究極の休日着「ムートン」アウターは、何故今年、買い時か?

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

リラックスしているのに、最高にリッチな着心地。ムートンアウターをまとえば、あなたの貴重な休日はもっと贅沢な時間になるだろう。そんな究極の休日アウターが今年は稀に見る充実ぶり。この冬こそ、最高の一着を手に入れてほしい。

最高に贅沢で高機能な魅惑の素材、ムートン

アウターにおける最高の贅沢素材といえば毛皮。単なる着心地の良さを超えて、着れば自然と気分を豊かにしてくれる、不思議な魅力を持った素材だ。

そしてコンサバ男にこそ似合う毛皮といえば、ムートン。リッチでありながら逞しさも感じさせるこの素材は、休日アウターの”アガリの一着”というべきアイテムだ。内側を羊毛が覆うムートンは機能面でも大変優れていて、ぬくぬくと暖かいうえに優れた吸湿性も備える。そのためムレに強く、室内外で温度変化の激しい現代生活に最適なのだ。

非常に高価なため、去年まではごく限られた選択肢しかなかったが、レザーウェアがトレンドとなっている今年は価格・デザインともにかつてないほどバリエが充実している。べストなムートンを求めるなら、今こそチャンスなのだ。

RUFFO / ルッフォ

ルッフォ
ジャケット32万円(ビームス ハウス 丸の内) ニット2万3000円/アンドレア フェンツィ(コロネット) パンツ2万6000円/ジャブス アルキヴィオ(エフイーエヌ) クルマ436万円〜(税込価格)/BMW(BMWカスタマーインタラクションセンター)


ミドルゲージのニットをサラリとTシャツ感覚で
上品グレスラでユルすぎ回避がコンサバ流

世界的メゾンにもレザーウェアを供給していたイタリアの名門。ミリタリー由来のボンバージャケット型だが、ムートン素材の妙で非常にリッチな佇まいだ。袖やジッパー部分にあしらわれたレザーテープもアクセントとして効いている。短丈でサッと羽織れるので、クルマ移動派の外出着にも最適だ。

Q:そもそも、ムートンって?
A:羊の毛皮を加工した最高級素材

そもそも、ムートンって?

羊の毛を残したまま、内側をなめしてオモテ面として使えるよう加工したレザーがムートン。毛並みは様々で、直毛でエレガントなものも毛が縮れたカジュアルなものもある。通常のレザーと同様、床面がエイジングしていくのも魅力。


<span style=font-size:1.1em;><strong>AQUASCUTUM / アクアスキュータム</strong></span><br /><br />伊のモッタ・アルフレッド社製ムートンを使用したダッフル。スムースに仕上げられた光沢あるレザーの質感と、シルクのように滑らかな毛並みが贅沢だ。深い紺の色みも大人の艶気を発散。ターンナップカフで毛皮を覗かせた袖もポイントだ。55万円(レナウン プレスポート)

AQUASCUTUM / アクアスキュータム

伊のモッタ・アルフレッド社製ムートンを使用したダッフル。スムースに仕上げられた光沢あるレザーの質感と、シルクのように滑らかな毛並みが贅沢だ。深い紺の色みも大人の艶気を発散。ターンナップカフで毛皮を覗かせた袖もポイントだ。55万円(レナウン プレスポート)

<span style=font-size:1.1em;><strong>JAMES GROSE / ジェームス・グロース</strong></span><br /><br />約150年の歴史をもつイギリスのバイカーズウェアブランド。ラウンドカットの襟は寝せても立てても着られるように設計されている。シルエットは細身で、ムートンながらライダースのシャープさを保っているところもいい。16万5000円(ヴァルカナイズ・ロンドン)

JAMES GROSE / ジェームス・グロース

約150年の歴史をもつイギリスのバイカーズウェアブランド。ラウンドカットの襟は寝せても立てても着られるように設計されている。シルエットは細身で、ムートンながらライダースのシャープさを保っているところもいい。16万5000円(ヴァルカナイズ・ロンドン)

<span style=font-size:1.1em;><strong>CINQUANTA / チンクワンタ</strong></span><br /><br />    フィレンツェ郊外を拠点とするレザー専業ブランドの一着。フリースベストのようなデザインと極上ムートンというマッチングがなんとも新鮮だ。インナーにもアウターにも着回せるデザインと、優れたコストパフォーマンスも魅力的。13万8000円(チンクワンタ)

CINQUANTA / チンクワンタ

フィレンツェ郊外を拠点とするレザー専業ブランドの一着。フリースベストのようなデザインと極上ムートンというマッチングがなんとも新鮮だ。インナーにもアウターにも着回せるデザインと、優れたコストパフォーマンスも魅力的。13万8000円(チンクワンタ)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Apr. VOL.320

4

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop