最新にして最良、あえて今、”ディーゼル”ゴルフを選ぶ理由とは

array(3) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1229033) ["id"]=> int(1229033) ["title"]=> string(33) "Golf8_Catalog_P15-22_Per_Tec_1028" ["filename"]=> string(27) "car_20220425_vw-golf_a.jpeg" ["filesize"]=> int(86315) ["url"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/04/car_20220425_vw-golf_a.jpeg" ["link"]=> string(73) "https://www.mens-ex.jp/archives/1229008/golf8_catalog_p15-22_per_tec_1028" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(33) "golf8_catalog_p15-22_per_tec_1028" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1229008) ["date"]=> string(19) "2022-04-20 06:45:58" ["modified"]=> string(19) "2022-04-20 06:45:58" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(422) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(88) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/04/car_20220425_vw-golf_a-150x150.jpeg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(88) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/04/car_20220425_vw-golf_a-300x169.jpeg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(169) ["medium_large"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/04/car_20220425_vw-golf_a.jpeg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(422) ["large"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/04/car_20220425_vw-golf_a.jpeg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(422) } } ["entry_gallery_description"]=> string(107) "

ボディサイズは全長4295×全幅1790×全高1475mm、ホイールベース2620mmとなる。

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1229034) ["id"]=> int(1229034) ["title"]=> string(5) "Print" ["filename"]=> string(26) "car_20220425_vw-golf_b.jpg" ["filesize"]=> int(240359) ["url"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/04/car_20220425_vw-golf_b.jpg" ["link"]=> string(47) "https://www.mens-ex.jp/archives/1229008/print-9" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(7) "print-9" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1229008) ["date"]=> string(19) "2022-04-20 06:46:04" ["modified"]=> string(19) "2022-04-20 06:46:04" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(306) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/04/car_20220425_vw-golf_b-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/04/car_20220425_vw-golf_b-300x122.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(122) ["medium_large"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/04/car_20220425_vw-golf_b.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(306) ["large"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/04/car_20220425_vw-golf_b.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(306) } } ["entry_gallery_description"]=> string(240) "

片側22個のLEDをコントロールすることで、対向車への幻惑を抑えつつ照射エリアを最大限に確保できるIQ.LIGHTを、パッケージオプション(テクノロジーパッケージ)に用意。

" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1229035) ["id"]=> int(1229035) ["title"]=> string(5) "Print" ["filename"]=> string(26) "car_20220425_vw-golf_c.jpg" ["filesize"]=> int(448107) ["url"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/04/car_20220425_vw-golf_c.jpg" ["link"]=> string(48) "https://www.mens-ex.jp/archives/1229008/print-10" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(8) "print-10" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1229008) ["date"]=> string(19) "2022-04-20 06:46:12" ["modified"]=> string(19) "2022-04-20 06:46:12" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(550) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/04/car_20220425_vw-golf_c-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/04/car_20220425_vw-golf_c-300x220.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(220) ["medium_large"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/04/car_20220425_vw-golf_c.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(550) ["large"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/04/car_20220425_vw-golf_c.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(550) } } ["entry_gallery_description"]=> string(114) "

ラゲージ容量は通常380リッター、後席を倒せば最大1237リッターまで拡大する。

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加
フォルクスワーゲンの威信をかけた新世代ディーゼルを積むゴルフ、小さなGTとしてオススメな理由

電動化と並行して進められたディーゼルの復活

昨年「COP26」が開催され、自動車各社の立場が二分したことが話題になった。COP26とは、「国連気候変動枠組条約第26回締約国会議」の略語だが、その目標の一つとして掲げられたのが主要市場で2035年までに、世界では2040年までに販売する新車のすべてを二酸化炭素(CO2)を排出しないZEV(Zero Emission Vehicle)にするというもの。

この声明に電気自動車(BEV)のシェアが拡大しているスウェーデンやオランダなど欧州の24カ国をはじめ、メルセデス・ベンツ、ボルボ、ジャガー・ランドローバー、GM、フォードといった自動車メーカー各社が署名している。

その一方で、米国、中国、日本、ドイツという自動車産業における主要国は声明に不参加。トヨタや日産、ルノー、そしてフォルクスワーゲンも署名していない。このことから欧州市場はともかく、グローバルでみた場合には性急な電動化は現実的ではないという本音がみてとれる。豊田章男社長がさまざまな場面で口にしているように、カーボンニュートラルの実現に向けた策はBEVのみにあらず、選択肢はいろいろあってしかるべきだということのようだ。

というわけで、フォルクスワーゲンはBEVのID.シリーズなど電動化を進める一方で、内燃エンジンモデルの開発も並行して行っている。そこへきての、ディーゼルエンジンを搭載した新型ゴルフ「TDI」の投入というわけだ。

2015年のディーゼルゲート問題で信頼を失ってしまったフォルクスワーゲンのディーゼルだが、そもそも環境性能に優れ、クリーンさを謳ってきたものであり、最新世代のエンジンは相当な覚悟をもって開発されたことは想像に難くない。

新型ゴルフ8に搭載されるディーゼルエンジンは、2リッター直列4気筒ターボディーゼルで、最高出力150ps、最大トルク360Nmを発揮。これは先代と比べて出力は同じながらも、レスポンスを向上し、トルクを20Nm強化している。さらにこれまで1系統だった尿素SCRシステム(NOx「窒素酸化物」浄化機能)を低負荷時と高負荷時に効率よく機能する2系統化し、排気におけるNOxを従来よりも最大80%削減。加えて騒音も低減、燃費(WLTCモード)も先代の18.9km/Lから20.0km/Lへと向上している。

フォルクスワーゲン新型ゴルフ8のディテールをチェック(画像3枚)

<p>ボディサイズは全長4295×全幅1790×全高1475mm、ホイールベース2620mmとなる。</p>

ボディサイズは全長4295×全幅1790×全高1475mm、ホイールベース2620mmとなる。

<p>片側22個のLEDをコントロールすることで、対向車への幻惑を抑えつつ照射エリアを最大限に確保できるIQ.LIGHTを、パッケージオプション(テクノロジーパッケージ)に用意。</p>

片側22個のLEDをコントロールすることで、対向車への幻惑を抑えつつ照射エリアを最大限に確保できるIQ.LIGHTを、パッケージオプション(テクノロジーパッケージ)に用意。

<p>ラゲージ容量は通常380リッター、後席を倒せば最大1237リッターまで拡大する。</p>

ラゲージ容量は通常380リッター、後席を倒せば最大1237リッターまで拡大する。

<p>ボディサイズは全長4295×全幅1790×全高1475mm、ホイールベース2620mmとなる。</p>

ボディサイズは全長4295×全幅1790×全高1475mm、ホイールベース2620mmとなる。

<p>片側22個のLEDをコントロールすることで、対向車への幻惑を抑えつつ照射エリアを最大限に確保できるIQ.LIGHTを、パッケージオプション(テクノロジーパッケージ)に用意。</p>

片側22個のLEDをコントロールすることで、対向車への幻惑を抑えつつ照射エリアを最大限に確保できるIQ.LIGHTを、パッケージオプション(テクノロジーパッケージ)に用意。

<p>ラゲージ容量は通常380リッター、後席を倒せば最大1237リッターまで拡大する。</p>

ラゲージ容量は通常380リッター、後席を倒せば最大1237リッターまで拡大する。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

VOL.334

Summer

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop