大人気のローファー。選び方には注意が必要!?【ふく部長に聞いてみた/meSTORE】

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

>> この記事の先頭に戻る

ふく部長「いい靴は革のオーラが違います」

チーニーのローファー
アッパーには、キメの細かい革質が上品な光沢を放つボックスカーフを採用。

ヒラ社員 ヒラ なるほど。だんだんローファーが欲しくなってきました。


ふく部長 部長 しかし、ここで注意してほしいことがある。


ヒラ社員 ヒラ なんでしょう?


ふく部長 部長 ローファーにはいろんなタイプがあって、仕事で一番使えるのは「ややかっちりしたタイプ」なんだ。トウがぽってりしすぎたローファーは、休日にはいいけど、会社では違和感がある。逆にドレス感が強すぎても、使い回せるシーンが限られてくるから、このさじ加減はじつはかなりデリケートな問題なんだ。


ヒラ社員 ヒラ ローファーなら何でもいいワケではない、ということですね。


ふく部長 部長 その通り! ジョセフ チーニーのハドソンは、そういう意味でおすすめしたいローファーの代表格。このちょうどいい感じは、探そうと思うとなかなか見つからない!


ヒラ社員 ヒラ いいものだけに安くはないけど、ヘビロテしてもメンテナンスすれば長く履けそうです。


ふく部長 部長 きっと結局はお得だってことがわかるよ。では、この木型についても教えてあげよう。そもそもチーニーと言えば英国靴を代表するブランドで、その歴史は……(以下、略)


ヒラ社員 ヒラ えっと、まだ続きますかね。


ジョセフ チーニーのハドソン

オンにもオフにも映える、本物の英国靴

ジョセフ チーニーのローファーラインナップにおいて最定番に位置づけられるモデルのHUDSON(ハドソン)。使われているラスト5203は、ブランドの定番に位置づけられるローファー専用のラストです。英国靴らしい程よい丸みとボリューム感があり、品格も十分に兼ね備えたフォルムが特徴です。ジョセフ チーニーのローファーラインナップにおいて最定番に位置づけられるモデルのHUDSON(ハドソン)。使われているラスト5203は、ブランドの定番に位置づけられるローファー専用のラストです。

チーニーのローファー(ソール)
ローファー専用のラスト「5203」を採用しています。
チーニーのローファー
すっきりと端正な後ろ姿も、このローファーの美点です。

他にもオススメがあります

meSTORE

meSTORE https://mestore.mens-ex.jp/



イラスト=千野エー

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Autumn VOL.327

  1. 2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop