フランス大統領の公用車「DS7クロスバック」のハイブリッドモデルに試乗する

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加
フォーマルシーンにも使えるSUV、DS7が「PHEV」で手に入れた上質感とは?

“大統領の公用車”であるSUVにPHEVを設定

DS オートモビルのルーツであるシトロエンDSといえば、その個性的なデザインはもとより、フランス大統領の公用車として使われてきた歴史がある。

そして、いまその任務を担っているのが、ミッドサイズSUVのDS7クロスバックだ。エマニュエル・マクロン大統領の就任後のパレードでは、沿道に駆けつけたフランス国民に手を振って挨拶するべく、かつてのシトロエンDSなどもそうであったようにオープンルーフ仕様になったDS7クロスバックが用意されていた。SUVはフォーマルなシーンでも使えるものと、お墨付きをもらったというわけだ。

DS7クロスバック
追加設定されたプラグインハイブリッド(PHEV)モデルのE-TENSE、グランシックのみのモノグレードとなっており、価格は732万円。

そのDS7クロスバックに、プラグインハイブリッドモデル(PHEV)の「DS7クロスバックE-TENSE 4×4」が追加された。ちなみにE-TENSE(イーテンス)とは、DSブランドにおけるBEVおよびPHEVといった電動車を表すものだ。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Dec. VOL.328

12

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop