>> この記事の先頭に戻る

木下酒造
時間と温度により醸される「長期熟成酒」

<p>バラエティ豊かな商品を飲み比べ「全然違いますね」と驚く藤井さん。「玉川」の多様な酒質は原料米や造り方の違いだけでなく、蔵内での熟成商品によりさらに幅が広がる。新酒を瓶詰めして寝かせる場合と、タンクで寝かせアルコール度数を下げてから瓶詰めするといった違いも。</p>

バラエティ豊かな商品を飲み比べ「全然違いますね」と驚く藤井さん。「玉川」の多様な酒質は原料米や造り方の違いだけでなく、蔵内での熟成商品によりさらに幅が広がる。新酒を瓶詰めして寝かせる場合と、タンクで寝かせアルコール度数を下げてから瓶詰めするといった違いも。

<p>仕込蔵の戸の感触を確かめ、180年の歴史に思いを馳せる。</p>

仕込蔵の戸の感触を確かめ、180年の歴史に思いを馳せる。

<p>左から2010年、2015年、2020年ヴィンテージの熟成酒をセットにした「Time MachineS」(1万1000円)。「玉川」の定番ともいえる自然仕込シリーズの「純米酒(山廃) 無濾過生原酒」(1540円)。</p>

左から2010年、2015年、2020年ヴィンテージの熟成酒をセットにした「Time MachineS」(1万1000円)。「玉川」の定番ともいえる自然仕込シリーズの「純米酒(山廃) 無濾過生原酒」(1540円)。

「流行に左右されない、自信に満ちたお酒ですね」――藤井さん

イギリス出身のフィリップ・ハーパーさんは、天保13(1842)年創業の木下酒造で杜氏を務めている。「自然仕込」と名付けた昔ながらの酵母無添加の生酛(きもと)と山廃(やまはい)の酒造りを始めた。そして造られた「玉川」の魅力のひとつは、時間軸や飲む温度帯での味の変化を楽めることだという。

新酒が出来た時にしぼりたての無濾過生原酒として一部出荷するが、多くは蔵内で寝かせ、熟成酒として出荷している。開封後に味の変わりようを楽しむのも一興だ。リピーターの中には、購入後に自宅の押し入れで数年寝かせて、自分好みの熟成酒に仕込む人も。

「日本酒のようにいろんな温度帯で飲める酒は世界でも稀少です。酒は嗜好品なので、自分の好きなスタイルで多様に楽しんでもらえたら嬉しいです」(ハーパーさん)「自分たちがいいと思うものを信じて、流行に左右されずにヴィンテージを作るって、ぐっとくるものがあります」(藤井さん)

ハーパーさんの就任当時は隣町が一番遠い取引先だったが、今では国外の取引先も増え、輸出量は毎年増加しているそうだ。

木下酒造

住所:京都府京丹後市久美浜町甲山1512
TEL:0772-82-0071
営業時間:9時~17時
定休日:1月1日 そのほか臨時休業あり
酒蔵の見学はできないが、隣接する直営店で試飲可能

<p>バラエティ豊かな商品を飲み比べ「全然違いますね」と驚く藤井さん。「玉川」の多様な酒質は原料米や造り方の違いだけでなく、蔵内での熟成商品によりさらに幅が広がる。新酒を瓶詰めして寝かせる場合と、タンクで寝かせアルコール度数を下げてから瓶詰めするといった違いも。</p>

バラエティ豊かな商品を飲み比べ「全然違いますね」と驚く藤井さん。「玉川」の多様な酒質は原料米や造り方の違いだけでなく、蔵内での熟成商品によりさらに幅が広がる。新酒を瓶詰めして寝かせる場合と、タンクで寝かせアルコール度数を下げてから瓶詰めするといった違いも。

<p>仕込蔵の戸の感触を確かめ、180年の歴史に思いを馳せる。</p>

仕込蔵の戸の感触を確かめ、180年の歴史に思いを馳せる。

<p>左から2010年、2015年、2020年ヴィンテージの熟成酒をセットにした「Time MachineS」(1万1000円)。「玉川」の定番ともいえる自然仕込シリーズの「純米酒(山廃) 無濾過生原酒」(1540円)。</p>

左から2010年、2015年、2020年ヴィンテージの熟成酒をセットにした「Time MachineS」(1万1000円)。「玉川」の定番ともいえる自然仕込シリーズの「純米酒(山廃) 無濾過生原酒」(1540円)。

<p>安永6(1777)年創業時から酒蔵を見守る、樹齢300年を超える椎木。</p>

安永6(1777)年創業時から酒蔵を見守る、樹齢300年を超える椎木。

<p>趣ある蔵の前で話す白杉さんと藤井さん。</p>

趣ある蔵の前で話す白杉さんと藤井さん。

<p>酒母に黒麹を仕込んだ「SHIRAKIKU BLACK LABELREVOLUTION」(2145円)を試飲し「パイナップルみたいな風味」と藤井さん。</p>

酒母に黒麹を仕込んだ「SHIRAKIKU BLACK LABELREVOLUTION」(2145円)を試飲し「パイナップルみたいな風味」と藤井さん。

<p>中央の「キメラ」(1815円)のボトルは、白杉さんによるデザイン。</p>

中央の「キメラ」(1815円)のボトルは、白杉さんによるデザイン。

<p>「こだま樽熟成」の白3630円と赤4620円、京都産ぶどう100%の「特撰サペラヴィ樽熟成」5280円。</p>

「こだま樽熟成」の白3630円と赤4620円、京都産ぶどう100%の「特撰サペラヴィ樽熟成」5280円。

<p>丹後半島を一周するRt178号線沿いに佇む絶景のワイナリー。</p>

丹後半島を一周するRt178号線沿いに佇む絶景のワイナリー。

<p>右:約4haのぶどう畑。左:館内ではガラス越しにドイツ製の醸造タンク、瓶詰め室の見学も可能。</p>

右:約4haのぶどう畑。左:館内ではガラス越しにドイツ製の醸造タンク、瓶詰め室の見学も可能。

  1. 2
3
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop