2019年夏、リラックスな「木曜日」の仕事スタイル実例6選

Facebook
Twitter
fashion_20190822_thursday_sp.jpg

スーツやジャケットをはじめとする少数精鋭のアイテムを駆使しながら、1週間を通して毎日いかに変化をつけたコーディネートを作れるか?——に挑戦する「スーツの着回し1週間チャレンジ!」。MEN’S EX ONLINEにて大人気のこの着回し企画、2019年夏を振り返って、曜日ごとのおすすめコーディネートをご紹介! 春夏、秋冬通して、仕事にも休日にも参考になるコーディネートがたくさんあるので、是非チェックしてみよう! 

<b><font color='red'>ヴァルカナイズ・ロンドン</font><br />黒以外のシックなダークカラー3色でまとめてみる</b><br />まだまだ続くクールビズ。そろそろジャケパンスタイルも秋を意識したいところ。 <br />「テーラード仕立てでかっちりしたギーブス&ホークスのネイビーブレザーに合わせたのは、同色のネイビーニットポロ。ボトムはコットンのチノパンで、少しカジュアルダウンしました。足元はブラウンのシューズで、夏らしく軽やかにまとめています」(ヴァルカナイズ・ロンドン マーケティングマネジャー井上雅士さん)<br /><a class='u-link--ex' href='https://www.mens-ex.jp/fashion/feature/190808_11646.html' target='_blank'>コーディネートの詳細はこちら</a>

ヴァルカナイズ・ロンドン
黒以外のシックなダークカラー3色でまとめてみる

まだまだ続くクールビズ。そろそろジャケパンスタイルも秋を意識したいところ。
「テーラード仕立てでかっちりしたギーブス&ホークスのネイビーブレザーに合わせたのは、同色のネイビーニットポロ。ボトムはコットンのチノパンで、少しカジュアルダウンしました。足元はブラウンのシューズで、夏らしく軽やかにまとめています」(ヴァルカナイズ・ロンドン マーケティングマネジャー井上雅士さん)
コーディネートの詳細はこちら

<b><font color='red'>高島屋</font><br />かしこまりすぎず、くだけすぎない、きれいめカジュアルなら仕事がはかどる</b><br />国内出張4日目は、クライアントとオフィスでミーティング後、午後から工場見学へ向かうスケジュールを想定。 <br />「工場などの生産の現場へ赴くときは、かしこまらない格好のほうが自分も動きやすいですし、作業の邪魔にもなりません。とはいえ、あくまで仕事なので、白Tシャツとデニムスラックスの上下に、ネクタイがわりのスカーフを結び、リネンのシャツジャケットを羽織ったこんな崩し方ぐらいにとどめておくほうが良いでしょう。白Tシャツは素肌に着ても透けにくいヘビーウエイト。デニムスラックスの生地は夏用のライトデニムなので、熱気がこもる工場内などでも快適に過ごせます」(MD本部 北原 大さん)<br /><a class='u-link--ex' href='https://www.mens-ex.jp/fashion/feature/190516_11018.html' target='_blank'>コーディネートの詳細はこちら</a>

高島屋
かしこまりすぎず、くだけすぎない、きれいめカジュアルなら仕事がはかどる

国内出張4日目は、クライアントとオフィスでミーティング後、午後から工場見学へ向かうスケジュールを想定。
「工場などの生産の現場へ赴くときは、かしこまらない格好のほうが自分も動きやすいですし、作業の邪魔にもなりません。とはいえ、あくまで仕事なので、白Tシャツとデニムスラックスの上下に、ネクタイがわりのスカーフを結び、リネンのシャツジャケットを羽織ったこんな崩し方ぐらいにとどめておくほうが良いでしょう。白Tシャツは素肌に着ても透けにくいヘビーウエイト。デニムスラックスの生地は夏用のライトデニムなので、熱気がこもる工場内などでも快適に過ごせます」(MD本部 北原 大さん)
コーディネートの詳細はこちら

<b><font color='red'>阪急メンズ東京</font><br />やっぱり便利! 上下別々でも着られるセットアップのスーツの着回し力</b><br />月曜日に着用したスーツのジャケットが再登場。上下ばらしても着られるこんなスーツは、頻繁に着ても意外に見破られにくい。 <br />「ほぼ月曜日と同じコーディネートです。違いはデニムシャツ×ホワイトパンツで、程よくカジュアルダウンした点。ダークカラーの面積が広いので、デニムシャツの白ボタンと白いパンツの色をリンクさせてすっきり見せました」(サードスタイルスタッフ井上章さん) <br /><a class='u-link--ex' href='https://www.mens-ex.jp/fashion/feature/190530_11189.html' target='_blank'>コーディネートの詳細はこちら</a>

阪急メンズ東京
やっぱり便利! 上下別々でも着られるセットアップのスーツの着回し力

月曜日に着用したスーツのジャケットが再登場。上下ばらしても着られるこんなスーツは、頻繁に着ても意外に見破られにくい。
「ほぼ月曜日と同じコーディネートです。違いはデニムシャツ×ホワイトパンツで、程よくカジュアルダウンした点。ダークカラーの面積が広いので、デニムシャツの白ボタンと白いパンツの色をリンクさせてすっきり見せました」(サードスタイルスタッフ井上章さん)
コーディネートの詳細はこちら

<b><font color='red'>グジ</font><br />淡色中心にまとめる爽やかなモノトーンコーデなら全方位に好印象</b><br />いつもより早起きをして銀座で異業種交流会。遊び以上、仕事未満、なおかつ初対面の方も多いシーンでは何を着るべきか? <br />「朝活後の出社を考えて、ネクタイを結んだジャケットスタイルがおすすめです。軽さが評判のこのジャケットは、モノトーンで構成された柄ながらも淡い色合いなので、押し出しが強すぎず爽やか。他のアイテムもモノトーンカラーに絞ってまとめることで、品良く落ち着きのあるコーディネートに仕上げました」(アシスタントバイヤー小林 豪さん)<br /><a class='u-link--ex' href='https://www.mens-ex.jp/fashion/feature/190613_11278.html' target='_blank'>コーディネートの詳細はこちら</a>

グジ
淡色中心にまとめる爽やかなモノトーンコーデなら全方位に好印象

いつもより早起きをして銀座で異業種交流会。遊び以上、仕事未満、なおかつ初対面の方も多いシーンでは何を着るべきか?
「朝活後の出社を考えて、ネクタイを結んだジャケットスタイルがおすすめです。軽さが評判のこのジャケットは、モノトーンで構成された柄ながらも淡い色合いなので、押し出しが強すぎず爽やか。他のアイテムもモノトーンカラーに絞ってまとめることで、品良く落ち着きのあるコーディネートに仕上げました」(アシスタントバイヤー小林 豪さん)
コーディネートの詳細はこちら

<b><font color='red'>トゥモローランド</font><br />ドレッシーすぎずカジュアルすぎない丁度いいセットここにあります</b><br />上下別々でも着られるセットアップスーツは、着るもので迷ったときの救世主。セットで着る場合、クールビズ中はインナーを選ぶだけで出勤できるので時間がない朝にもありがたい。 <br />「セットアップスーツはトゥモローランドの得意分野。バリエーションも豊富です。こちらの生地はデニム見えするコットンリネンなので、夏場も涼しく着られますし、着慣れたデニム感覚で着こなしやすい。インナーのニットTや足元のローファーも同系色のネイビーで上品にまとめれば、カジュアルなレストランにも十分対応します」(プレス川辺圭一郎さん)<br /><a class='u-link--ex' href='https://www.mens-ex.jp/fashion/feature/190627_11383.html' target='_blank'>コーディネートの詳細はこちら</a>

トゥモローランド
ドレッシーすぎずカジュアルすぎない丁度いいセットここにあります

上下別々でも着られるセットアップスーツは、着るもので迷ったときの救世主。セットで着る場合、クールビズ中はインナーを選ぶだけで出勤できるので時間がない朝にもありがたい。
「セットアップスーツはトゥモローランドの得意分野。バリエーションも豊富です。こちらの生地はデニム見えするコットンリネンなので、夏場も涼しく着られますし、着慣れたデニム感覚で着こなしやすい。インナーのニットTや足元のローファーも同系色のネイビーで上品にまとめれば、カジュアルなレストランにも十分対応します」(プレス川辺圭一郎さん)
コーディネートの詳細はこちら

<b><font color='red'>麻布テーラー</font><br />誰からも突っ込まれない正統派コーディネートで勝利を掴む</b><br />商談もプレゼンと同じく装いは大事だが、<br />「押しのプレゼンと違って、商談は引きのバランスが重要。おすすめは非の打ちどころがない正統派のスタイル。月曜にも着用したグレースーツをベースに、シャツはプレーンな無地を選んで、胸元はシャープなストライプ柄のネクタイできりっと引き締めました。スキなしの完全武装で臨めば、きっと商談時の集中力も高まって、交渉成立の一助になるはずです」(プレス篠塚 剛さん)<br /><a class='u-link--ex' href='https://www.mens-ex.jp/fashion/feature/190725_11534.html' target='_blank'>コーディネートの詳細はこちら</a>

麻布テーラー
誰からも突っ込まれない正統派コーディネートで勝利を掴む

商談もプレゼンと同じく装いは大事だが、
「押しのプレゼンと違って、商談は引きのバランスが重要。おすすめは非の打ちどころがない正統派のスタイル。月曜にも着用したグレースーツをベースに、シャツはプレーンな無地を選んで、胸元はシャープなストライプ柄のネクタイできりっと引き締めました。スキなしの完全武装で臨めば、きっと商談時の集中力も高まって、交渉成立の一助になるはずです」(プレス篠塚 剛さん)
コーディネートの詳細はこちら

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Mar. VOL.309

3

  1. 1
2

SHOES

人気の靴 その歴史

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

Smartnewsでチャンネル登録
今月の読者プレゼント
サステナ
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop