本物志向のビジネスマンに堅実時計「オリエントスター」のススメ(1) 本物志向のビジネスマンに堅実時計「オリエントスター」のススメ(1)

紺ブレを華やかに見せるのは、こんなニット!

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

帰ってきたトラッドニット—「今」な王道スタイル1週間—

コンサバ手帖「帰ってきたトラッドニット」シリーズ

fashion_20190930_knit_1.jpg

復権久しい紺ブレをリフレッシュしたくて

ネイビーブレザーが旬! と聞いて久しい。この秋もその流れは継続しているようだが、さすがに去年と同じ格好では飽きてくる。というわけで、ニットベストでアップデートを図ってみた。色々探してピンときたのがフェアアイル柄だ。復権久しい紺ブレをリフレッシュしたくて久々に着てみたが、このベリートラッドな感じがいいではないか。地味になりがちな紺ブレスタイルに華やぎが出るのも新鮮だ。ところで先日知ったのだが、フェアアイルとは「羊の島」という意味らしい。面積は5.61?、人口はわずか70人ほどだそうだ。一体どんなところなんだろう……。

ニット1万8000円、シャツ1万9000円/以上ブルックス ブラザーズ(ブルックスブラザーズ ジャパン) ジャケット11万円/カルーゾ、鞄9万9000円/フェリージ(以上ビームス 六本木ヒルズ) パンツ5万9000円/ロータ、タイ1万9000円/EG カペッリ(以上伊勢丹新宿店)

※表示価格は税抜き
[MEN’S EX 2019年10月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Sep. VOL.314

9

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
今月の読者プレゼント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop