2018秋冬メンズの最旬「テイスト」は?「素材」は?【Pitti Uomo Report vol.03 まとめ前編】

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加
ピッティ

vol.3  「Pitti Uomo93」から見えてきた、2018秋冬メンズの傾向とは?

fashion_20180207_pittirepo_2.jpg

ピッティ・レポートのvol.01、vol.02はブランドフィーチャーだったが、vol.03の今回は、ピッティ全体について回想する。内容盛りだくさんにつき、前・中・後編の3部作でレポート予定。

まずはじめに、4日間全体のPitti Special Movieから!

2018年1月9日(火)−1月12日(金)の4日間にわたり、イタリア・フィレンツェで開催されたメンズファッションのトレードフェア「ピッティ・イマージネ・ウォモ」。過去には「PITTI GENERATIONS」「PITTI DANCE OFF」など、毎回全体テーマが設けられてきたが、第93回目となる今回は「PITTI LIVE MOVIE」というユニークなものとなった。エントランスはじめ、各パビリオンに映画館をイメージさせるディスプレイが施され、来場者の目を楽しませた。



ピッティ会場が「MOVIE」仕様に!(写真4枚)

メイン会場であるフォルテッツァ・バッソには、昨年より600人増しの2万5000人以上のバイヤーが世界各国から来場した。各国バイヤーの内訳は、ドイツ816人、イギリス604人、オランダ575人、スペイン565人、トルコ472人、フランス429人、中国320人、スイス307人、韓国302人、アメリカ301人、ロシア273人……に対し、日本人バイヤーはダントツ1位で823人。これは、ピッティ・ウォモにおける、そして各出展ブランドからの日本人バイヤーへの注目度・重要度がいかに高いかを示す数値といえる。

また、各国からやって来たジャーナリストやファッションエディター、インフルエンサーの数は3000を超え、インスタグラムでのインプレション数も300万を超えた。これらの数字も、メンズファッション業界におけるピッティ・イマージネ・ウォモの存在価値を色濃く物語っている。

第93回目となる今回のテーマは、「PITTI LIVE MOVIE」

第93回目となる今回のテーマは、「PITTI LIVE MOVIE」

クラシコの建物の前には、映画館の前に飾られた新作映画の看板のようなディスプレイがずらり。

クラシコの建物の前には、映画館の前に飾られた新作映画の看板のようなディスプレイがずらり。

映画館のチケット売り場のような通用ゲートも作られた。

映画館のチケット売り場のような通用ゲートも作られた。

PITTI LIVE MOVIEのイメージ看板。

PITTI LIVE MOVIEのイメージ看板。

ヘルノのアウターにも、ハウンズトゥース柄。

ヘルノのアウターにも、ハウンズトゥース柄。

ジーゼニアの大柄グレンチェックコート。

ジーゼニアの大柄グレンチェックコート。

アルテアは、ニットブルゾンをチェック柄に織っていた。

アルテアは、ニットブルゾンをチェック柄に織っていた。

ラルディー二は、スーツやJKだけでなくこうした英国調のカジュアルスタイルも展示。

ラルディー二は、スーツやJKだけでなくこうした英国調のカジュアルスタイルも展示。

ガブリエレ パジーニ。ガブリエレらしい艶気がありながら、シャツ&ネクタイも含めてブリティッシュ。

ガブリエレ パジーニ。ガブリエレらしい艶気がありながら、シャツ&ネクタイも含めてブリティッシュ。

ドルモアのようなカジュアルニットジャケットも、ハウンズトゥース。

ドルモアのようなカジュアルニットジャケットも、ハウンズトゥース。

ベルヴェストのビッグシルエットのコートも大柄チェック。しかもリバーシブルだ。

ベルヴェストのビッグシルエットのコートも大柄チェック。しかもリバーシブルだ。

スーツとネクタイ、共地で英国調という提案も。

スーツとネクタイ、共地で英国調という提案も。

タリアトーレも大柄〜小柄までチェックジャケットが多数。

タリアトーレも大柄〜小柄までチェックジャケットが多数。

英国ブランドのドレイクスは、ブリティッシュカントリー的な提案。

英国ブランドのドレイクスは、ブリティッシュカントリー的な提案。

ルイジ ボレッリのアウターも、ブリティッシュカントリー調のものが多かった。

ルイジ ボレッリのアウターも、ブリティッシュカントリー調のものが多かった。

チルコロ1901。カラフルなグレンチェックは、遠目には織りのようだが……

チルコロ1901。カラフルなグレンチェックは、遠目には織りのようだが……

これだけ寄って見ても、まだ織りのよう! 恐るべし転写プリント技術!

これだけ寄って見ても、まだ織りのよう! 恐るべし転写プリント技術!

これらの英国柄も、ぜーんぶ転写!

これらの英国柄も、ぜーんぶ転写!

精巧なヘリンボーン柄プリント。

精巧なヘリンボーン柄プリント。

ザ・ジジは、超細畝のコーデュロイにヘリンボーンをプリント。

ザ・ジジは、超細畝のコーデュロイにヘリンボーンをプリント。

こちらもザ・ジジのコーデュロイ×チェックプリント。

こちらもザ・ジジのコーデュロイ×チェックプリント。

ヘルノの「Laminer Impact」。その名の通り、吊るしたアウターに水をザブザブかけるというインパクト絶大!な展示。

ヘルノの「Laminer Impact」。その名の通り、吊るしたアウターに水をザブザブかけるというインパクト絶大!な展示。

水をかけていないと、この状態。

水をかけていないと、この状態。

13デニールの薄さと軽さ、ダウンはインジェクション注入のためさらに軽量化され、シームレスに。一部、肩回りなどにステッチ縫製がなされた部分も、裏側にサーモテープを施しているので、まさに完全防水といえる。

13デニールの薄さと軽さ、ダウンはインジェクション注入のためさらに軽量化され、シームレスに。一部、肩回りなどにステッチ縫製がなされた部分も、裏側にサーモテープを施しているので、まさに完全防水といえる。

なので、水をかけても縫い目から水が入っているということがない完全防水!

なので、水をかけても縫い目から水が入っているということがない完全防水!

地球環境に優しい撥水加工を採用したロロ・ピアーナの「グリーンストームシステム」。

地球環境に優しい撥水加工を採用したロロ・ピアーナの「グリーンストームシステム」。

キーレッドもカシミヤ素材にロロ・ピアーナのストームシステムを採用したダッフルなど機能素材コートが充実。

キーレッドもカシミヤ素材にロロ・ピアーナのストームシステムを採用したダッフルなど機能素材コートが充実。

リバーシブル仕様のものも。

リバーシブル仕様のものも。

カラーバリエーションも豊富。

カラーバリエーションも豊富。

表・裏のコントラストが効いている。

表・裏のコントラストが効いている。

ロロ・ピアーナのスペシャルファブリックはここにも。こちらは「ストームシステム・ライトフレーム」という軽量で撥水・透湿性の高い素材。

ロロ・ピアーナのスペシャルファブリックはここにも。こちらは「ストームシステム・ライトフレーム」という軽量で撥水・透湿性の高い素材。

カシミヤと合わさると美しいリバーシブル仕様になる。

カシミヤと合わさると美しいリバーシブル仕様になる。

アクアラマのメッシュ調素材ジャケット。

アクアラマのメッシュ調素材ジャケット。

軽くてスポーティだが、きちんと本切羽になっている。

軽くてスポーティだが、きちんと本切羽になっている。

トラベルなどに最適なグランサッソの「アクティブウール」。

トラベルなどに最適なグランサッソの「アクティブウール」。

4方向にストレッチ力が抜群だ。

4方向にストレッチ力が抜群だ。

「レインウール」という、撥水力のあるニットも登場。

「レインウール」という、撥水力のあるニットも登場。

エドワード グリーンの名作「チェルシー」。同じく名作ラスト82に、ユタカーフを。9種類のオイルを使ってなめして型押ししたシボ革と色みのグラデーションが美しい。いわゆる黒カーフのチェルシーとはまったく違う印象になる。

エドワード グリーンの名作「チェルシー」。同じく名作ラスト82に、ユタカーフを。9種類のオイルを使ってなめして型押ししたシボ革と色みのグラデーションが美しい。いわゆる黒カーフのチェルシーとはまったく違う印象になる。

ソールもラバーにすることで、カジュアルにも対応できる。

ソールもラバーにすることで、カジュアルにも対応できる。

羽織ってみると、4ポケットの原型を踏襲している、ベルスタッフの「ロードマスター」。

羽織ってみると、4ポケットの原型を踏襲している、ベルスタッフの「ロードマスター」。

しかしめくって内側を見ると、保温に必要な部位にだけダウンが入っている。

しかしめくって内側を見ると、保温に必要な部位にだけダウンが入っている。

可動域を確保するため背骨、脇、肘の回りはダウンを抜くという新発想。

可動域を確保するため背骨、脇、肘の回りはダウンを抜くという新発想。

表面はダウンが入っている感がまったくなく、もこもこせずにすっきり着られる。

表面はダウンが入っている感がまったくなく、もこもこせずにすっきり着られる。

ブルゾンの名作、バルスターにはソフトなスエードタッチのものが登場。

ブルゾンの名作、バルスターにはソフトなスエードタッチのものが登場。

ここにも英国調の転写プリントを施すなど、現代的な試みが。

ここにも英国調の転写プリントを施すなど、現代的な試みが。

ビルケンシュトックの「アリゾナ」は、バックルをかなり巨大にするという遊び心。

ビルケンシュトックの「アリゾナ」は、バックルをかなり巨大にするという遊び心。

バックルは普通にして、スタッズを施したものも。

バックルは普通にして、スタッズを施したものも。

秋冬ということで内側にボアを敷いたものも登場した!

秋冬ということで内側にボアを敷いたものも登場した!

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Jun. VOL.322

6

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop