【ファッション履歴書】トレメッツォ代表 小林 裕さんの場合

Facebook
Twitter
お洒落なあの人のファッション履歴書

メンズファッション業界にはお洒落なだけでなく、とても個性的な生き方をしている人がたくさんいる。この連載では、いま注目の業界人のファッション履歴を通じ、各人の人間的な魅力に迫ってみたい。

第十一回 トレメッツォ代表 小林 裕さん

トレメッツォ代表 小林 裕さん

Profile
小林 裕さん/トレメッツォ代表

1956年東京生まれ。幼少期から祖父、母親の影響で、自動車やファッションなどさまざまなカルチャーに触れて育つ。大学生時代にテイジンメンズショップでアルバイトを始め、大学卒業後はアルファキュービックに入社。31歳の若さで事業部長となり活躍し、41歳で退社する。その後、マロとの契約による営業職などを経て、2005年にファッション専門の輸入商社であるトレメッツォを設立。PT01、タリアトーレなど、独自の審美眼でさまざまなイタリアンブランドを日本に紹介し、評判となる。 トレメッツォ公式サイト http://tremezzo.jp/

社名の由来にも人柄が表れる

東京生まれ、東京育ちといっても、これほど都会的な方は、そうはいないのではないだろうか。着こなしもさることながら、人を引き込む滑らかな語り口も、漂う雰囲気も、とにかくアカぬけているのだ。

「14年前に独立をしたときに、イタリアのコモ湖に行きました。コモ湖は人という字の形をした湖で、その中心にトレメッツォ(トレは3、メッツォは中心の意味)という町があります。日本、イタリア、お客様の3点の中心にいたいとの思いから、トレメッツォを社名にしました。カメラの三脚も3点で支えていてぐらつかないでしょう? トレメッツォにはグランドホテル トレメッツォがありまして、いつかこのようなホテルに来られるようになりたいなと思っていました」と、小林さん。

1993年、パリのアンヌマリー・ベレッタ宅で撮影された1枚
1993年、パリのアンヌマリー・ベレッタ宅で撮影された1枚。
14年前、独立にあたり、仕事のパートナーやヒントを探しにイタリアへ
14年前、独立にあたり、仕事のパートナーやヒントを探しにイタリアへ。

社名の由来を聞いただけでも、なんともセンスの良い雰囲気がお分かりいただけるだろう。さらに付け加えるなら、トレメッツォの会社のロゴマークは、コモ湖の形状を反転したものというから、ぜひ地図と見比べてほしい。

20年以上愛用のマリタリアーティのバッグ。驚きの機能性を次の画像で確認してほしい。

20年以上愛用のマリタリアーティのバッグ。驚きの機能性を次の画像で確認してほしい。

マリタリアーティのバッグを真上から見たところ。ボストンバッグのようでありながら、大きく開口するので箱のように使えるのだ。

マリタリアーティのバッグを真上から見たところ。ボストンバッグのようでありながら、大きく開口するので箱のように使えるのだ。

マリタリアーティのバッグ。大きく開いた上面はレザーのカバーで覆うことができるスグレモノだ。

マリタリアーティのバッグ。大きく開いた上面はレザーのカバーで覆うことができるスグレモノだ。

35年前に購入したロセッティのブーツ。「この1、2年は、履く機会が多いですね」。

35年前に購入したロセッティのブーツ。「この1、2年は、履く機会が多いですね」。

「今では、こんな斑(ふ=うろこの模様)が、なかなかないんですよ」というクロコの名刺入れ。35年愛用の名品だ。

「今では、こんな斑(ふ=うろこの模様)が、なかなかないんですよ」というクロコの名刺入れ。35年愛用の名品だ。

セリーヌのクラッチバッグ。3つの薄いクラッチが、スナップボタンで着脱可能なのでシーンに応じて、必要な数だけ使うことができる。

セリーヌのクラッチバッグ。3つの薄いクラッチが、スナップボタンで着脱可能なのでシーンに応じて、必要な数だけ使うことができる。

5~6年前に購入したフェンディのミニクラッチ。シボやステッチが特徴的で、レザーの肌触りも抜群によい。

5~6年前に購入したフェンディのミニクラッチ。シボやステッチが特徴的で、レザーの肌触りも抜群によい。

約40年前にヴェルサーチェがデビューした時代のクラッチバッグ。とても高価だったが、あまりに好みだったので思い切って購入してしまったそうだ。

約40年前にヴェルサーチェがデビューした時代のクラッチバッグ。とても高価だったが、あまりに好みだったので思い切って購入してしまったそうだ。

マロの創業者であるアルフレッド・カネッサさんが、自身の名を冠したブランドのカシミアのベスト。繊細な色遣いに注目したい。

マロの創業者であるアルフレッド・カネッサさんが、自身の名を冠したブランドのカシミアのベスト。繊細な色遣いに注目したい。

柄の緻密さが見事な、エミスフェールのシルクスカーフ。35年間、愛用の一品である。

柄の緻密さが見事な、エミスフェールのシルクスカーフ。35年間、愛用の一品である。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年Jun. VOL.302月号

2019

Jun. VOL.302

6

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop