って前方へ傾斜するよう、襟付けの角度にもこだわっている。

<p>ヨーク下に入る美しいギャザー。背中の可動域を広げて動きやすさを高めるとともに、印象的なアクセントとしても機能している。</p>

ヨーク下に入る美しいギャザー。背中の可動域を広げて動きやすさを高めるとともに、印象的なアクセントとしても機能している。

<p>カフ部分にもタックではなくギャザーを入れている。このように整ったギャザーを入れるには、高い縫製技術が必要不可欠だ。</p>

カフ部分にもタックではなくギャザーを入れている。このように整ったギャザーを入れるには、高い縫製技術が必要不可欠だ。

<p>ボタンはやや厚めのものを使用している。鳥の足型に付けられている点ともあわせて、ナポリシャツを思わせる意匠だ。</p>

ボタンはやや厚めのものを使用している。鳥の足型に付けられている点ともあわせて、ナポリシャツを思わせる意匠だ。

<p>袖山を体の内側へ入れ込みつつ、上側の縫製面を広く、下側を狭くとった独自の袖付けが山神シャツの大きな特徴。腕を上げても突っ張ることなく、快適な着心地に繋がっている。</p>

袖山を体の内側へ入れ込みつつ、上側の縫製面を広く、下側を狭くとった独自の袖付けが山神シャツの大きな特徴。腕を上げても突っ張ることなく、快適な着心地に繋がっている。

<p>背ダーツはとらないのが山神スタイル。しかしながらウエストは立体的にシェイプされ、美しい佇まいを築いている。</p>

背ダーツはとらないのが山神スタイル。しかしながらウエストは立体的にシェイプされ、美しい佇まいを築いている。

<p>ボタン付けはすべて手縫いで行い、根巻きの高さをそれぞれ変えている。これによってボタンがホールから抜けにくく、かつ外す際はスムーズになる。</p>

ボタン付けはすべて手縫いで行い、根巻きの高さをそれぞれ変えている。これによってボタンがホールから抜けにくく、かつ外す際はスムーズになる。

<p>袖口は外側・内側にそれぞれ2本ずつタックが入る。先に向かってややすぼまったカフも上品。</p>

袖口は外側・内側にそれぞれ2本ずつタックが入る。先に向かってややすぼまったカフも上品。

  1. 3
4
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
星のや
  • Facebook
  • X
  • Instagram
  • YouTube
  • Facebook
  • X
  • Instagram
  • YouTube
pagetop