「昔のフランス人」みたいなヴィンテージメガネフレーム7選【本格眼鏡大全】

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

本格眼鏡とは? なぜ本格眼鏡が必要なのか? どんなブランドがあるのか? を一冊で網羅する『本格眼鏡大全』が発売に。1000本ものフレームが掲載された本書から、ここでは国内外の本格眼鏡ブランドをピックアップしてご紹介する。

Lesca LUNETIER(レスカ・ルネティエ)

Lesca LUNETIERの注目フレーム_ピカ
品番 ピカ(詳しくは下記にて)

仏アイウェアの伝統を今に伝えるブランド

フランス東南の山岳地帯であるジュラ地方。古くからハンドメイドでの眼鏡製造が盛んであったこの地の伝統を頑ななまでに守りながら、その魅力を今に伝えるブランドが、レスカ・ルネティエだ。

レスカ家がジュラ地方にアトリエを構えたのは、1920年代のこと。その後、4世代にわたってこの地方特有の伝統的工法を受け継ぎ発展させてきた。そうしたなかで、創業者のジョエル・レスカ氏は、ジュラ地方に点在する工場が次第にクローズしていくその状況に心を痛め、この地の伝統や技術を継承すべく1964年にブランドを設立。倉庫に眠っていたヴィンテージフレームや、300種類以上に及ぶ古い金型などをもとにデザインし、フレンチトラッドなデザインのエッセンスをアップデートさせた。生産にあたっては、伝統的な技術を用い、職人の手でカシメピンを打ったり磨きを行ったりなど、ジュラに受け継がれるハンドメイドの手法が活かされている。

クラシカルスタイルがトレンドになるなかで、レスカが一線を画していることがある。それは過去に使われていた金型や機械そのものを所有し、当時の製法を知る熟練の職人の協力を得て伝統を的確に伝えている点だ。これはジュラの職人たちとの信頼関係を保っているからこそ、可能になることだと言えるだろう。

「French Heritage <フランスの伝承>」。彼らは、自分たちの活動をそう呼んでいる。レスカ・ルネティエのアイウェアには、フランスならではの感性や伝統的な技術が宿っているのだ。

Lesca LUNETIER(レスカ・ルネティエ)

 BRAND INFO 
創業年/1964年
創業者/ジョエル・レスカ
現在地/フランス・ジュラ
問い合わせ先/グローブスペックス エージェント
TEL:03-5459-8326

Lesca LUNETIERの注目フレーム_ジョエル・レスカさん

デザイナー
ジョエル・レスカ

レスカ・ルネティエの創業者であり、デザインも手掛けるジョエル氏。代々続くレスカ家の伝統やクラフトマンシップを最大限尊重しながら、新たなコレクション制作に挑んでいる。


今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Summer VOL.324

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop