>> この記事の先頭に戻る

独自の世界観が広がるインテリア

DS7クロスバック
フロントアクスルには110ps/320Nmの、リアアクスルには112ps/166Nmのモーターを配置。200ps/300Nmの1.6リッターターボを組み合わせる。ちなみにDS7で4WDなのはこのPHEVモデルのみ。

パワートレインは、フロントに定評のある1.6リッターガソリンターボエンジンを搭載し、前後アクスルに2基の電動モーターを組み合わせている。容量13.2kWhの走行用リチウムイオンバッテリーをリアシート下に格納。システム総合出力は300ps/520Nmと基本構成は同グループのプジョー 3008GTハイブリッド4と同一のもの。一充電あたりのEV走行可能距離は、車両重量の違いによりプジョーよりは短くなるが、56km(WLTCモード)と、日常の買い物などはほぼBEVとして使用することが可能だ。

ボディサイズは、全長4590mm×全幅1895mm×全高1635mm、ホイールベース2730mmと、内燃エンジンモデルと同寸。車両重量は1940kgとエンジン車に比べて約370kgも増加しているが、低重心化、前後重量配分の適正化によって重さを感じさせることなく機敏に走る。また居住空間なども犠牲になっておらず基本は内燃エンジン仕様と変わらない。

DS7クロスバックのシート
ガソリンモデルでは3パターンが用意されたインテリア、PHEVモデルはその中のRIVOLI(リボリ)が採用される。オフホワイトのレザーが用いられ、ダイヤモンドステッチがあしらわれている。パノラミックガラスルーフは標準装備。
DS7クロスバックのシート

インテリアには、DSオートモビル独自の世界観が広がっている。ダッシュパネルにはひし形のステッチが施されたレザーを用いており、メーターやモニターのグラフィックなどにもひし形のモチーフを取り入れている。これらは、1920年代にフランスで生まれたアール・デコ様式をオマージュしたものという。

DS7クロスバックのタッチスクリーン
ガソリンモデル同様の凝ったインテリア。液晶メーターもひし形をモチーフとした個性的な表示とされている。

センターコンソール中央に配された8インチのタッチスクリーンにも、ひし形に掘り込まれたボリュームダイヤルなどが備わり、スクリーンの上部にはフランスのラグジュアリーウォッチブランド、B.R.M製のアナログ時計が配されている。

DS7クロスバックのラゲージ
ラゲージには、専用電源ケーブルが専用ケースに入った状態で積まれている。
  1. 2
3
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
星のや
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop