>> この記事の先頭に戻る

“完全に素のカレラ”なら買えるのではないだろうか?

何を考えてみるかといえば、「オプション無しの“完全に素のカレラ”なら、俺にも買えるのではないか?」ということです。

もちろん、遺憾ながら1300万円とか1400万円とかの現金は手元にありませんので「ローン」です。それも、残価設定ローンである「Porsche Power Loan」を使いたいと思います。

あ、「新車より中古車のほうがいいかな? 」とも一瞬思ったのですが、タイプ992の中古車はまだ数が少なく、あっても「新車と同じぐらいか、下手すりゃ新車より高い」という状況なので、今回は中古車というオプションは考えないこととします。

ではコンフィギュレーター(公式サイトの見積もり機能)でいろいろ見積もってみましょう。

まず車種は、いちばん安い「カレラ」の一択です。まぁそれでも1398万円なんですが。

そしてオプションの選択に進みます。というか、オプションは付けません。なぜならば、高いからです。例えばですが、電動18wayの「スポーツシートプラス」というのは素晴らしい椅子なのですが、この椅子だけで60万円以上します。となれば、男は黙って普通の椅子でガマンでしょう。普通のシートだってポルシェ製です。

そして、その他の魅力的なオプション装備(本当に魅力的なんですよ……)をすべてスルーして、素の状態で見積もったところの月々支払額(残価設定ローン使用、5年払い)は「18万8400円」。

……筆者が20代の頃に勤めていた、まあまあ有名な外資系メーカーでの手取り月収が確か25万円とか28万円とか、そのぐらいでしたから、この支払額は、多くの若いメンズにとっては(いや、30代や40代にとっても)ちょっと難しい額であるはず。設定を変えてみましょう。

デフォルトの設定では「頭金0円、据置率30%、ボーナス月加算額0円」となっていますので、このパラメーターを変えます。まず頭金は10%、すなわち139万8000円を入れることとします。約140万円は痛いですが、ど根性でなんとかします。

そして据置率は、60回払いの場合で最大40%まで設定できるようなので、MAXの40%にします。ポルシェ911は高く売れるクルマですから、たぶん心配ないでしょう(たぶん……)。

という設定にしてみたところの月々支払額は、「14万1000円」。……ギリギリなんとかなりそうな気配はしてきましたが、まだまだ「気配」に過ぎません。もうひと声がんばってみましょう。

ということで、ボーナス月には10万円を加算することとします。筆者の場合は自営業のひとり親方なので、ボーナスも何もないのですが、10万円ぐらいならヤケクソでどうにかなるはず。ここはぜひとも加算しましょう。あ、ちなみに調査日時点でのPorsche Power Loanの金利は2.9%とのことです。

そして出てきた見積もり額は……「月々12万4000円」。どうでしょうか? このぐらいであれば――まぁ多くの青年には難しい額かもしれませんが、例えば大手企業とか外資系のコンサルとかで年収1本(額面で月々100万円、手取りは月々60万円ぐらい?)程度を得ているのであれば、なんとかならなくもないのではないかと思います。

<p>タイプ992のエントリーモデルとなるカレラ。タイプ992では、従来は4WDモデルやターボなどに用いられていたワイドボディを全モデルに採用。ボディサイズを拡大しつつ、ホイールベースは2450mmと変わっていない。</p>

タイプ992のエントリーモデルとなるカレラ。タイプ992では、従来は4WDモデルやターボなどに用いられていたワイドボディを全モデルに採用。ボディサイズを拡大しつつ、ホイールベースは2450mmと変わっていない。

<p>カレラには最高出力385ps/最大トルク450Nmを発生する3リッター水平対向6気筒ターボエンジンを搭載。991より大きくなったボディサイズは全長4519×全幅1852×全高1298mmとなる。</p>

カレラには最高出力385ps/最大トルク450Nmを発生する3リッター水平対向6気筒ターボエンジンを搭載。991より大きくなったボディサイズは全長4519×全幅1852×全高1298mmとなる。

<p>リアのエンブレムも新しいデザインに。ちなみに他グレードとの価格差はカレラ カブリオレが+225万円、4WDのカレラ4で+106万円、カレラSで+331万円となる。</p>

リアのエンブレムも新しいデザインに。ちなみに他グレードとの価格差はカレラ カブリオレが+225万円、4WDのカレラ4で+106万円、カレラSで+331万円となる。

<p>カレラの0-100km/h加速は4.2秒、450ps/530Nmの3リッターターボを積むカレラS(写真)は3.7秒となる。デュアルクラッチの8速PDKを標準装備、本国ではカレラSなどに7速MTがオプションで用意されている。</p>

カレラの0-100km/h加速は4.2秒、450ps/530Nmの3リッターターボを積むカレラS(写真)は3.7秒となる。デュアルクラッチの8速PDKを標準装備、本国ではカレラSなどに7速MTがオプションで用意されている。

<p>2018年11月のロサンゼルスショーでお披露目された、現行モデルとなるタイプ992。まずはカレラS(写真)が発表されている。自動で再発進してくれるACCやレーンキープアシストなど、運転支援技術も数多く採用。路面が濡れていることを自動で検知、ウェットモードへの切り替えをドライバーに促すシステムも備わった。</p>

2018年11月のロサンゼルスショーでお披露目された、現行モデルとなるタイプ992。まずはカレラS(写真)が発表されている。自動で再発進してくれるACCやレーンキープアシストなど、運転支援技術も数多く採用。路面が濡れていることを自動で検知、ウェットモードへの切り替えをドライバーに促すシステムも備わった。

<p>運転席回りは新しいデザインに変更された。伝統の5連メーターも中央のエンジン回転計以外は液晶パネルで表示され、各種情報も表示可能となっている。</p>

運転席回りは新しいデザインに変更された。伝統の5連メーターも中央のエンジン回転計以外は液晶パネルで表示され、各種情報も表示可能となっている。

<p>シフトのデザインも大幅に変更された。シフト回りのスイッチ類もタッチスクリーンでの操作に変更され、すっきりしている。</p>

シフトのデザインも大幅に変更された。シフト回りのスイッチ類もタッチスクリーンでの操作に変更され、すっきりしている。

  1. 2
3
LINE
SmartNews
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop